第193回 【千葉ロッテ】佐々木朗希投手が練習試合で最速163キロ・カーブ初解禁(2022年2月19日投球分析)

2022年7月12日

2022年2月19日、佐々木朗希投手が日本ハムとの練習試合(名護)で今季実戦初登板しました。160km/h以上を連発して、プロ最速の163km/hをマークしました。また、カーブをプロ入り後初披露しました。

今回はそんな「【千葉ロッテ】佐々木朗希投手の投球分析(2022年2月19日)」を紹介します。

佐々木朗希投手の過去記事一覧

使用するデータはスポナビライブ日刊スポーツのデータです。

1. 投球内容

ストレートが26球中22球

佐々木朗希投手の全投球内容(2022年2月19日)
佐々木朗希投手の全投球内容(2022年2月19日)

2. 球種・投球割合

スライダーは右、フォークとカーブは左

佐々木朗希投手の対左右投球割合(2022年2月19日)
佐々木朗希投手の対左右投球割合(2022年2月19日)

今回投げたのはストレートフォークスライダーカーブの4球種でした。

スライダーは右打者へ、フォークカーブは左打者に投じました。

やきゅまる
やきゅまる
やっぱりカーブは左打者対策で投げるのかな?

3. 球種別成績

カーブは2球ともボール

佐々木朗希投手の球種別成績(2022年2月19日)
佐々木朗希投手の球種別成績(2022年2月19日)

カーブは2球ともボールでした。

投球数が少ないのですが、いつもより空振りが多く取れていた印象です。

やきゅまる
やきゅまる
ちょっと球数が少なすぎて、何も言えない

4. 球速

平均160.2km/h、最高163km/h

佐々木朗希投手の日別球速(2022年2月19日)
佐々木朗希投手の日別球速(2022年2月19日)

ストレートの平均球速は160.2km/hで、最高は163km/hでした。

また、走者あり、走者なしともに平均160km/h以上で、あまり差がありませんでした。セットポジションも問題なく調整が出来ていそうです。

やきゅまる
やきゅまる
球速表示本当かな? デグロム級だよ(笑)

全球種の球速がデグロム級

佐々木朗希投手の球速帯(2022年2月19日)
佐々木朗希投手の球速帯(2022年2月19日)
佐々木朗希投手の球種別球速(2021年との比較)
佐々木朗希投手の球種別球速(2021年との比較)

カーブが増えると30km/h以上の緩急になります。

2021年と比較すると、3球種とも異常な球速アップです。今日の球速が本当だとすると、MLBトップで防御率1.08のデグロム投手の球速帯と全球種がほぼ一緒です。

やきゅまる
やきゅまる
日本どころかMLBで無双するレベル

初回、2回とも160km/h前後

佐々木朗希投手の回別平均球速(2022年2月19日)
佐々木朗希投手の回別平均球速(2022年2月19日)

初回と2回の球速差があまり無く、回を跨いでも球速が安定していました。

やきゅまる
やきゅまる
順調に調整出来てそう

5. コース別

左打者のストレートが浮いていた

佐々木朗希投手のコース別投球数(2022年2月19日)
佐々木朗希投手のコース別投球数(2022年2月19日)

ストレートは右打者には始めはインハイに浮いていましたが、徐々にアウトローに投げ込めていました。左打者にはアウトハイに浮いていました

捕手がインローに構えてもアウトハイに行っていたので、左打者にはあまり抑えがきいていなかった印象です。ただ、試合後のコメントで「細かいコントロールとかはあまり気にしないで、どんどんストライクゾーンで攻めていこうかなと思っていました」と発言しているので、気にしなくても良さそうです。

カーブはアウトコースに抜けて、2球目はインコースに連続で外れました。

やきゅまる
やきゅまる
今日の球威で低めにも決まりだしたら、打つのは難しいね

投球数が多いところを打たれている

佐々木朗希投手のコース別成績(2022年2月19日)
佐々木朗希投手のコース別成績(2022年2月19日)

まとめ

まとめ

①平均160.2km/h、最高163km/h
②カーブ初投球
③ストレートが26球中22球
④スライダーは148km/h(デグロム級)
⑤カーブは30km/h以上の緩急
⑥左打者のストレートが浮いていた

今回は「【千葉ロッテ】佐々木朗希投手の投球分析(2022年2月19日)」を紹介しました。

ストレート平均160.2km/h最高163km/hと異次元の球速を記録しました。

2021年よりも7km/h以上球速が速くなっているので、「球速表示は本当かな?」というのが本音です。ただ、凄い球威だったので160km/hは出ていたと思います。これが本当だとすると、全球種の球速がデグロム級とMLBでも無双するレベルです。

また、今回はカーブを初解禁しましたが、ストレートとは30km/h以上の緩急でした。カーブは2球ともボールでしたが、2球目はスライダーみたいなキレのある変化でしたので、投球の幅を広げるためにも今後が楽しみなボールです。