第307回 【DeNA】2023年新外国人J.B.ウェンデルケン投手の投球分析

J.B.ウェンデルケン投手の総評
J.B.ウェンデルケン投手の総評

2022年11月28日、横浜DeNAベイスターズが新外国人選手として前ダイヤモンドバックスのJ.B.ウェンデルケン選手(29)を獲得したと発表しました。

J.B.ウェンデルケン投手は回転数が多いキレのあるボールを投げ込む平均球速153km/hの剛腕リリーフです。

今回はそんな「【DeNA】2023年新外国人J.B.ウェンデルケン投手の投球分析」を紹介します。

Baseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

2023年新外国人の記事一覧

1. 基本情報

メジャー経験豊富な剛腕リリーフ

所属球団オークランド・アスレチックス (2016 – 2021)
アリゾナ・ダイヤモンドバックス (2021 – 2022)
ポジションリリーフ
投打右投右打
生年月日1993年3月24日(29歳)
身長195.6 cm
体重111.1 kg
基本情報

3Aでの奪三振率が高い

J.B.ウェンデルケン投手の年度別成績
J.B.ウェンデルケン投手の年度別成績
J.B.ウェンデルケン投手の被打球種類(MLB2016-2022年)
J.B.ウェンデルケン投手の被打球種類
(MLB2016-2022年)

MLB通算で144試合に登板して防御率4.00被打率.223奪三振率8.5与四死球率4.1です。またフライ率が27%(MLB平均22.5%)と高いフライボーラーです。

3A通算で127試合に登板して2先発、防御率3.98被打率.236奪三振率11.5与四死球率4.4でした。

投手としての特徴は「球速が速い」「回転数が多い」「変化量が大きい」「被本塁打が少ない」などがあげられます。

やきゅまる
やきゅまる
今季MLBで奪三振率が下がっているのが気になるね

2. 球種・投球割合

持ち球は5球種

J.B.ウェンデルケン投手の年別投球割合(MLB2016-2022年)
J.B.ウェンデルケン投手の年別投球割合
(MLB2016-2022年)

持ち球はストレートツーシームチェンジアップスライダーカーブの5球種です。

ただし、2022年はカーブをあまり投球していません

やきゅまる
やきゅまる
半分はストレートだね

右にツーシームスライダー、左にストレートチェンジアップ

J.B.ウェンデルケン投手の左右投球割合(MLB2022年)
J.B.ウェンデルケン投手の左右投球割合
(MLB2022年)

上図は左右別投球割合で、色が球種を表しています。

右打者にツーシームスライダー、左打者にストレートチェンジアップの投球が多くなっています。

やきゅまる
やきゅまる
オーソドックスな傾向だね

ツーシームはカウント球、チェンジアップは決め球

J.B.ウェンデルケン投手のカウント状況別投球割合(MLB2022年)
J.B.ウェンデルケン投手のカウント状況別投球割合
(MLB2022年)

ツーシームはカウント球、チェンジアップは決め球に使用しています。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートとスライダーはどちらにも使っているね

3. コース

左打者にはインハイのストレートとアウトローのチェンジアップ

J.B.ウェンデルケン投手のベース上の位置(MLB2022年)
J.B.ウェンデルケン投手のベース上の位置
(MLB2022年)

右打者にはアウトローのスライダーストレート、左打者にはインハイのストレートとアウトローのチェンジアップの投球が多くて空振りも奪っています。

やきゅまる
やきゅまる
高めのストレートは少ないね

左右ともにアウトロー〇

J.B.ウェンデルケン投手のコース別成績(MLB2016-2022年)
J.B.ウェンデルケン投手のコース別成績
(MLB2016-2022年)

左右ともにアウトローの成績が良いです。

やきゅまる
やきゅまる
左のインハイもいいね

4. 各成績

対左打者○

J.B.ウェンデルケン投手の対左右成績(MLB2016-2022年)
J.B.ウェンデルケン投手の対左右成績
(MLB2016-2022年)

左打者の被打率.218被OPS.637左打者に強いです。

今季3Aでも左打者の被打率.100と対左打者の成績が良いです。

やきゅまる
やきゅまる
対左打者に強いのはいいね

対ピンチに弱い

J.B.ウェンデルケン投手の得点圏成績(MLB2016-2022年)
J.B.ウェンデルケン投手の得点圏成績
(MLB2016-2022年)

得点圏の被打率.255被OPS.778と高く、対ピンチに弱いです。

今季3Aでも得点圏被打率.238、その他.098と得点圏で打たれています。

ツーシーム以外は優秀

J.B.ウェンデルケン投手の球種別成績(MLB2016-2022年)
J.B.ウェンデルケン投手の球種別成績
(MLB2016-2022年)

左はOPSのグラフ、右は空振りなどのグラフ、下は球種別の成績です。

ツーシームは被OPS1.004と打たれていますが、それ以外のボールは被OPS.700以下と優秀です。

特にストレートはゾーン内率58%とストライクゾーン内で勝負しているにも関わらず、被打率.222と優秀です。

チェンジアップは左打者、スライダーは右打者から奪三振を多く奪っています。

全体のゾーン内率51%と高いにも関わらず、ストライク率は62%しかありません。

やきゅまる
やきゅまる
ボール球をもっと振らせたいね

5. リリースポイント

たまにリリース位置変化

J.B.ウェンデルケン投手のリリースポイント(MLB2022年)
J.B.ウェンデルケン投手のリリースポイント
(MLB2022年)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。△はMLB平均のリリースポイントです。

基本的にはMLB平均よりリリースは約20cm三塁側ですが、たまに約20cm一塁側になります。

球持ちは普通です。

6. 球速と回転数

平均球速152.9km/h、最高156.9km/h

J.B.ウェンデルケン投手の球速・回転数(MLB2022年)
J.B.ウェンデルケン投手の球速・回転数
(MLB2022年)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、△はMLB平均を表しています。

ストレート平均球速は152.9km/hでMLB平均(151.4km/h)よりも速く、全球がNPB平均よりも速かったです。回転数は2442回転と非常に回転数が多いです。

ツーシームスライダーカーブも同様の傾向です。

チェンジアップはMLB平均より回転数が少ないです。

やきゅまる
やきゅまる
球速と回転数は優秀だね

平均152km/hを期待出来る

J.B.ウェンデルケン投手の年別平均球速・回転数
J.B.ウェンデルケン投手の年別平均球速・回転数

2016年は平均球速150.5km/hでしたが、TJ手術後の2018〜2022年は平均球速は152km/h前後で安定しています。

回転数も2400回転前後で安定しています。

やきゅまる
やきゅまる
少なくとも平均150km/h以上の球速は期待出来そう

7. 変化量

回転軸

J.B.ウェンデルケン投手の回転軸(MLB2020-2022年)
J.B.ウェンデルケン投手の回転軸
(MLB2020-2022年)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、点線はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

真っスラ、変化球は変化量大

J.B.ウェンデルケン投手の変化量(MLB2022年)
J.B.ウェンデルケン投手の変化量
(MLB2022年)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、△はMLB平均を表しています。

ストレートは横変化量が-8cmと真っスラです。

ツーシームチェンジアップカーブはMLB平均より変化量が大きいです。

スライダーは回転は4シームで縦変化量が大きい縦スラタイプです。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートは回転数が多いけど真っスラなんだね

まとめ

J.B.ウェンデルケン投手の総評
J.B.ウェンデルケン投手の総評
まとめ

①MLB通算で防御率4.00、被打率.223、奪三振率8.5、与四死球率4.1
②持ち球は5球種
③被本塁打が少ない
④フライ率27%(MLB平均22.5%)
⑤ストレート多投(52%)
⑥右にツーシームとスライダーを多投
⑦左にストレートとチェンジアップを多投
⑧アウトロー〇
⑨対左打者〇
⑩ピンチに弱い
⑪たまにリリース位置変化
⑫平均球速152.9km/h、最高156.9km/h
⑬ストレートは回転数が多い真っスラ
⑭変化球全般に高速で変化量大
⑮ツーシーム以外は成績も優秀
⑯スライダーは縦変化量が大きい(縦スラ)

J.B.ウェンデルケン投手は回転数が多いキレのあるボールを投げ込む平均球速153km/hの剛腕リリーフです。

MLB通算で144試合に登板して防御率4.00被打率.223奪三振率8.5与四死球率4.1です。またフライ率が27%(MLB平均22.5%)と高いフライボーラーです。

3A通算で127試合に登板して2先発、防御率3.98被打率.236奪三振率11.5与四死球率4.4と奪三振率が非常に高いです。

投手としての特徴は「球速が速い」「回転数が多い」「変化量が大きい」「被本塁打が少ない」などがあげられます。

ストレート平均球速は152.9km/hでMLB平均(151.4km/h)よりも速く、2442回転と非常に回転数が多い真っスラです。

変化球は全て変化量が大きいです。

やきゅまる
やきゅまる
日本のボールだとストレートのホップ成分が増えて三振をもっと奪いそうだね