第152回 【プロ野球】佐々木朗希投手がCS初登板でプロ最速159キロ連発(2021年11月6日投球分析)

2021年11月22日

11月6日、楽天とのCS第一戦で先発しました。

6回を96球4安打1失点10奪三振2四球の投球内容でした。

初回から159km/hを連発するなど圧倒的な投球でした。

今回はそんな「佐々木朗希投手がCS初登板でプロ最速159キロ連発(2021年11月6日投球分析)」を紹介します。

使用するデータはスポナビライブのデータです。過去の佐々木朗希投手の投球分析については下記を参考にして下さい。

佐々木朗希投手の過去記事一覧

やきゅまる
やきゅまる
高卒2年目だけど、もう球界トップレベルの投手だね

1. 対左右成績

佐々木朗希投手の対左右成績(2021年11月6日)
佐々木朗希投手の対左右成績(2021年11月6日)

左は2021年、右は今回(11月6日)の対左右成績です。

レギュラーシーズンで左打者の方がOPSが高かったので、楽天はスタメンの7人が左打者でした。

その成果か、楽天は左打者が2塁打を3本も打ちました。

一方、右打者は完璧に抑え、三振も4個も奪いました

やきゅまる
やきゅまる
浅村選手への投球は完璧だったね

2. 投球割合

日別投球割合

佐々木朗希投手の日別投球割合(2021年)
佐々木朗希投手の日別投球割合(2021年)

上図は2021年の日別投球割合で、グラフ内の数字は投球数です。

今回はスライダーが少なく、ほとんどストレートフォークのツーピッチでした。

今回もチェンジアップは投げませんでした。

やきゅまる
やきゅまる
ただフォークは何種類かを投げ分けてそう

対左右投球割合

佐々木朗希投手の対左右投球割合(2021年11月6日)
佐々木朗希投手の対左右投球割合(2021年11月6日)

上は2021年、下は今回(11月6日)の対左右投球割合です。

今回は左打者にはストレートフォークのツーピッチでした。

右打者にはスライダーを含めた投球で、ほぼレギュラーシーズンと同じ割合でした。

やきゅまる
やきゅまる
今日の球威ならストレートとフォークで十分だったね

回別投球数

佐々木朗希投手の回別投球数(2021年11月6日)
佐々木朗希投手の回別投球数(2021年11月6日)

ストライクゾーンにどんどん投げ込んでいましたが、2回と3回はピンチを作った分だけ投球数が少し多くなってしまいました。

この分が無ければ7~8回まで投げれそうでした。

3. コース別

コース別投球数

佐々木朗希投手のコース別投球数(2021年11月6日)
佐々木朗希投手のコース別投球数(2021年11月6日)

右打者には全球種がアウトコースに多く制球されています

左打者にはストレートは真ん中付近に集まっていました。フォークは外寄りの低めに集まっていましたが、カウントを取る球は高めにも決まっていました。

やきゅまる
やきゅまる
真ん中に集まっても打たれない球威があったね

コース別被安打

佐々木朗希投手のコース別被安打(2021年11月6日)
佐々木朗希投手のコース別被安打(2021年11月6日)

低めのフォークは打ち取った当たりが内野安打になっただけなので、打たれたのは真ん中付近の甘いボールばかりでした。

コース別奪三振

佐々木朗希投手のコース別奪三振(2021年11月6日)
佐々木朗希投手のコース別奪三振(2021年11月6日)

今回も低めのフォークで多く三振を奪いました。

右の浅村選手からはシュートしたストレートで、アウトローにバックドアで2個の見逃し三振を奪いました。

4. 球種別成績

佐々木朗希投手の球種別成績(2021年11月6日)
佐々木朗希投手の球種別成績(2021年11月6日)

上は2021年、下は今回(11月6日)の球種別成績です。

レギュラーシーズンとは違い、ストレートがあまり打たれませんでした。フォークはいつも通り打たれず、三振を多く奪いました

やきゅまる
やきゅまる
シーズン終盤からストレートで空振りを奪えるようになってきたね

5. 球速

日別球速

佐々木朗希投手の日別球速(2021年)
佐々木朗希投手の日別球速(2021年)

注目の球速は平均球速155.1km/h最高球速159km/h、最低球速151km/hでした。この平均球速は千賀投手を超えてNPB先発1位相当MLBでも19位相当の球速です。

また今回は走者ありの球速が155.9km/hとピンチでさらに球速が上がりました。ピンチになると球速が上がるのは、球界のエースの特徴なので、どんどん成長している証拠だと思います。

やきゅまる
やきゅまる
平均球速、最高球速がどんどん上がっていくね

全球種の球速帯

佐々木朗希投手の球速帯(2021年11月6日)
佐々木朗希投手の球速帯(2021年11月6日)

上は2021年、下は今回(11月6日)の球速帯です。

今回はストレートは159km/hを連発していて半分以上が150台後半でした。フォークも140km/h台前半が多かったです。

変化球とストレートの間に球速帯の谷間(145~150km/h)があるので、大谷投手みたいにカットボール(スラッター)を投げれると投球の幅が拡がりそうです。

やきゅまる
やきゅまる
今のスライダーもカットボール(スラッター)に近い変化だけどね

回別平均球速

佐々木朗希投手の回別平均球速(2021年11月6日)
佐々木朗希投手の回別平均球速(2021年11月6日)

今回は回を重ねても球速が低下しませんでした。4回までは球速が減っていっていますが、5回と6回でも約154km/hと速かったです。

やきゅまる
やきゅまる
シーズン終盤は球速維持が出来ているね

まとめ

まとめ

①ほぼストレートとフォークのツーピッチ
②右打者にはアウトコース
③平均球速155.1km/h(NPB先発1位相当)
④最高球速159km/h、最低球速151km/h
⑤走者ありで球速上昇
⑥6回まで球速維持

今回は「佐々木朗希投手がCS初登板でプロ最速159キロ連発(2021年11月6日投球分析)」を紹介しました。

相手が左打者を並べた結果、ほぼストレートとフォークのツーピッチでした。ただストレートの平均球速155.1km/h高球速159km/hとプロ入り後最速だったので、2球種でも相手をねじ伏せていました。

チームも勝ったので、CSファイナルでの投球も期待したいです。