第162回 【日本ハム】2022年新外国人コディ・ポンセ投手の投球分析

2021年12月6日

コディ・ポンセ投手の総評

2021年11月28日、パドレスのコディ・ポンセ投手(27)を獲得する方向であることが報道されました。

その後、2021年12月6日に日本ハムから正式に獲得したと発表がありました。

2019年にはWBSCプレミア12の米国代表として来日し、将来日本でプレーしたいと発言したこともある選手です。

そのため、今回は「【日本ハム】2022年新外国人コディ・ポンセ投手の投球分析」を紹介します。

データはメジャーで登板した2020年と2021年のBaseball Savantfangraphsデータを使用します。

2020年ファンフェスタでのコディ・ポンセ投手の発言

「野球をしていて、今までで最も素晴らしい経験だったかもしれない。キャリア最後の1年は日本でプレーすると皆に言っているんだ。東京、あのドームでプレーしたいね。4万5000-5万人の観客が出す音量はアンビリーバブルだった。(日本戦では)ベンチに座っていたから、その時にマウンドでどのように感じたか、出てたであろうアドレナリンについて話すことはできないけどね」

Full-Countより引用
やきゅまる
やきゅまる
バランスが良さそうな投手

2022年新外国人の記事一覧

基本情報

主に先発

所属球団ピッツバーグ・パイレーツ (2020 – 2021)
ポジション先発、リリーフ
投打右投右打
生年月日1994年4月25日(27歳)
身長195.6 cm
体重115.7 kg
基本情報

2021年は成績が大幅に悪化

コディ・ポンセ投手の年度別成績
コディ・ポンセ投手の年度別成績

上はメジャー、下は3Aの年度別の成績です。

2020年はまずまずの成績でしたが、2021年は大きく成績が悪化しました。

3A含めて奪三振が多く四死球は少なく被本塁打は多です。

やきゅまる
やきゅまる
3Aでも打たれているのは不安だね

2021年は6球種

コディ・ポンセ投手の年別投球割合(MLB2020-2021年)
コディ・ポンセ投手の年別投球割合(MLB2020-2021年)

上図は年別投球割合で、色が球種を表しています。

持ち球はストレートツーシームカットボールチェンジアップスライダーカーブの6球種でした。

2021年からスライダーを増やしましたが、ツーシームは3球しか投げませんでした。

ストレートの投球割合は増え、カットボールとカーブの投球割合が減っています。

やきゅまる
やきゅまる
ツーシームはもっと投げても良いと思う

右にスライダー、左にチェンジアップとカーブ

コディ・ポンセ投手の投球割合(MLB2021年)
コディ・ポンセ投手の投球割合(MLB2021年)

上図は右打者、左打者別の投球割合で、色が球種を表しています。

右にはスライダーの割合が多く、左にはチェンジアップカーブの割合が多いです。

やきゅまる
やきゅまる
オーソドックスな傾向

5球種とも決め球

コディ・ポンセ投手のカウント状況別投球割合(MLB2021年)
コディ・ポンセ投手のカウント状況別投球割合
(MLB2021年)

上図は右打者、左打者別のカウント別投球割合です。左が数値の表、右が円グラフ。

右の初球にチェンジアップが少なく、左の初球にカーブが多いです。

左右ともボールが先行するとカットボールチェンジアップが多くるなるので、カットボールとチェンジアップの制球に自信を持っていると考えられます。

左右とも決め球は5球種とも使用しています。

やきゅまる
やきゅまる
多球種でストライクが取れ、決め球に使えるのは良いね

球持ちがかなり良い

コディ・ポンセ投手のリリースポイント(MLB2021年)
コディ・ポンセ投手のリリースポイント(MLB2021年)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。△はMLB平均です。

コディ・ポンセ投手のリリースポイントはMLB平均より頭に約10cm近く5~10cm高く約20cm球持ちが良いです。

やきゅまる
やきゅまる
かなり球持ちが良いね

左打者に長打を打たれやすい

コディ・ポンセ投手の対左右成績(MLB2021年)
コディ・ポンセ投手の対左右成績(MLB2021年)

被打率は左右ともに高く、特に左打者に被長打率.750を超えるほど長打を打たれています

対ピンチ×

コディ・ポンセ投手の得点圏成績(MLB2021年)
コディ・ポンセ投手の得点圏成績(MLB2021年)

得点圏では被打率.435OPS1.154と非常に高く、対ピンチでの成績が悪いです。

全体的に打たれている

コディ・ポンセ投手の球種別成績(MLB2021年)
コディ・ポンセ投手の球種別成績(MLB2021年)

上図は球種別の成績とOPSのグラフです。

投球数が少ないツーシーム以外はOPSが高く打たれています。

ただ、ストレートは左打者に、カットボールとカーブは右打者への成績が良いです。

やきゅまる
やきゅまる
左にストレート、右にカットボールとカーブは投球を増やしても良いかも

球速はメジャー平均並

コディ・ポンセ投手の球速・回転数(MLB2021年)
コディ・ポンセ投手の球速・回転数(MLB2021年)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、△はMLB平均を表しています。

全球種の平均球速はメジャー平均並で、ストレートは平均球速149.9km/hです。

ストレートはメジャー平均並の2257回転、 曲がり球は回転数が少なく、チェンジアップは回転数が多いです。

特徴的なのはツーシームで球速がストレート並みに速く、回転数が非常に多いです。

やきゅまる
やきゅまる
日本では球速が速い投手

シュート気味、縦に落ちるカーブ

コディ・ポンセ投手の変化量(MLB2020-2021年)
コディ・ポンセ投手の変化量(MLB2020-2021年)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、△はMLB平均を表しています。

ストレートシュート気味

ツーシームはホップ成分が多く、シンカーというよりはシュートに近い

カットボールはメジャー平均。

チェンジアップはホップ成分が多く、落差が小さいです。

スライダーカーブは横変化が少なく、縦変化が多い

やきゅまる
やきゅまる
ツーシームは特殊な変化量だから、もっと投げれば良いのに

カーブの回転軸はトップスピン寄り

コディ・ポンセ投手の回転軸(MLB2020-2021年)
コディ・ポンセ投手の回転軸(MLB2020-2021年)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、△はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

ストレートはメジャー平均よりシュート側に回転軸がやや傾いている。

ツーシームは回転軸がストレートと同じくらいで、回転数が多い。

カットボールはほぼバックスピンに近い。

チェンジアップはメジャー平均より回転軸がバックスピン方向に傾いている。

スライダーは回転軸の角度幅が大きいので、ジャイロ成分が多いと考えられます。

カーブは回転軸がトップスピン側に傾いていている

やきゅまる
やきゅまる
試しに回転軸のグラフを作ってみたけど、需要ってあるのかな?

変化球の制球○

コディ・ポンセ投手のヒートマップ(MLB2021年)
コディ・ポンセ投手のヒートマップ(MLB2021年)

上図は球種別のヒートマップで、色が濃い所が投球数が多いことを表しています。

ストレートは真ん中付近に集まっています。これが被打率が高い原因と考えられます。

カットボール右にはアウトロー左にはインハイに集まっています。

チェンジアップは左右どちらも捕手から見て、左下に集まっています

スライダー右にはアウトローに集まっています。

カーブは左右どちらも捕手から見て、右下に集まっています

やきゅまる
やきゅまる
変化球の制球力が高いね

ストレートと曲がり球の軌道が遠い

コディ・ポンセ投手の軌道(MLB2021年)
コディ・ポンセ投手の軌道(MLB2021年)

ストレートと曲がり球の軌道がピッチトンネルの段階で少し離れています。

カットボール、スライダー、カーブは非常に似た軌道です。

まとめ

コディ・ポンセ投手の総評
コディ・ポンセ投手の総評
まとめ

①主に先発
②2021年に成績悪化
③奪三振が多く、四死球は少なく、被本塁打は多い
④持ち球は6球種(主には5球種)
⑤右にスライダー、左にチェンジアップとカーブ
⑥5球種とも決め球
⑦球持ちがかなり良い
⑧左打者に長打を打たれやすい
⑨対ピンチ×
⑩全球種の被打率とOPSが悪い
⑪平均球速149.9km/h、2257回転
⑫ストレートはシュート気味
⑬カーブはトップスピン寄りで、縦に落ちる
⑭変化球の制球〇

今回は「【日本ハム】2022年新外国人コディ・ポンセ投手の投球分析」を紹介しました。

メジャーでは主に先発で、持ち球が6球種と豊富、シュート気味のストレートと縦に落ちるカーブが得意球です。 平均球速も149.9km/hとNPBでは速球派になる投手です。

奪三振が多く四死球は少ないのですが、被本塁打は多いです。また全球種の被打率とOPSが悪く、特に左打者に長打を打たれやすいです。

球種が豊富で、四死球が少なく自滅するタイプでは無いことから、メジャー同様に先発での起用が予想されます。

やきゅまる
やきゅまる
ツーシームはホップ成分が多く、特殊な変化なので投球数を増やすと面白いと思う