第180回 【ヤクルト】2022年新外国人アンドリュー・スアレス投手の投球分析

アンドリュー・スアレス投手の総評
アンドリュー・スアレス投手の総評

2021年12月20日、ヤクルトが今季韓国・LGでプレーしたアンドリュー・スアレス投手(29)の獲得を発表しました。1年契約で年俸は80万ドルプラス出来高払いで、背番号は50。

そのため今回は「【ヤクルト】2022年新外国人アンドリュー・スアレス投手の投球分析」を紹介します。

やきゅまる
やきゅまる
バランスが良い投手だね

データはBaseball SavantFanGraphsSTATIZのデータを使用します。

2022年新外国人の記事一覧

基本情報

韓国では主に先発

MLB
所属球団
サンフランシスコ・ジャイアンツ (2018 – 2020)
KBO
所属球団
LGツインズ (2021)
ポジション先発、リリーフ
投打左投左打
生年月日1992年9月11日(29歳)
身長185 cm
体重88 kg
基本情報

与四死球が少ない

アンドリュー・スアレス投手の年度別成績
アンドリュー・スアレス投手の年度別成績

上はメジャー真ん中は3A下はKBO(韓国リーグ)の年度別成績です。

メジャー通算で、防御率4.66被打率.274奪三振率7.0とまずまずの成績でした。

昨年のKBOでは防御率2.18被打率.213奪三振率9.8と圧倒的な成績です。

MLB、3A、KBOで与四死球率3.1~3.5、KBO2021年の被本塁打が4本だけと、与四死球が少なく、被本塁打が少ない投手です。

やきゅまる
やきゅまる
成績からはまとまった投手の印象

持ち球は5球種

アンドリュー・スアレス投手の年別投球割合(MLB2018-2020, KBO2021年)
アンドリュー・スアレス投手の年別投球割合
(MLB2018-2020, KBO2021年)

上図は年別投球割合で、色が球種を表しています。

持ち球はストレートツーシームチェンジアップスライダーカーブ5球種です。

登板数が多かったMLB2018年とKBO2021年は、5球種をバランスが良く投球しています。

右にチェンジアップ、左にスライダー

アンドリュー・スアレス投手の投球割合(KBO2021年)
アンドリュー・スアレス投手の投球割合(KBO2021年)

上図は右打者、左打者別の投球割合で、色が球種を表しています。

右にチェンジアップ左にスライダーの投球割合が増えています。

やきゅまる
やきゅまる
特に右打者へのバランスが良いね

ツーシームとチェンジアップはカウント球に使用

アンドリュー・スアレス投手のカウント状況別投球割合(MLB2018-2020年)
アンドリュー・スアレス投手のカウント状況別投球割合(MLB2018-2020年)

上図はカウント別投球割合です。左が数値の表、右が円グラフ。左下はカウント別の成績です。

ツーシームチェンジアップは初球やボールが先行した時(カウント球)に投球割合が増えています。チェンジアップは決め球に使用する投手が多いので、これは珍しいです。

スライダーは左右関係なく、決め球として多く投球しています。

2020年にフォーム変更

アンドリュー・スアレス投手のリリースポイント
アンドリュー・スアレス投手のリリースポイント

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。△はMLB平均です。

2019年まではMLB平均よりリリースポイントが約15cm高く、球持ちが約35cm悪かったです。

2020年からはリリースポイントが約15cm体に近く約5cm低くくなり、球持ちが約15cm良くなりました

やきゅまる
やきゅまる
左投手でこのリリース位置は珍しいね

グラウンドボーラー

アンドリュー・スアレス投手の被打球種類(MLB2018-2020年)
アンドリュー・スアレス投手の被打球種類
(MLB2018-2020年)

上図は各球種、全体、メジャー平均の被打球種類です。

ゴロ率が51%とグラウンドボーラーです。

MLBでは左に強く、KBOでは右に強い

アンドリュー・スアレス投手の対左右成績

左はMLB、右はKBOの対左右別の成績です。

MLB通算では対左打者の被打率.221OPS.563左打者を得意としていました。

韓国(KBO)の2021年は対左打者の被打率.250OPS.670と多少悪化しましたが、対右打者の成績がかなり良化しました。

やきゅまる
やきゅまる
右打者が抑えられるようになったのは、先発として大きいね

対ピンチ〇

アンドリュー・スアレス投手の得点圏成績(KBO2021年)
アンドリュー・スアレス投手の得点圏成績(KBO2021年)

2021年の得点圏被打率.180、被OPS.438と対ピンチに強いです。

KBOではチェンジアップとカーブの成績良化

アンドリュー・スアレス投手の球種別成績(MLB2018-2021, KBO2021)
アンドリュー・スアレス投手の球種別成績
(MLB2018-2021, KBO2021)

左はMLB、右はKBOの球種別の成績です。

チェンジアップカーブがKBOに移籍して、OPS.479OPS.399とかなり成績が良化しました。

不思議なのはストレートツーシームスライダーがMLB時代は左の方が成績が良いのに、KBOでは右の方が成績が良いです。

平均球速148.0km/h、1931回転

アンドリュー・スアレス投手の球速・回転(MLB2020)数
アンドリュー・スアレス投手の球速・回転(MLB2020)数

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、△はMLB平均を表しています。

ストレート平均球速148.0km/hとMLB平均よりやや遅いですが、NLB平均の145.5km/hよりかは速いです。回転数は1931回転とMLB平均よりも300回転少ないです。

チェンジアップは逆にMLB平均より4km/h速く300回転多いです。

ツーシームスライダーはMLB平均くらいの球速と回転数です。

やきゅまる
やきゅまる
球離れが早い分、指にかからずに回転数が少ないのかな?

球速と回転数がやや減少傾向

アンドリュー・スアレス投手の球速・回転数の年度別推移
アンドリュー・スアレス投手の球速・回転数の年度別推移

上図は年度別の平均球速と回転数の推移です。

平均球速。回転数ともにやや減少傾向です。ただ、それでも左の先発で147.3km/hなので、NPBではトップレベルです。

スライダーの縦変化量が増加

回転軸

アンドリュー・スアレス投手の回転軸
アンドリュー・スアレス投手の回転軸

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、△はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

変化量

アンドリュー・スアレス投手の変化量
アンドリュー・スアレス投手の変化量

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、△はMLB平均を表しています。

2020年にフォーム変更したことで、チェンジアップの落差が7cm小さくなりました

一方、スライダーは回転軸がトップスピン寄りになり、縦変化量が23cmも大きくなりました

スライダーの変化量が大きくなったのは

やきゅまる
やきゅまる
スライダーの変化量が大きくなったのはいいね

全体的に制球されている

MLB2018-2020

アンドリュー・スアレス投手のヒートマップ(MLB2018-2020年)
アンドリュー・スアレス投手のヒートマップ(MLB2018-2020年)

KBO2021

アンドリュー・スアレス投手のヒートマップ(KBO2021年)
アンドリュー・スアレス投手のヒートマップ(KBO2021年)

上図は球種別のヒートマップで、色が濃い所が投球数が多いことを表しています。

MLBとKBOともにツーシームはベースの右側、スライダーはベースの左下、チェンジアップはベースの右下に制球されています。何故かカーブは低めだけだ無く、高めにも多く投げています。

MLBとKBOで違うのはストレートで、MLBでは真ん中付近に集まっていますが、KBOでは高めへの投球が増えました

右打者のインハイ、左打者のアウトローの成績が良い

MLB2018-2020

アンドリュー・スアレス投手のコース別成績(MLB2018-2020年)
アンドリュー・スアレス投手のコース別成績
(MLB2018-2020年)

KBO2021

アンドリュー・スアレス投手のコース別成績(KBO2021年)
アンドリュー・スアレス投手のコース別成績
(KBO2021年)

MLBとKBOとも右打者のインハイの成績が良いです。 KBOでは右打者へのアウトローの成績が良くなっているので、これが右打者を抑えれるよになった一因だと考えられます。

MLBとKBOとも左打者のアウトローの成績が良いです。 KBOでは左打者へのインコースの成績が悪くなっているので、これが左打者の成績が悪化した一因だと考えられます。

軌道が似ている

アンドリュー・スアレス投手の軌道(MLB2020年)
アンドリュー・スアレス投手の軌道(MLB2020年)

カーブは2020年に投げていなかったので、ありません。

全球種のピッチトンネルまでの軌道が似ています

まとめ

アンドリュー・スアレス投手の総評
アンドリュー・スアレス投手の総評
まとめ

①左投げの先発(昨季はKBO)
②与四死球は少ない
③持ち球は5球種
④2020年にフォーム変更
⑤被本塁打が少ないグラウンドボーラー
⑥MLBでは左に強く、KBOでは右に強い
⑦対ピンチ○
⑧KBOではチェンジアップとカーブの成績良化
⑨平均球速148.0km/h、1931回転
⑩球速と回転数がやや減少傾向
⑪スライダーの縦変化量が増加

今回は「【ヤクルト】2022年新外国人アンドリュー・スアレス投手の投球分析」を紹介しました。

メジャー通算で、防御率4.66被打率.274奪三振率7.0とまずまずの成績で、昨年のKBOでは防御率2.18被打率.213奪三振率9.8と圧倒的な成績です。

ストレート平均球速148.0km/h1931回転と、回転数は少ないですが、変化量はMLB平均くらいのボールです。

持ち球は5球種で、5球種をバランスが良い割合で投げています。2020年にリリースポイントが体寄りになったことで、スライダーの縦変化量が増加しました。

与四死球が少なく被本塁打が少ないグラウンドボーラーで、NPB平均以上の球速、5球種をバランス良く投げれることから先発ローテーションでの活躍が期待出来ます

やきゅまる
やきゅまる
非常に全体のバランスが良い投手