第174回 【マーリンズ】イチロー投手の投球分析(2015年トラックマンデータ)

2021年12月21日

2021年12月18日、日米球界のレジェンドのイチロー投手(48)が、ほっともっと神戸で高校女子硬式野球選抜チームとのエキシビションマッチに登板。9回を147球、4安打、4四死球17奪三振無失点完封最速は135km/hでした。

ストレート以外にスライダー、ツーシームの変化球も投じたとの報道もありましたが、トラックマン等では計測されていないので詳細なデータはありませんでした。

そこで今回は少し古いですが、マーリンズ時代の2015年10月4日にイチロー投手がMLBで投げた時のトラックマンデータを紹介したいと思います。

データはBaseball Savantを使用します。

やきゅまる
やきゅまる
本当は今回の試合を分析したかったんだけどね

2015年10月4日の投球内容

イチロー投手の全投球(MLB・2015年10月4日)

変化球を投げてからは抑えた

イチロー投手の全投球内容(MLB・2015年10月4日)
イチロー投手の全投球内容(MLB・2015年10月4日)

上図は2015年10月4日のイチロー投手の全投球内容です。

打者5人に対して、全18球を投じて2二塁打1失点無四球でした。

球種はストレート、フォーク、スライダーの3球種で、スライダーは回転数が2000回転以下は「抜けスラ」としました。

最初の3人には全てストレートだったので打たれましたが、途中から変化球を投げることで抑えることが出来ました

やきゅまる
やきゅまる
フレディ・ガルビス選手はソフトバンクの新外国人だよ

リリースが低い

イチロー投手のリリースポイント(MLB2015年)
イチロー投手のリリースポイント(MLB2015年)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。△はMLB平均です。

MLB平均に比べて、リリースポイントが25cmも低く、球持ちは20cm短いです。また、全体的にリリースが非常に安定しています。

やきゅまる
やきゅまる
これだけリリースが低いと、高めのストレートが有効になりそう

制球が非常に良い

イチロー投手のベース上の位置(MLB2015年)
イチロー投手のベース上の位置(MLB2015年)

上図は左右打者別のベース上での位置です。

二塁打を打たれた真ん中付近のストレートを除いて、ほとんどの球が枠の近くに投球されています。
特にスライダーの制球は素晴らしく、高めに抜けるボールはありませんでした。

左打者のインハイの1球、右打者のアウトローの2球は、トラックマンではストライクですが、判定はボールでした。審判の判定が難しいほど、良いコースに決まっていたと言えそうです。

やきゅまる
やきゅまる
野手とは思えない制球力だね

平均球速140.6km/h、2181回転

イチロー投手の球速・回転数(MLB2015年)
イチロー投手の球速・回転数(MLB2015年)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、△はMLB平均を表しています。

ストレート平均球速140.6km/h2181回転と、MLB平均よりは10km/hほど遅いですが、回転数はMLB平均並みです。回転数がMLB平均並みというのは、野手ピッチャーとしては非常に珍しいことです。

スライダーに至ってはMLB平均よりも140回転多い2576回転で、「抜けスラ」は2000回転以下でした。

また、フォークも回転数が1349回転としっかり抑えられています。

やきゅまる
やきゅまる
スライダーはかなりキレもありそうだったね

ストレートとフォークはシュート回転、スライダーは変化量が大きい

イチロー投手の変化量(MLB2015年)
イチロー投手の変化量(MLB2015年)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、△はMLB平均を表しています。

ストレートは3球、ホップ成分が少ないボールがありましたが、残りのボールはMLB平均くらいのホップ成分でした。シュート成分は33cmとMLB平均18cmよりもかなり多いです。これはリリースの手首が寝ていたため、回転軸がシュート側に傾いていたためと考えられます。

フォークはホップ成分はMLB平均くらいで、シュート成分は47cmとMLB平均27cmよりもかなり多いです。ストレートとの落差は25cmと大きいです。

スライダードロップ成分4cmスライド成分24cmとMLB平均よりも変化しています。抜けスラの時は変化量が少ないですが、それでもホップ成分1cmスライド成分20cmとMLB平均よりも変化しています。

やきゅまる
やきゅまる
スライダーの変化量がいい感じだね

ピッチトンネルまでの軌道が似ている

イチロー投手の軌道(MLB2015年)
イチロー投手の軌道(MLB2015年)

どの球種もピッチトンネルまでの軌道が似ています

高校女子硬式野球選抜チームとのエキシビションマッチ

【イチロー】女子高校野球選抜に最速135km 17奪三振完封

動画のように、今回のエキシビションだとフォームが縦振りになって、手首が立っているように見えます。そのためシュート成分が減って、さらにノビがある球になってそうです。

また動画の0:54からの投球は、報道にはありませんでしたがカットボールらしきボールも投げていました。

まとめ

まとめ

①打者5人、全18球、2二塁打、1失点、無四球
②変化球を投げてからは抑えた
③ストレート、フォーク、スライダーの3球種
④リリースポイントが25cmも低い
⑤制球が非常に良い
⑥平均球速140.6km/h、2181回転
⑦ストレートはシュート成分33cm
⑧フォークはシュート成分47cm、落差は約25cm
⑨スライダーは2576回転、変化量が多い

今回は「【MLB】イチロー投手の投球分析(2015年トラックマンデータ)」を紹介しました。

投球内容としては打者5人に対して、全18球、2安打、1失点、無四球でした。

持ち球はストレートフォークスライダーの3球種で、スライダーは回転数が2000回転以下は「抜けスラ」が3球ありました。

ストレート平均球速140.6km/h2181回転シュート成分が33cmとシュートに近い球質のボールでした。

フォークは回転数が1349回転としっかり抑えられていて、ストレートの落差が約25cmと大きいです。ただ、残念ながら2球とも大きく外れてしまいました。

スライダー2576回転とキレが良く変化量も大きい上に制球が出来ていたので、一番の武器になりそうな球種です。

リリースが低く、回転数が多く、スライダーのキレが良く、制球が非常に良いので、打者にとっては打ちづらい投手だと思います。

やきゅまる
やきゅまる
今の投球をトラックマンやホークアイなどで見たいな