第279回 【大谷翔平】今季最多111球で8回1失点(2022年9月3日投球分析)

2022年9月26日

大谷翔平投手の投球内容(2022年9月3日)
大谷翔平投手の投球内容(2022年9月3日)

2022年9月3日、大谷翔平投手(28)が本拠地エンゼルス・スタジアムでのアストロズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。

8回を投げて今季最多111球、被安打6、四死球0、奪三振5、失点1と好投しましたが勝敗はつきませんでした

今回はそんな「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年9月3日投球分析」を紹介します。

大谷翔平投手の投球分析の過去記事

データはBaseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

やきゅまる
やきゅまる
ツーシームが良かったね

1. 球種・投球割合

ツーシームスライダーを多投

大谷翔平投手の日別投球割合(2022年9月3日)
大谷翔平投手の日別投球割合
(2022年9月3日)

今回はストレートツーシームフォークスラッタースライダーカーブ6球種を投球しました。

いつもよりツーシーム18%スライダー53%と多投しました。

スプリームは投げませんでした。

※当ブログでは「カットボールをスラッター」と「第二のスプリットをスプリーム」と呼称しています。詳細は過去記事を参照して下さい。

やきゅまる
やきゅまる
右打者が多かったからスライダーを多投したね

右打者にはほぼツーシームスライダー

大谷翔平投手の左右投球割合(2022年9月3日)
大谷翔平投手の左右投球割合
(2022年9月3日)

上は前回登板までの2022年平均、下は今回の左右投球割合です。

右打者にはほぼツーシームスライダーでした。

左打者には6球種をバランス良く投球しました。

やきゅまる
やきゅまる
左打者にもツーシームを投げたね

2. コース

左打者のツーシームはゾーン外

大谷翔平投手のベース上の位置(2022年9月3日)
大谷翔平投手のベース上の位置
(2022年9月3日)

右打者はいつもよりスライダーが真ん中に集まっていました。アウトコースが少なかった分、空振りが少なかったと考えられます。

また制球が課題だったツーシームはインローに多く決まってます。ヒットは2本とも詰まった打球が内野の間を抜けただけで良いボールでした。

ただし、左打者にはツーシームフォークがゾーン内に決まらなかったのは課題です。

やきゅまる
やきゅまる
右打者の方がツーシームを投げやすいタイプなんだね

3. 各成績

左右差なし

大谷翔平投手の左右別成績(2022年9月3日)
大谷翔平投手の左右別成績
(2022年9月3日)

上図は今回、前回登板までの2022年平均MLB右投手平均の左右別被OPSです。

今回は被打率、奪三振など、あまり左右差がありませんでした。

やきゅまる
やきゅまる
シーズン全体では左打者の方が打たれてるね

ツーシームで見逃し8個

大谷翔平投手の球種別成績(2022年9月3日)
大谷翔平投手の球種別成績
(2022年9月3日)

1番打たれていたストレートですがツーシーム効果なのか、被安打0と成績が良かったです。

制球が課題だったツーシームストライク率65%ゾーン内率50%と制球が良かったです。また見逃しが8個と、打者が反応出来ていませんでした。

多投したスライダーは被安打が低く、空振りを多く奪いました。

全体でストライク率72%(前回66%)、ゾーン内率54%(前回53%)、5球種でストライク率50%以上とバランス良くストライクを取れました。

空振りは12個(前回17個)と、いつもよりは少なかったです。

やきゅまる
やきゅまる
そりゃ情報が無い162km/hのツーシームとか反応出来ないよね

4. リリースポイント

ツーシームはリリース位置が下がってない

大谷翔平投手のリリースポイント(2022年9月3日)
大谷翔平投手のリリースポイント
(2022年9月3日)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。◇は2022年平均△はMLB平均です。

全球種のリリース位置はいつもより一塁側でした。これは腕が振れてないわけではなく、立ち位置が一塁側だったからと考えられます。

普通は肘や手首が下がりやすいツーシームストレートより横か下から投げる投手が多いですが、大谷翔平投手の場合はツーシームストレートが同じくらいです。

やきゅまる
やきゅまる
大谷投手の場合、ツーシームによってフォームに悪影響は出なさそうだね

5. 球速と回転数

平均球速157.7km/h、最高161.6km/h

大谷翔平投手の球速・回転数(2022年9月3日)
大谷翔平投手の球速・回転数
(2022年9月3日)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、◇は2022年平均△はMLB平均を表しています。

ストレート平均球速157.7km/h最高球速161.6km/h回転数は2198回転でした。

カーブは球速が遅いスローカーブと、球速が速く回転数が多いパワーカーブ2種類を投げ分けていました。

回転数は平均くらい

大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移(2022年9月3日まで)
大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移
(2022年9月3日まで)

ストレート平均球速157.7km/hで、今季の中では7番目に球速が出ていました。

回転数は2198回転で平均くらいでした。

やきゅまる
やきゅまる
もしかしたらツーシームによって、ストレートに良い影響があるのかも

8回まで球速を維持

大谷翔平投手の回別平均球速(2022年9月3日)
大谷翔平投手の回別平均球速
(2022年9月3日)

8回でも159.6km/hと最後まで球速を維持しました。

6. 回転軸と変化量

回転軸

大谷翔平投手の回転軸(2022年9月3日)
大谷翔平投手の回転軸
(2022年9月3日)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、◇は2022年点線はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

やきゅまる
やきゅまる
測定ミスなのか何球か外れ値があるね

ツーシームの変化量大

大谷翔平投手の変化量(2022年9月3日)
大谷翔平投手の変化量
(2022年9月3日)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、◇は2022年△はMLB平均を表しています。

いつもは真っスラ気味のストレートはシュート成分が多かったです。

ツーシームMLB平均よりも変化量が大きいです。

フォークは1球変化量が小さいボールがありましたが、それ以外は変化量が安定していました。

多投したスライダー変化量が安定しています。

スラッターカーブはいつもより変化量が小さいです。

やきゅまる
やきゅまる
ツーシームの変化量はまだ安定してないね

まとめ

大谷翔平投手の投球内容とコース(2022年9月3日)
大谷翔平投手の投球内容とコース
(2022年9月3日)
まとめ

①ツーシームとスライダー多投
②ツーシームは左打者への制球✕
③ツーシームで見逃し8個
④ツーシームは最高161.9km/h
⑤ツーシームの変化量大
⑥スライダーの変化量安定

【ストレート】
平均球速157.7km/h
最高161.6km/h
平均2198回転
ホップ量36cm、シュート成分11cm

今回は「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年9月3日投球分析」を紹介しました。

8回を投げて今季最多111球、被安打6、四死球0、奪三振、失点1と好投しましたが勝敗はつきませんでした

いつもよりツーシーム18%スライダー53%と多投しました。

ツーシーム最高161.9km/hで、MLB平均よりも変化量が大きいため、見逃しを8個も奪いました。しかし、左打者には2球ともゾーン外に大きく外れており、まだまだ左打者への制球は課題です。

多投したスライダーは被安打が低く、空振りを多く奪いました。ただいつもより真ん中付近へのボールが多く、アウトコースに投げきれればもっと空振りを量産しそうです。

ストレート平均球速157.7km/h最高球速161.6km/h回転数は2198回転で被安打0でした。

どんどんツーシームが良くなってきているので、次回登板が楽しみです。