第163回 【阪神】2022年新外国人カイル・ケラー投手の投球分析

2022年3月30日

カイル・ケラー投手の総評

11月30日、阪神が新守護神候補としてパイレーツのカイル・ケラー投手(28)の獲得調査に乗り出しているという報道がありました。

その後、12月11日に阪神が正式に獲得したと発表がありました。

そのため今回は「【阪神】2022年新外国人カイル・ケラー投手の投球分析」を紹介します。

データはメジャーで登板した2019~2021年のBaseball Savantfangraphsデータを使用します。

2022年新外国人の記事一覧

基本情報

メジャーでは全てリリーフ

所属球団マイアミ・マーリンズ (2019)
ロサンゼルス・エンゼルス (2020)
ピッツバーグ・パイレーツ (2021)
ポジションリリーフ
投打右投右打
生年月日1993年4月28日(28歳)
身長193 cm
体重92 kg
基本情報

高い奪三振能力

カイル・ケラー投手の年度別成績
カイル・ケラー投手の年度別成績

上はメジャー下は3Aの年度別の成績です。

メジャーでは全て、3Aでも1試合を除いてリリーフであることから、日本でもリリーフでの起用が考えられます。

被打率が低く高い奪三振率を誇りますが、被本塁打が非常に多いです。

メジャーでは四死球が非常に多いですが、3Aでは四死球が少ないです。 四死球数が防御率と相関しているので、日本ではまず四死球を抑えられるかが活躍の鍵になりそうです。

やきゅまる
やきゅまる
いきなりキツイ守護神ではなく、楽な場面で自信をつけさせた方が良いかも

ほぼストレートとカーブの2球種

カイル・ケラー投手の年別投球割合(MLB2019-2021年)
カイル・ケラー投手の年別投球割合(MLB2019-2021年)

上図は年別投球割合で、色が球種を表しています。

持ち球はストレート、カットボール、チェンジアップ、カーブの4球種ですが、2021年はストレートカーブの2球種でした。

やきゅまる
やきゅまる
阪神に2019年にいたピアース・ジョンソン投手みたいだね

投球割合に左右差なし

カイル・ケラー投手の投球割合(MLB2019-2021年)
カイル・ケラー投手の投球割合(MLB2019-2021年)

上図は右打者、左打者別の投球割合で、色が球種を表しています。

投球割合に左右差はほぼ無く、ストレートとカーブが6:4の比率で投げています。

カットボールは右に1球、チェンジアップは左に3球投げただけです。

ボールが先行するとストレート

カイル・ケラー投手のカウント状況別投球割合(MLB2021年)
カイル・ケラー投手のカウント状況別投球割合(MLB2021年)

上図は右打者、左打者別のカウント別投球割合です。左が数値の表、右が円グラフ。

ボールが先行するとストレートの割合が増えます。やはり、ストレートの方がストライクを取る自信があるみたいです。

リリースはやや高い程度

カイル・ケラー投手のリリースポイント(MLB2019-2021年)
カイル・ケラー投手のリリースポイント(MLB2019-2021年)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。△はMLB平均です。

リリースの横と球持ちはほぼメジャー平均ですが、5cmほど高いです。

やきゅまる
やきゅまる
チェンジアップのリリースが他の球種とかなり離れているね

フライボーラー

カイル・ケラー投手の被打球種類(MLB2019-2021)
カイル・ケラー投手の被打球種類(MLB2019-2021)

上図は各球種、全体、メジャー平均の被打球種類です。

メジャー平均よりフライの割合が38%とかなり高いフライボーラーです。

やきゅまる
やきゅまる
だからホームランが多いんだね

左右差はほぼ無い

カイル・ケラー投手の対左右成績(MLB2019-2021年)
カイル・ケラー投手の対左右成績
(MLB2019-2021年)

左打者の方が、被打率と被OPSがやや高いですが、ほぼ左右差はありません。

対ピンチ×

カイル・ケラー投手の得点圏成績(MLB2019-2021年)
カイル・ケラー投手の得点圏成績(MLB2019-2021年)

得点圏の被打率.297と被OPS.933と非常に高く、対ピンチに弱いです。

やきゅまる
やきゅまる
対ピンチに弱いのは抑えとしては不安

ストレート、カーブともに被本塁打がネック

カイル・ケラー投手の球種別成績(MLB2019-2021年)
カイル・ケラー投手の球種別成績(MLB2019-2021年)

上はOPSのグラフ、下は球種別の成績です。

ストレートとカーブともに被打率が低く、奪三振を多く奪えています。しかし、どちらも被本塁打が多く、被OPSは悪いです。

やきゅまる
やきゅまる
カットボールとチェンジアップはもう少し投げても良いかも

平均球速152.1km/h

カイル・ケラー投手の球速・回転数(MLB2019-2021年)
カイル・ケラー投手の球速・回転数(MLB2019-2021年)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、△はMLB平均を表しています。

ストレートの平均球速は152.1km/hとMLB平均より速く、回転数は2327回転とMLB平均より約50回転多いくらいです。

カットボールは1球のみですが、152.9km/hとストレート以上の速さです。

チェンジアップはMLB平均より約4km/h速く、回転数は300回転多い

カーブはMLB平均より約3km/h速く、回転数は平均並みです。

やきゅまる
やきゅまる
パワーカーブ系のカーブだね

ノビのあるストレート、変化量が少ないカーブ

カイル・ケラー投手の変化量(MLB2019-2021年)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、△はMLB平均を表しています。

ストレートはMLB平均よりホップ成分が5cm多く、ノビのあるストレートです。

カットボールはハードカッタータイプの変化で、ホップ成分が48cmと非常に多く、ストレート以上に浮き上がりながら曲がるボールです。

チェンジアップはホップ成分が多く、落差があまり無いボールです。

カーブはMLB平均より横変化、縦変化ともに変化量が少ないです。

カーブピッチャーなのに変化量が少ないのもピアース・ジョンソン投手みたいだね
やきゅまる
やきゅまる
このカットボールを意図的に投げれるなら、強力な武器になりそう

ストレートの回転軸はバックスピン寄り

カイル・ケラー投手の回転軸(MLB2019-2021年)
カイル・ケラー投手の回転軸(MLB2019-2021年)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、△はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

ストレートの回転軸がバックスピン寄りなので、回転数のわりにホップ成分が多いと考えられます。

チェンジアップは回転数が多く、回転軸がバックスピン寄りなので、落差があまり無い変化量となっています。

カットボールとカーブはMLB平均くらいです。

やきゅまる
やきゅまる
やっぱり回転軸は大事だね

ストレートは高め、カーブは低め

カイル・ケラー投手のヒートマップ(MLB2019-2021年)
カイル・ケラー投手のヒートマップ(MLB2019-2021年)

上図は球種別のヒートマップで、色が濃い所が投球数が多いことを表しています。

ストレートは真ん中高め、カーブは低めに投球されています。基本的はベース上の上下で勝負する投球です。

ストレートと曲がり球の軌道が遠い

カイル・ケラー投手の軌道(MLB2019-2021年)
カイル・ケラー投手の軌道(MLB2019-2021年)

投球の多いストレートとカーブの軌道はピッチトンネルまで似ています。

チェンジアップはリリースからかなり離れているので、打者には早い段階で分かる可能性があります。

まとめ

カイル・ケラー投手の総評
カイル・ケラー投手の総評
まとめ

①リリーフ
②被打率が低く、高い奪三振率
③四死球がメジャーでは非常に多いが、3Aでは少ない
④被本塁打が非常に多いフライボーラー
⑤持ち球はほぼ2球種
⑥対ピンチ×
⑦平均球速152.1km/h、2327回転
⑧ノビのあるストレート
⑨カーブは平均より約3km/h速く、変化量が少ない

今回は「【阪神】2022年新外国人カイル・ケラー投手の投球分析」を紹介しました。

リリーフで被打率が低く、高い奪三振能力を持つ反面、被本塁打が非常に多いフライボーラーです。

四死球はメジャーでは非常に多いですが、3Aでは少ないです。日本ではまず四死球を抑えられるかが活躍の鍵になりそうです。

持ち球はストレート、カーブのほぼ2球種です。ストレートは平均球速152.1km/hで回転軸がバックスピン寄りなので、ノビのあるストレートです。カーブはMLB平均より約3km/h速いパワーカーブで、変化量が少ないです。

オリックスも獲得調査をしているという報道が出ていたので、獲得競争になりましたが阪神が獲得しました。

やきゅまる
やきゅまる
特殊なカットボールをもっと投げても良いと思う