第34回 【ヤクルト】新外国人サイスニード投手の投球分析

2021年11月22日

今回は「【ヤクルト】新外国人サイスニード投手の投球分析」ということで、
メジャーに在籍していた2020年Baseball Savantのデータを紹介したいと思います。



1. 基本成績

所属球団ヒューストン・アストロズ (2019 – 2020)
⇒東京ヤクルトスワローズ(2021)
ポジションリリーフ・先発
投打右投右打
生年月日1992/10/1
身長193 cm
体重97.5 kg
基本情報
年度別成績
年度別成績
メジャー(MLB)の成績(2020年)
メジャー(MLB)の成績(2020年)

イニングに対して奪三振が多く、与四死球は少し多い
投球の割合が浮き上がるようなカットボールなので右打者の方が相性が良い

2. 投球割合

サイスニード投手の投球割合(全打者)
サイスニード投手の投球割合(全打者)
サイスニード投手の投球割合(右打者)
サイスニード投手の投球割合(右打者)
サイスニード投手の投球割合(左打者)
サイスニード投手の投球割合(左打者)

サイスニード投手がメジャーで投げていたのは、カットボール、チェンジアップ、スライダー、カーブの4球種
チェンジアップはほとんど投げていないので、実質3球種である。
第6回 メジャー(MLB)右投手の球種、投球割合

右打者にはスライダー、左打者にはカーブの割合が高い。

やきゅまる
やきゅまる
浮き上がるようなカットボールが最大の特徴だね

3. コース別投球割合

サイスニード投手のコース別投球割合
サイスニード投手のコース別投球割合

メジャー平均と比べると、右打者にはアウトコースの割合が多い
第7回 メジャー(MLB)右投手のコース別投球割合

カットボール

サイスニード投手のコース別投球割合_カットボール
サイスニード投手のコース別投球割合_カットボール
やきゅまる
やきゅまる
右打者にはアウトハイ、左打者にはインハイが投球の中心

チェンジアップ

サイスニード投手のコース別投球割合_チェンジアップ
サイスニード投手のコース別投球割合_チェンジアップ

スライダー

サイスニード投手のコース別投球割合_スライダー
サイスニード投手のコース別投球割合_スライダー
やきゅまる
やきゅまる
スライダーは右打者にはアウトロー、左打者にはインコース

カーブ

サイスニード投手のコース別投球割合_カーブ
サイスニード投手のコース別投球割合_カーブ

カーブは低めの割合が高い

4. カウント別投球割合

サイスニード投手のカウント別投球割合(右打者)
サイスニード投手のカウント別投球割合(右打者)
サイスニード投手のカウント別投球割合(左打者)
サイスニード投手のカウント別投球割合(左打者)

カットボールはカウント球決め球にも使用している。
スライダーとカーブは2ストライクの方が投球割合が増える
ただし、カーブでは三振を奪っていない。
第8回 メジャー(MLB)右投手のカウント別投球割合

5. 被打率・被本塁打

球種別被打率

球種別被打率(2020年)
球種別被打率(2020年)

カットボールは右打者の被打率が低い
投球割合が多い、スライダーは右打者、カーブは左打者の被打率が低い。

コース別被打率

サイスニード投手のコース別被打率
サイスニード投手のコース別被打率

右打者はインハイとアウトローの被打率が低い
左打者はアウトハイの被打率が低い
第9回 メジャー(MLB)右投手のコース別被打率、被本塁打

やきゅまる
やきゅまる
右打者にはインハイ、左打者にはアウトハイの投球割合を増やした方が良いかも

コース別被本塁打

サイスニード投手のコース別被本塁打

カットボールが被弾している

6. 球速・回転数

サイスニード投手の球速・回転数
サイスニード投手の球速・回転数
サイスニード投手の平均球速・平均回転数
サイスニード投手の平均球速・平均回転数
サイスニード投手の平均球速・平均回転数_表
サイスニード投手の平均球速・平均回転数_表

メジャー平均よりもカットボールはかなり速く、ストレート並みである
スライダーは球速が遅い
全球種、平均回転数は少ない。
第10回 メジャー(MLB)右投手の平均球速・平均回転数

7. 平均リリースポイント・変化量

平均リリースポイント

サイスニード投手の平均リリースポイント
サイスニード投手の平均リリースポイント
サイスニード投手の平均リリースポイント_前後
サイスニード投手の平均リリースポイント_前後
サイスニード投手の平均リリースポイント_表
サイスニード投手の平均リリースポイント_表

リリースポイントはメジャー平均よりも高い
エクステンションはメジャー平均並み
第11回 メジャー(MLB)右投手の平均リリースポイント・平均変化量

変化量

サイスニード投手の変化量
サイスニード投手の変化量
サイスニード投手の平均変化量
サイスニード投手の平均変化量
サイスニード投手の平均変化量_表
サイスニード投手の平均変化量_表

カットボールはホップ成分が多く、カットライズである。
ソフトバンクの森投手、ロッテの唐川投手のカットボールに近い変化である。
メジャー平均のストレートよりもホップ成分が5cmも多いので、打者はかなり浮き上がるように感じる

チェンジアップはシュート成分がほとんどなく、ホップ成分が多い。
スライダーはホップ成分が多く、スライド成分が多いので横に曲がるスライダー
カーブはスライド成分が少なく、ドロップ成分が多いので縦に落ちるカーブ
第11回 メジャー(MLB)右投手の平均リリースポイント・平均変化量

やきゅまる
やきゅまる
カットライズのボールは脅威

8. 軌道

三塁側から見た軌道
三塁側から見た軌道
上から見た軌道
上から見た軌道
捕手目線の軌道
捕手目線の軌道
捕手目線の軌道_ピッチトンネル
捕手目線の軌道_ピッチトンネル

カットボールとスライダーの軌道が似ている
また、チェンジアップとカーブの軌道が似ている
左打者にはもっとチェンジアップの割合を増やすと、カーブが活きてくると思う。
第12回 メジャー(MLB)右投手の軌道シミュレーション

やきゅまる
やきゅまる
カットボールとスライダーのコンビネーションは良さそう

9. 打球の種類比率・リスク管理

サイスニード投手の打球の種類比率
サイスニード投手の打球の種類比率
サイスニード投手のリスク管理
サイスニード投手のリスク管理

カットボールの見逃三振率、空振三振率がかなり高い
スライダーも空振三振率がかなり高い
第13回 メジャー(MLB)右投手の打球種類比率・リスク管理

やきゅまる
やきゅまる
カーブでも三振が獲れると良さそう

10. まとめ

利き手
年齢28
球種の豊富さ2 out of 5 stars (2 / 5)
制球力2 out of 5 stars (2 / 5)
球速4 out of 5 stars (4 / 5)
奪三振能力5 out of 5 stars (5 / 5)
ピッチトンネル4 out of 5 stars (4 / 5)
カットボール4 out of 5 stars (4 / 5)
チェンジアップ1 out of 5 stars (1 / 5)
スライダー4 out of 5 stars (4 / 5)
カーブ2 out of 5 stars (2 / 5)
対左打者2 out of 5 stars (2 / 5)
リリース近さ3 out of 5 stars (3 / 5)
リリース高さ4 out of 5 stars (4 / 5)
球持ち3 out of 5 stars (3 / 5)
各能力の評価

ホップ成分が大きい、ライズカットで三振を多く狙える投手。
カットボールとスライダーのコンビネーションは強力なので、活躍する可能性は高いと思います
左打者にはチェンジアップの比率を高くすることで、カーブが活きそうです。
右打者にはインハイ左打者にはアウトハイの投球割合を増やしても良いと思います。

やきゅまる
やきゅまる
ライズカットがどこまで日本で通用するか楽しみ

成績と投球割合

・奪三振が多く、与四死球は少し多い

・カットボール、チェンジアップ、スライダー、カーブの4球種

・右打者にはスライダー、左打者にはカーブの投球割合が高い

・右打者にはアウトコースの割合が多い

・カットボールはカウント球、決め球にも使用

・スライダーとカーブは2ストライクの方が投球割合が増える

被打率

・カットボールは右打者の被打率が低い

・スライダーは右打者、カーブは左打者の被打率が低い

球速、回転数

・カットボールはかなり速く、ストレート並みである

・スライダーは球速が遅い

・全球種、平均回転数は少ない

リリースポイント、変化量、軌道

・リリースポイントはメジャー平均よりも高い

・エクステンションはメジャー平均並み

・カットボールはホップ成分が多く、カットライズ

・スライダーは横に曲がるスライダー

・カーブは縦に落ちるカーブ

・カットボールとスライダーの軌道が似ている

・チェンジアップとカーブの軌道が似ている