第308回 【ヤクルト】2023年新外国人ライネル・エスピナル投手の投球分析

2022年12月21日

ライネル・エスピナル投手の総評
ライネル・エスピナル投手の総評

2022年12月5日、ヤクルトが新外国人選手として前レッズのライネル・エスピナル投手(31)と来季の選手契約を締結したと発表。

1年契約で年俸65万ドル(約8710万円)プラス出来高払い(金額は推定)。背番号は「58」と最初発表されましたが「99」に変更になりました。

エスピナル投手は「回転数が多いストレート」と「落差の大きい高速チェンジアップ」が武器の長身右腕です。

今回はそんな「【ヤクルト】2023年新外国人ライネル・エスピナル投手の投球分析」を紹介します。

Baseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

2023年新外国人の記事一覧

1. 基本情報

高速チェンジアップが武器の長身右腕

所属球団ボストン・レッドソックス (2021)
シンシナティ・レッズ (2022)
ポジション先発、リリーフ
投打右投右打
生年月日1991年10月6日(31歳)
身長190 cm
体重97 kg
基本情報

3Aでは高い奪三振率

ライネル・エスピナル投手の年度別成績
ライネル・エスピナル投手の年度別成績
ライネル・エスピナル投手の被打球種類(3A2018-2022年)
ライネル・エスピナル投手の被打球種類
(3A2018-2022年)

MLB通算で3試合に登板して防御率8.00被打率.308奪三振率6.7与四死球率2.7です。

3A通算では109試合に登板して57先発、防御率4.16被打率.234奪三振率10.3与四死球率4.2でした。またフライ率が37%(MLB平均23%)と非常に高いフライボーラーです。

投手としての特徴は「回転数が多いストレート」「落差の大きい高速チェンジアップ」「球持ちが良い」「フライ率が高い」「被本塁打が少ない」などがあげられます。

やきゅまる
やきゅまる
フライ率は高いわりには被本塁打は少ない

2. 球種・投球割合

持ち球は4球種

ライネル・エスピナル投手の年別投球割合(MLB2021-2022年)
ライネル・エスピナル投手の年別投球割合
(MLB2021-2022年)

持ち球はストレートツーシー厶チェンジアップスライダーの4球種です。

ただし、2022年はツーシー厶を投球していません

左にチェンジアップを多投

ライネル・エスピナル投手の左右投球割合(MLB2022年)
ライネル・エスピナル投手の左右投球割合
(MLB2021-2022年)

上図は左右別投球割合で、色が球種を表しています。

右打者にストレートスライダーを多投し、左打者にチェンジアップを多投しています。

やきゅまる
やきゅまる
オーソドックスな投球割合だね

スライダーはカウント球

ライネル・エスピナル投手のカウント状況別投球割合(MLB2021-2022年)
ライネル・エスピナル投手のカウント状況別投球割合
(MLB2021-2022年)

スライダーはカウント球として使用していますが決め球としてはほとんど使用していません。

チェンジアップは決め球ですが、左打者にはカウント球としても使用しています。

やきゅまる
やきゅまる
スライダーが決め球として使えると幅が拡がりそう

3. コース

高めのストレート低めのチェンジアップ

ライネル・エスピナル投手のベース上の位置(MLB2021-2022年)
ライネル・エスピナル投手のベース上の位置
(MLB2021-2022年)

高めのストレート低めのチェンジアップが投球の軸です。

スライダーは左右ともにアウトコースに投球しています。

やきゅまる
やきゅまる
ゾーン右下にスライダーが決まられると打ちにくそう

右のゾーン内は打たれてる

ライネル・エスピナル投手のコース別成績(MLB2021-2022年)
ライネル・エスピナル投手のコース別成績
(MLB2021-2022年)

右打者のゾーン内は打たれています。やはりアウトローにスライダーが重要になりそうです。

一方、左打者のインハイのストレート、低めのチェンジアップは打たれていません。

やきゅまる
やきゅまる
右打者には特にスライダーが重要になりそう

4. 各成績

対右打者が得意

ライネル・エスピナル投手の対左右成績(3A2018-2022年)
ライネル・エスピナル投手の対左右成績
(3A2018-2022年)

MLBは打数が少ないので3Aの通算成績です。

左打者に比べると右打者の被打率.222被OPS.693右打者に強いです。

やきゅまる
やきゅまる
やや左打者に強い感じだね

対ピンチに強い

ライネル・エスピナル投手の得点圏成績(3A2018-2022年)
ライネル・エスピナル投手の得点圏成績
(3A2018-2022年)

MLBは打数が少ないので3Aの通算成績です。

得点圏の被打率.223被OPS.676と低く、対ピンチに強いです。

やきゅまる
やきゅまる
ピンチに強いのはいいね

チェンジアップが優秀

ライネル・エスピナル投手の球種別成績(MLB2021-2022年)
ライネル・エスピナル投手の球種別成績
(MLB2021-2022年)

左はOPSのグラフ、右は空振りなどのグラフ、下は球種別の成績です。

チェンジアップはストライク率67%と高く、被打率.200と低い上に空振率23%と高く優秀です。

全体のゾーン内率48%と低いですが、ストライク率は63%あるのでボール球を上手く振らせています

やきゅまる
やきゅまる
打数が少ないから参考程度だね

5. リリースポイント

リリースが低く球持ち○

ライネル・エスピナル投手のリリースポイント(MLB2021-2022年)
ライネル・エスピナル投手のリリースポイント
(MLB2021-2022年)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。△はMLB平均のリリースポイントです。

全体的にMLB平均よりリリースは約20cm三塁側で、ストレート約20cm低いです。

スライダーチェンジアップはMLB平均の高さで、ストレートとはリリース位置が異なります。

球持ちは良いです。

6. 球速と回転数

平均球速149.1km/h、最高153.0km/h

ライネル・エスピナル投手の球速・回転数(MLB2021-2022年)
ライネル・エスピナル投手の球速・回転数
(MLB2021-2022年)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、△はMLB平均を表しています。

ストレート平均球速は149.1km/hNPB平均よりも速く、回転数は2406回転と回転数が非常に多いです。

ツーシームも同様の傾向です。

チェンジアップは平均140.4km/hと高速で、回転数が少ないです。

スライダーもMLB平均より遅く、回転数が少ないです。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートの回転数を考えると、スライダーの回転数はもっと上げられそう

平均149km/h前後は期待出来る

ライネル・エスピナル投手の年別平均球速・回転数
ライネル・エスピナル投手の年別平均球速・回転数

2021〜2022年は平均球速は149km/h前後でした。

やきゅまる
やきゅまる
セ・リーグ先発ではかなり速い部類

7. 変化量

回転軸

ライネル・エスピナル投手の回転軸(MLB2021-2022年)
ライネル・エスピナル投手の回転軸
(MLB2021-2022年)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、点線はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

スライダーの回転軸はカットボールに近いです。

チェンジアップは変化量大

ライネル・エスピナル投手の変化量(MLB2022年)
ライネル・エスピナル投手の変化量
(MLB2022年)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、△はMLB平均を表しています。

ストレートはシュート成分が33cmもあり、シュート回転です。

ツーシームは縦変化量が多く、シュートのようなボールです。

チェンジアップはMLB平均より変化量が大きいです。

スライダーとした球種は回転軸や変化量的にはカットボールに近いボールで、横変化量が小さいです。

やきゅまる
やきゅまる
全体的にシュート成分が強いからスライダーをもっと曲げたいね

まとめ

ライネル・エスピナル投手の総評
ライネル・エスピナル投手の総評
まとめ

①3A通算で防御率4.16、被打率.234、奪三振率10.3、与四死球率4.2
②被本塁打が少ない
③フライボーラー
⇒フライ率37%(MLB平均23%)
④持ち球は4球種
⑤左にチェンジアップを多投
⑥スライダーはカウント球
⑦高めにストレート、低めにチェンジアップ
⑧対右打者○(3Aで対右.222)
⑨対ピンチ○(3Aで得点圏.223)
⑩チェンジアップは優秀(被打率.200、ストライク率67%、空振率23%)
⑪ストレートのリリース位置が低い
⑫ストレートと変化球のリリースが異なる
⑬球持ち○
⑭平均球速149.1km/h、最高153.0km/h
⑮ストレートは回転数とシュート成分大
⑯チェンジアップは平均140km/hと高速で変化量大
⑰スライダーはカットボールに近いボールで回転数少

エスピナル投手は「回転数が多いストレート」と「落差の大きい高速チェンジアップ」が武器の長身右腕です。

MLB通算で3試合に登板して防御率8.00被打率.308奪三振率6.7与四死球率2.7です。

3A通算では109試合に登板して57先発、防御率4.16被打率.234奪三振率10.3与四死球率4.2でした。またフライ率が37%(MLB平均23%)と非常に高いフライボーラーです。

投手としての特徴は「回転数が多いストレート」「落差の大きい高速チェンジアップ」「球持ちが良い」「フライ率が高い」「被本塁打が少ない」などがあげられます。