第179回 【オリックス】2022年新外国人ジェシー・ビドル投手の投球分析

ジェシー・ビドル投手の総評
ジェシー・ビドル投手の総評

2021年12月17日、オリックスがブレーブスのジェシー・ビドル投手(30)を獲得したと発表がありました。

そのため今回は「【オリックス】2022年新外国人ジェシー・ビドル投手の投球分析」を紹介します。

データはBaseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

2022年新外国人の記事一覧

基本情報

メジャーでは全てリリーフ

所属球団アトランタ・ブレーブス (2018 – 2019)

シアトル・マリナーズ (2019)

テキサス・レンジャーズ (2019)

シンシナティ・レッズ (2020)

アトランタ・ブレーブス (2021)
ポジションリリーフ
投打左投左打
生年月日1991年10月22日(30歳)
身長195.6 cm
体重99.8 kg
基本情報

とにかく与四死球が多い

ジェシー・ビドル投手の年度別成績
ジェシー・ビドル投手の年度別成績

上はメジャー下は3Aの年度別の成績です。

メジャー通算で防御率5.07与四死球率6.2と四死球が多いことで、結果を残せていません。

奪三振率9.0と高く、被打率.266とそこまで高くないので、最大の課題は制球力です。

3Aでは2021年に防御率2.67奪三振率14.7与四死球率5.3と、四死球が多くても圧倒的な奪三振能力で抑えました。

やきゅまる
やきゅまる
日本のボールが合うと、化けそうな投手

持ち球は4球種

ジェシー・ビドル投手の年別投球割合(MLB2018-2021年)
ジェシー・ビドル投手の年別投球割合
(MLB2018-2021年)

上図は年別投球割合で、色が球種を表しています。

持ち球はストレートツーシームスライダーカーブ4球種です。

右にカーブ、左にツーシームとスライダー

ジェシー・ビドル投手の投球割合(MLB2021年)
ジェシー・ビドル投手の投球割合(MLB2021年)

上図は右打者、左打者別の投球割合で、色が球種を表しています。

右打者にはカーブ左打者にはツーシームとスライダーの割合が多いです。

ボールが先行するとストレート

ジェシー・ビドル投手のカウント状況別投球割合(MLB2021年)
ジェシー・ビドル投手のカウント状況別投球割合(MLB2021年)

上図は右打者、左打者別のカウント別投球割合です。左が数値の表、右が円グラフ。

ボールが先行すると、ストレートの割合が増え、左打者にはツーシームも増えます。このことから左打者へのツーシームの制球には自信があるみたいです。

決め球は右打者にはカーブ左打者にはスライダーが多いです。

2021年にフォーム変更

ジェシー・ビドル投手のリリースポイント
ジェシー・ビドル投手のリリースポイント

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。△はMLB平均です。

2020年まではMLB平均くらいのリリースポイントでした。しかし、2021年にフォーム変更で、リリースポイントが約15cm体から離れ約10cm球持ちが良くなりました

やきゅまる
やきゅまる
スライダーが活かせそうなリリースポイント

グラウンドボーラー

ジェシー・ビドル投手の被打球種類(MLB2021年)
ジェシー・ビドル投手の被打球種類(MLB2021年)

上図は各球種、全体、メジャー平均の被打球種類です。

ゴロ率が60%とグラウンドボーラーです。

フォームを変えて対左打者が得意に

ジェシー・ビドル投手の対左右成績
ジェシー・ビドル投手の対左右成績

2020年までは対左打者の被打率.309、OPS.883と打たれていましたが、フォーム変更後の2021年は対左打者の被打率.188OPS.503と得意になりました。

やきゅまる
やきゅまる
左投手だから、左に強くなったのは良いね

対ピンチ×

ジェシー・ビドル投手の得点圏成績(MLB2021年)
ジェシー・ビドル投手の得点圏成績(MLB2021年)

2021年の得点圏被打率.357、被OPS1.042と対ピンチに弱いです。

フォームを変えてスライダーの成績が良化

ジェシー・ビドル投手の球種別成績
ジェシー・ビドル投手の球種別成績

上はOPSのグラフ、下は球種別の成績です。

フォーム変更後、スライダーの成績が良化しています。またストレートは対左打者に対して成績が良化しています。

元々、成績が良かったカーブはそのまま良い成績です。

やきゅまる
やきゅまる
スライダーがかなり良くなったみたい

平均球速149.7km/h、2608回転

ジェシー・ビドル投手の球速・回転数
ジェシー・ビドル投手の球速・回転数

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、△はMLB平均を表しています。

ストレート平均球速149.7km/hとMLB平均くらいですが、球速が安定しています。回転数は2608回転とMLB平均より350回転も多いです。

他の変化球も同様にMLB平均くらいの球速で、200~350回転多いボールです。

スライダーは2020年まではカットボールみたいな球速でしたが、フォーム変更でMLB平均くらいになりました。

やきゅまる
やきゅまる
変化球はかなりキレが良さそうだね

球速は下がったが、回転数が上昇

ジェシー・ビドル投手の球速・回転数の年度別推移
ジェシー・ビドル投手の球速・回転数の年度別推移

上図は年度別の平均球速と回転数の推移です。

フォーム変更で球速が2~3km/h下がりましたが、100回転くらい回転数が増加しました。

やきゅまる
やきゅまる
日本の左投手ではかなり速い方だから、多少下がっても大丈夫だね

フォーム変更でストレートがノビて、スライダーが横変化量増加

回転軸

ジェシー・ビドル投手の回転軸
ジェシー・ビドル投手の回転軸

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、△はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

変化量

ジェシー・ビドル投手の変化量
ジェシー・ビドル投手の変化量

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、△はMLB平均を表しています。

ストレートは真っスラで、2020年まではノビが無いボールでした。2021年のフォーム変更でホップ成分が6cm増加し、MLB平均くらいノビるボールになりました。

ツーシームも2020年までは横変化が少ないボールでした。2021年のフォーム変更でシュート成分が12cm増加し、MLB平均くらいシュートするボールになりました。

スライダーは2020年まではMLB平均くらいのボールでした。2021年のフォーム変更で回転軸がトップスピン側に変わり、横変化が25cm増加かなり横にスライドするボールになりました。

カーブはフォーム変更前後であまり変わらず、縦横の変化量が大きいボールです。

やきゅまる
やきゅまる
変化量はフォーム変更で、かなり良くなったね

スライダーのボール率が高い

ジェシー・ビドル投手のヒートマップ(MLB2021年)
ジェシー・ビドル投手のヒートマップ(MLB2021年)

上図は球種別のヒートマップで、色が濃い所が投球数が多いことを表しています。

スライダーは変化量が大きくなった影響か、ボール球率が高いです。

右にはアウトコース、左には低め

ジェシー・ビドル投手のコース別成績(MLB2018-2021年)
ジェシー・ビドル投手のコース別成績
(MLB2018-2021年)

右打者にはアウトコースの成績が良いです。インローのボールゾーンの成績は良いですが、ストライクゾーンは悪いので、インローの変化球はボールゾーンまで曲げた方が良さそうです。

左打者には低め全般の成績が良いです。特にアウトローはボールゾーン、ストライクゾーン共に成績が良いです。

やきゅまる
やきゅまる
ベース左下のボールゾーンの打数が多いから、スライダーとカーブのキレがかなり良いんだろうね

スライダーの軌道が遠い

ジェシー・ビドル投手の軌道(MLB2021年)
ジェシー・ビドル投手の軌道(MLB2021年)

スライダーはリリースポイントが遠いため、軌道が遠いです。

カーブはストレートに軌道が近いので、打者にとっては厄介なボールです。

まとめ

ジェシー・ビドル投手の総評
ジェシー・ビドル投手の総評
まとめ

①リリーフ
②高い奪三振率
③四死球が非常に多い
④持ち球は4球種
⑤2021年にフォーム変更
⑥グラウンドボーラー
⑦対左打者○
⑧対ピンチ×
⑨平均球速149.7km/h、2608回転
⑩ストレートは真っスラ

今回は「【オリックス】2022年新外国人ジェシー・ビドル投手の投球分析」を紹介しました。

メジャー通算で防御率5.07与四死球率6.2と、四死球が多いことで結果を残せていません。奪三振率9.0と高く、被打率.266とそこまで高くないので、最大の課題は制球力です。

3Aでは2021年に防御率2.67奪三振率14.7与四死球率5.3と、四死球が多くても圧倒的な奪三振能力で抑えました。

2021年にフォーム変更したことで、スライダーの横変化量が増加し、対左打者に強くなりました。

ストレート平均球速149.7km/h2608回転と回転数が多い真っスラです。

1番の武器は回転数が多くて変化量が大きいキレのあるカーブです。

ストレートの回転数は多く、変化量が大きくてキレのある変化球が2つあり、高い奪三振能力を持っている投手です。日本のボールが合うことで制球力が改善されれば、かなりの活躍が期待できます

やきゅまる
やきゅまる
ポテンシャルはかなり高いね