第107回 【完全二刀流】大谷翔平投手の159km/hのカットボール?(2021年6月11日投球分析)

現地時間6月11日(日本時間12日)にインターリーグのダイヤモンドバックス戦に出場、ナ・リーグ主催ゲームのためDH制は無く、投打のリアル二刀流の「2番投手」で先発しました。

投手としては5回5安打2失点(自責1)、8奪三振3四死球と好投しましたが、勝敗は付きませんでした。

打者としては2本の二塁打で4打数2安打1打点でした。6回裏は右翼の守備に回り、7回表の第4打席を迎えると7回裏の守備からベンチに下がりました。

3回に自打球が当たり、痛みに耐えながらプレーを続行して好投しましたが、5回に2つの「ボーク」と振り逃げなどで2失点したのが勿体なかったです。個人的には2つともボークじゃないと思いますが、ルールが曖昧で審判の裁量が大きいので仕方ないとは思いました。

今回はそんな「大谷翔平投手の2021年6月11日投球分析」を紹介します。データはBaseball Savantを使用します。過去の投球分析については下記を参照して下さい。

大谷翔平投手の過去記事一覧

やきゅまる
やきゅまる
抗議したから、二つ目のボークは無理矢理取った感じだったね

1. ストレートを多投

日別投球割合(2021年)

大谷翔平投手の日別投球割合(2021年)
大谷翔平投手の日別投球割合(2021年)

上図は2021年の登板日別の投球割合です。

前回は45%だったストレートを76%と多投しました。これは今季1番の比率です。

スラッター、カーブは一球も投げませんでした

やきゅまる
やきゅまる
こんなにストレートばっかりでよく抑えられるね

左右別投球割合

大谷翔平投手の左右投球割合(2021年6月11日)
大谷翔平投手の左右投球割合(2021年6月11日)

上図は6月11日の左右別の投球割合です。

左右問わず、ストレートがほとんどでした。スライダーは右打者のみでした。

回別投球割合

大谷翔平投手の回別投球割合(2021年6月11日)
大谷翔平投手の回別投球割合(2021年6月11日)

上図は6月11日の回別投球割合です。

初回にフォークを多投してからは、ほぼストレートです。

スライダーは4回にしか投げていませんでした。

2. 球速は回復傾向

球速・回転数(前回までとの比較)

大谷翔平投手の球速・回転数(2021年6月11日)
大谷翔平投手の球速・回転数(2021年6月11日)

6月11日は平均153.3km/h最高球速160.3km/hでした。久しぶりに160km/hを超えるボールもあり、全体的に球威がありました。

回別平均球速

大谷翔平投手の回別平均球速(2021年6月11日)

5回まではストレートの球速が安定しています。球数も多くないので、もう1イニング投げても良かったとは思います。

前回6回に疲労で球速が落ちたことが考慮されたのかも知れません。

日別平均球速

大谷翔平投手の日別平均球速(2021年)
大谷翔平投手の日別平均球速(2021年)

上図は2021年の登板日別の平均球速です。

球速が急激に減速した5月19日からストレートの球速は徐々に回復傾向です。

やきゅまる
やきゅまる
やっぱり平均155km以上の投球を早く見たいね

3. 今回も左打者に打たれた

対左右成績

大谷翔平投手の対左右成績(2021年6月11日)
大谷翔平投手の対左右成績(2021年6月11日)

左が前回まで、右が6月11日の対左右の成績です。

今回も左打者を並べられて、左打者に打たれました。ただ、6月11日はヒットは得点に繋がってないので、あまり気にする必要はないかも知れません。

球種成績

大谷翔平投手の球種別成績(2021年6月11日)
大谷翔平投手の球種別成績(2021年6月11日)

上が前回まで、下が6月11日の球種別被打率です。

やはりストレートの投球割合が多いので、左打者に打たれました。また珍しくフォークも打たれました

4. ストレートがほぼカットボール

大谷翔平投手の変化量(2021年6月11日)
大谷翔平投手の変化量(2021年6月11日)

上図は「前回までの2021年の平均」、「今回(6月11日)」の変化量です。

前回はシュートライズするストレートが多かったですが、今回はスライドしながら沈むカットボールのような変化量が多いです。

あまりの変化量のため、「159km/hのカットボール」として記事やツイートになっていました。

意図的にシュートライズとこのカットボールのようなストレートを投げられるようになると、大谷投手の球威ならストレートだけで抑えられそうです。

やきゅまる
やきゅまる
下の左打者の膝元のはヤバいね
https://twitter.com/PitchingNinja/status/1403543977731706881?s=19
【動画】「痛めた膝で」「信じられない」と米ファン驚き! 自打球直後、大谷が投じた159キロカットボールの実際の瞬間

5. フォークのリリースがオーバー気味

大谷翔平投手のリリースポイント(2021年6月11日)
大谷翔平投手のリリースポイント(2021年6月11日)

上図は「前回までの2021年の平均」、「今回(6月11日)」のリリースポイントです。

ストレート、スライダーはいつもと同じくらいのリリースポイントでしたが、フォークのリリースポイントがオーバー気味でした。

6. まとめ

2021年6月11日投球分析のまとめ

①ストレートを76%と多投
②スラッター、カーブは封印
③平均球速153.3km/h、最高球速160.3km/h
④5回まで球速は安定
⑤ストレートがカットボールのような変化量

今回は「大谷翔平投手の2021年6月11日投球分析」を紹介しました。

今回(6月11日)はストレートを76%と多投し、スラッター、カーブは封印していました。

ストレートの投球割合が多かったので、次回登板は変化球主体の投球になりそうです。

球速が回復傾向で、制球力も安定しているので、次回登板の17日(日本時間18日)の本拠地・タイガース戦が楽しみです。

やきゅまる
やきゅまる
登板を重ねる度に、どんどん良くなってるね