第239回 【投手兼DH】大谷翔平投手がMLBキャリアハイの平均158.6キロ(2022年5月18日投球分析)

大谷翔平投手の投球内容(2022年5月18日)
大谷翔平投手の投球内容
(2022年5月18日)

2022年5月18日、大谷翔平投手(27)が敵地グローブライフフィールドでのレンジャーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。

6回を投げて94球、被安打6、四死球3、奪三振7、2失点の投球内容でしたが、勝敗は付きませんでした

MLBでのキャリアハイとなる平均158.6km/h今季最速162.2km/hを記録するなど、球速はかなり出ていました。しかし、ボール先行が多く、本人もコメントしていましたが、真ん中付近のボールが多くなってしまいました。

2失点はしましたが、ハイム選手に得点圏で打たれた2本とも打ち取ったような打球だったので、少し不運でした。

今回はそんな「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年5月18日投球分析」を紹介します。

大谷翔平投手の投球分析の過去記事

データはBaseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

やきゅまる
やきゅまる
制球が少し安定しなかったね

1. 球種・投球割合

スラッターを多投、フォークは2球のみ

大谷翔平投手の日別投球割合(2022年5月18日)
大谷翔平投手の日別投球割合
(2022年5月18日)

今回はストレートフォークスラッタースライダーカーブ5球種でした。

いつもよりスラッターを15%と多投して、フォークを2球しか投球しませんでした。

今回はスプリームは投げませんでした。

※当ブログでは「カットボールをスラッター」と「第二のスプリットをスプリーム」と呼称しています。詳細は過去記事を参照して下さい。

左にスラッターを多投

大谷翔平投手の左右投球割合(2022年5月18日)
大谷翔平投手の左右投球割合
(2022年5月18日)

上は前回登板までの2022年平均、下は今回の左右投球割合です。

左右ともにフォークが減少した分、スラッターの割合が多くなっています。特に左打者に対しては22%も投じました。

2. コース

抜け球は減少、真ん中付近のボールが多い

大谷翔平投手のベース上の位置(2022年5月18日)
大谷翔平投手のベース上の位置
(2022年5月18日)

前回多かった左打者に対しての抜け球は減少しました。

しかし、本人もコメントしていましたが、真ん中付近のボールが増加しました。

やきゅまる
やきゅまる
ハイム選手に打たれたカーブは良いボールだったね

3. 各成績

やはり左に打たれた

大谷翔平投手の左右別成績(2022年5月18日)
大谷翔平投手の左右別成績
(2022年5月18日)

上図は今回、前回登板までの2022年平均MLB右投手平均の左右別被OPSです。

いつものように今回も左打者に12打数5安打と、左打者に打たれました。

特に左のハイム選手3打数3安打2打点と打たれ、今季ここまで5打数5安打7打点と打たれまくってます。

やきゅまる
やきゅまる
もっと左打者の膝元に投げて欲しい

全球種で奪三振

大谷翔平投手の球種別成績
(2022年5月18日)

今回の空振り数は14個と多くありませんでしたが、全球種で奪三振を奪いました。

またストライク率63%ゾーン内率53%と先発として十分な数字ですが、大谷翔平投手としては少し物足りない数字です。

やきゅまる
やきゅまる
フォークが投げれないのはなんでだろう?

4. リリースポイント

リリース位置が体から遠くて低い

大谷翔平投手のリリースポイント(2022年5月18日)
大谷翔平投手のリリースポイント
(2022年5月18日)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。◇は2022年平均△はMLB平均です。

全体的にリリースポイントが体から遠く、低いです。特にスラッターは10cm以上遠かったです。つまり、腕の振りが横振りになっています。ただし、カーブだけはリリースポイントが高いです。

また球離れがいつもより2~5cm早かったです。

5. 球速と回転数

平均球速158.6km/h、最高162.2km/h

大谷翔平投手の球速・回転数(2022年5月18日)
大谷翔平投手の球速・回転数
(2022年5月18日)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、◇は2022年平均△はMLB平均を表しています。

ストレートMLBでのキャリアハイとなる平均球速158.6km/h今季最速162.2km/h回転数は2275回転でした。

その他の球種も2022年平均以上で、MLB平均以上でした。

カーブはカウントを取るスローカーブと、球速が速く回転数が多く決め球のパワーカーブ2種類を投げ分けていました。

MLBキャリアハイの平均球速158.6km/h

大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移(2022年5月18日まで)
大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移
(2022年5月18日まで)

今回の平均158.6km/hは今季最速で、MLBでのキャリアハイでした。また、回転数は前回同様に多かったです。

本人も「(体が)強度に慣れてきたというのはある」とコメントしているので、今後も球速には期待出来そうです。

最終回は平均159.7km/hまで上昇

大谷翔平投手の回別平均球速(2022年5月18日)
大谷翔平投手の回別平均球速
(2022年5月18日)

尻上がりに球速が増加し、6回は平均球速が159.7km/hまで上昇しています。

やきゅまる
やきゅまる
まだ余力はありそうだったね

6. 回転軸と変化量

回転軸

大谷翔平投手の回転軸(2022年5月18日)
大谷翔平投手の回転軸
(2022年5月18日)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、◇は2022年点線はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

ストレートは2極化

大谷翔平投手の変化量(2022年5月18日)
大谷翔平投手の変化量
(2022年5月18日)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、◇は2022年△はMLB平均を表しています。

ストレートホップ量が多い球真っスラ2極化しています。

スラッター横変化量が増加しています。

カーブ横変化量が減少していますが、これは球速が速かったためと考えられます。

やきゅまる
やきゅまる
ホップ量が多いストレートをもっと増やしたいね

状況別球速・被打率

ハイム選手に打たれすぎ

大谷翔平投手の状況別球速・被打率(2022年5月18日まで)
大谷翔平投手の状況別球速・被打率
(2022年5月18日まで)

上図は2022年の状況別球速・被打率です。

大谷翔平投手は得点圏で球速が2.2km/hも増加し、被打率が.152まで減少します。つまり、ギアを上げることでピンチに強い投手です。

そのため得点圏では今季33打数5安打と無類の強さを誇っていますが、なぜかハイム選手だけには4打数4安打と打たれまくっています。そのためか、大谷翔平投手の今季12失点中7失点がハイム選手です。

やきゅまる
やきゅまる
なんでこんなに打たれるんだろう

まとめ

大谷翔平投手の投球内容とコース(2022年5月18日)
大谷翔平投手の投球内容とコース(2022年5月18日)
まとめ

①スラッターを15%と多投、フォークは2球のみ
②真ん中付近のボールが多い
③左打者に12打数5安打
④全球種で奪三振
⑤リリース位置が体から遠くて低い
⑥MLBキャリアハイの平均球速158.6km/h
⑦今季最速162.2km/h
⑧カーブは2種類を投げ分け
⑨最終回は平均159.7km/hまで上昇
⑩ストレートはホップ量が多い球と真っスラに2極化
⑪今季得点圏での5安打中4安打がハイム選手

今回は「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年5月18日投球分析」を紹介しました。

6回を投げて94球、被安打6、四死球3、奪三振7、2失点の投球内容でしたが、勝敗は付きませんでした

MLBでのキャリアハイとなる平均158.6km/h今季最速162.2km/hを記録するなど、球速はかなり出ていました。しかし、ボール先行が多く、本人もコメントしていましたが、真ん中付近のボールが多くなってしまいました。

2失点はしましたが、ハイム選手に得点圏で打たれた2本とも打ち取ったような打球だったので、少し不運でした。

調子はそこまで悪くないので、次回登板では圧倒的な投球を期待したいです。