第178回 【千葉ロッテ】2022年新外国人タイロン・ゲレーロ投手の投球分析

2022年1月3日

タイロン・ゲレーロ投手の総評

2021年12月18日、千葉ロッテがホワイトソックス傘下のタイロン・ゲレーロ投手(30)を獲得したと発表がありました。2018年には167km/hを記録したこともある剛腕リリーフです。

そのため今回は「【千葉ロッテ】2022年新外国人タイロン・ゲレーロ投手の投球分析」を紹介します。

データはBaseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

やきゅまる
やきゅまる
167km/hとか楽しみだね

2022年新外国人の記事一覧

基本情報

メジャーでは全てリリーフ

所属球団サンディエゴ・パドレス (2016)

マイアミ・マーリンズ (2018 – 2019)
ポジションリリーフ
投打右投右打
生年月日1991年1月9日(30歳)
身長203.2 cm
体重102.1 kg
基本情報

課題は制球力

タイロン・ゲレーロ投手の年度別成績

上はメジャー下は3Aの年度別の成績です。

メジャー通算で防御率5.77与四死球率6.5と四死球が多いことで、結果を残せていません。3Aでも同様な結果です。

奪三振率9.3と高く、被打率.265とそこまで高くないので、最大の課題は制球力です。

やきゅまる
やきゅまる
日本のボールが合うかどうかだね

4球種だが、ほぼ2球種

タイロン・ゲレーロ投手の年別投球割合
(MLB2016-2019年)

上図は年別投球割合で、色が球種を表しています。

持ち球はストレートツーシームチェンジアップスライダー4球種です。

ただ、7割がストレート、2割がスライダーとほぼ2球種です。

やきゅまる
やきゅまる
軸となる第3球種が欲しいね

左にはストレートがさらに増える

タイロン・ゲレーロ投手の投球割合(MLB2019年)
タイロン・ゲレーロ投手の投球割合(MLB2019年)

上図は右打者、左打者別の投球割合で、色が球種を表しています。

対左打者にはスライダーの割合が減り、ストレートが76%まで増えます

ボールが先行すると9割ストレート

タイロン・ゲレーロ投手のカウント状況別投球割合(MLB2019年)

上図は右打者、左打者別のカウント別投球割合です。左が数値の表、右が円グラフ。

ボールが先行すると9割ストレートを投げるため、やはりボールが先行すると被打率が上昇しています。

やきゅまる
やきゅまる
ストレート以外にストライクが取れる球種が欲しいね

リリースが高く、体から離れている

タイロン・ゲレーロ投手のリリースポイント(MLB2019年)
タイロン・ゲレーロ投手のリリースポイント
(MLB2019年)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。△はMLB平均です。

平均よりリリースポイントは15cm高く、10cm体から離れています。球持ちは平均くらいです。

やきゅまる
やきゅまる
身長があるから、打者はかなり角度を感じそう

フライボーラー

タイロン・ゲレーロ投手の被打球種類(MLB2019年)
タイロン・ゲレーロ投手の被打球種類(MLB2019年)

上図は各球種、全体、メジャー平均の被打球種類です。

フライ率が31%と高いフライボーラーです。メジャー平均でもストレートはフライ率が最も高い球種なので分かりますが、スライダーが58%と非常に高いです。

左打者が苦手

タイロン・ゲレーロ投手の対左右成績(MLB2019年)
タイロン・ゲレーロ投手の対左右成績
(MLB2019年)

対左打者の方が被打率.264被OPS.904と共に高く、苦手としています。

特に被長打率は.486と右より1割以上高いので、左打者に長打を打たれやすい投手と言えます。

対ピンチ×

タイロン・ゲレーロ投手の得点圏成績(MLB2019年)
タイロン・ゲレーロ投手の得点圏成績(MLB2019年)

得点圏打率.326、OPS.998と高く、対ピンチに弱いです。

ただし、与四死球率はそれほど変わりません。

やきゅまる
やきゅまる
ピンチになると置きに行くんだろうね

ストレート、スライダーは被打率は良い

タイロン・ゲレーロ投手の球種別成績(MLB2019年)
タイロン・ゲレーロ投手の球種別成績(MLB2019年)

上はOPSのグラフ、下は球種別の成績です。

投球数が多いストレート、スライダーの被打率は低いです。ただ、ストレートは四死球が多いのでOPSが高くなっています。

やきゅまる
やきゅまる
制球力がついたら一気に成績が良くなりそうだね

平均159.1km/h、最高165.6km/h

タイロン・ゲレーロ投手の球速・回転数(MLB2019年)
タイロン・ゲレーロ投手の球速・回転数(MLB2019年)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、△はMLB平均を表しています。

ストレートは2019年は平均球速159.1km/h最高球速165.6km/hとMLBトップレベルです。2018年には167.4km/hを記録しており、日本球界最速記録更新の可能性もあります。

ただ回転数は2178回転とやや少ないです。

ツーシーム平均球速160.1km/hとストレート以上の球速で、回転数は2172回転とやや少ないです。

チェンジアップ平均球速148.1km/hとMLB平均より10km/h速く、回転数は1359回転と400回転少ないです。

スライダー平均球速140.6km/hとMLB平均より3km/h速く、回転数は1954回転と500回転少ないです。

やきゅまる
やきゅまる
とにかく球が速い

2年連続で平均159km/h

タイロン・ゲレーロ投手の球速・回転数の年度別推移
タイロン・ゲレーロ投手の球速・回転数の年度別推移

上図は年度別の平均球速と回転数の推移です。

登板数が多かった2018年と2019年は2年連続平均159km/hです。2016年はメジャーデビューの1試合のみなので、本調子じゃなかったと思われます。

やきゅまる
やきゅまる
日本でも160km/h以上を連発しそうだね

ストレートはシュート回転

回転軸

タイロン・ゲレーロ投手の回転軸(MLB2019年)
タイロン・ゲレーロ投手の回転軸(MLB2019年)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、△はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

変化量

タイロン・ゲレーロ投手の変化量(MLB2019年)
タイロン・ゲレーロ投手の変化量(MLB2019年)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、△はMLB平均を表しています。

ストレートはMLB平均より5cmシュート成分が多いです。

ツーシームはMLB平均より8cmホップ成分が多く、シュートに近い変化です。

チェンジアップはMLB平均より11cmホップ成分が多く、落差が小さいです。

スライダーはMLB平均より回転数が少ない分、横変化が6cm少ないです。

やきゅまる
やきゅまる
チェンジアップに落差が無いから、スプリットが欲しいね

ストレートは真ん中、スライダーはボールが多い

タイロン・ゲレーロ投手のヒートマップ(MLB2019年)

上図は球種別のヒートマップで、色が濃い所が投球数が多いことを表しています。

ストレートは真ん中付近が多く、低めが少ないです。

ツーシームは左には真ん中付近が多く、右にはインハイとアウトローが多いです。コースにしっかり投げれてるので、対右打者への成績が良いと考えられます。

スライダーは右のアウトローへの投球が多いですが、ボール球が多いです。

やきゅまる
やきゅまる
スライダーでストライクが取れると、投球が楽になりそう

右打者のアウトコース〇

タイロン・ゲレーロ投手のコース別成績(MLB2019年)
タイロン・ゲレーロ投手のコース別成績(MLB2019年)

右打者のアウトコース左打者の低めの成績が良いです。

やきゅまる
やきゅまる
これを生かすためにはスライダーの制球力が重要だね

ピッチトンネルまでの軌道が近い

タイロン・ゲレーロ投手の軌道(MLB2019年)
タイロン・ゲレーロ投手の軌道(MLB2019年)

全体的にピッチトンネルまでの軌道が近いです。

特にツーシームとチェンジアップはほぼ一緒なので、球速差で緩急を使えそうです。

やきゅまる
やきゅまる
ツーシーム、チェンジアップが多投出来るようになると良さそう

まとめ

タイロン・ゲレーロ投手の総評
タイロン・ゲレーロ投手の総評
まとめ

①リリーフ
②与四死球率6.5と非常に高い
③持ち球は4球種
④ストレートが7割
⑤リリースポイントは15cm高く、10cm体から離れている
⑥対左、対ピンチ×
⑦平均159.1km/h、最高165.6km/h、2178回転
⑧ストレートはシュート気味
⑨ツーシームは平均160.1km/h

今回は「【千葉ロッテ】2022年新外国人タイロン・ゲレーロ投手の投球分析」を紹介しました。

メジャー通算で防御率5.77与四死球率6.5と四死球が多いことで、結果を残せていません。

奪三振率9.3と高く、被打率.265とそこまで高くないので、最大の課題は制球力です。

リリースポイントは15cm高く、10cm体から離れています。

持ち球は4球種ですが、7割がストレートです。対左打者やボールが先行すると、さらにストレートの割合が高くなり、打たれています。

ストレートは2019年は平均球速159.1km/h最高球速165.6km/hとMLBトップレベルです。2018年には167.4km/hを記録しており、日本球界最速記録更新の可能性もあります。

球速がかなり速いので、ストレート以外にカウントが取れる球が出来ると圧倒的な投球が期待出来ます。

やきゅまる
やきゅまる
カウントが取れるカットボールが欲しいね