第216回 【レンジャーズ】有原航平投手の球種のクセがバレてる?(2021年投球分析)

2022年3月31日

有原航平投手の総評
有原航平投手の総評

レンジャーズ傘下の3Aラウンドロックに所属する有原航平投手は、スプリングトレーニングには招待選手として参加。

2022年3月21日、ガーディアンズとの試合で初登板しましたが、1回2/3を投げ、3安打5失点、2四球という投球内容でした。

2022年3月26日、ロッキーズ戦に登板し、2回6安打5失点とまたもや苦しい投球でした。その後、マイナーキャンプ降格が発表されました。

今回はそんな「【レンジャーズ】有原航平投手の2021年の投球分析」を紹介します。

Baseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

有原航平投手の過去記事

1. 年度別成績

クセがバレている?

有原航平投手の年度別成績
有原航平投手の年度別成績

メジャー1年目の2021年シーズンは開幕から4試合全て3失点以下(2試合無失点)と安定した活躍を見せていました。しかし、2021年4月25日の敵地シカゴでの気温6度と冷え込んだ中での試合では、初回に制球が乱れて4四球と荒れ、2回5失点とKOされました。試合後に「際どい球を見逃していたし、相手は何(球種)が来るか分かっていた」とレンジャーズ監督がコメントした通り、この試合から3試合連続で5失点以上と打ち込まれました。
そして、5月9日に右手中指の打撲で故障者リスト入りすると、右肩動脈瘤が発見されて手術を受けました。

9月1日に復帰しましたが、9月15日に6失点と打ち込まれたことでDFA(戦力外)、マイナー契約になってメジャー1年目の2021年シーズンを終えました。

2021年の成績は防御率6.64被打率.281奪三振率5.3与四死球率3.8でした。

有原航平投手の特徴としては、球速は速くないですが、変化球が多彩で制球力が高い投手です。

やきゅまる
やきゅまる
急に打たれてるから、何かしらのクセでバレているっぽい

2. 球種・投球割合

七色の変化球

有原航平投手の年別・日別投球割合(2021年)
有原航平投手の年別・日別投球割合(2021年)

左は年別、右は日別の投球割合で、色が球種を表しています。

持ち球はストレートツーシームスプリットカットボールチェンジアップスライダーカーブ7球種です。

2021年の球種割合は日本にいた2020年からほとんど変わっていません。

日別の球種割合を見ると、「ストレートが多い日は打たれた」などの球種割合と成績には関係が無さそうです。

やきゅまる
やきゅまる
変化球が多彩なのは、見ていて楽しいよね

右にスライダースプリット、左にカットボールチェンジアップ

有原航平投手の左右投球割合(2021年)
有原航平投手の左右投球割合(2021年)

2021年の左右別投球割合で、色が球種を表しています。

左右共に特定の球種の割合が高くはなっていません。

ただ、右打者にスライダースプリット左打者にカットボールチェンジアップの投球割合が多くなっています。

やきゅまる
やきゅまる
左にカットボールを多く投げるのは珍しいね

右にはスプリット、左にはチェンジアップが決め球

有原航平投手のカウント状況別投球割合(2021年)
有原航平投手のカウント状況別投球割合(2021年)

右にはスプリット左にはチェンジアップが決め球として使用されています。また、左右ともスライダーがその次の決め球に使用しています。

スライダーで右打者から三振が獲れていない

有原航平投手の左右投球割合(2021年)
有原航平投手の左右投球割合(2021年)

右打者には決め球でスライダーを28%も投球しているにも関わらず、奪三振の88%はスプリットが占めています。このことから右打者からスライダーで三振が獲れていないと言えます。

やきゅまる
やきゅまる
右打者へのスライダーに課題

3. 各成績

初球×

有原航平投手のカウント状況別成績(2021年)
有原航平投手のカウント状況別成績(2021年)

2021年は初球に打率.4743本塁打と非常に打たれました。1-0、2-1、3-1などボールが先行した時の被打率はそれほど悪くありません。

やきゅまる
やきゅまる
初球の入り方は課題だね

フライボーラー

有原航平投手の被打球種類比率(2021年)
有原航平投手の被打球種類比率(2021年)

上図は各球種、全体、メジャー平均の被打球種類です。

フライ率31%とかなりのフライボーラーです。

球種別でもツーシーム以外はフライ率が高めです。

やきゅまる
やきゅまる
打たせて取る投手なのに、フライ率が高いのは良くないね

対左打者が得意

有原航平投手の対左右成績(2021年)
有原航平投手の対左右成績(2021年)

対左打者の被打率.250、被OPS.858と、左打者の方が得意としています。ただし、奪三振は右打者の方が多く奪っています。

得点圏でも変わらず

有原航平投手の得点圏成績(2021年)
有原航平投手の得点圏成績(2021年)

得点圏では被打率.289、被長打率.579と、被打率は少し上がりますが、被長打率は少し下がります。あまり得点圏でも差がありません。

やきゅまる
やきゅまる
ピンチに強くもなく、弱くもなく

決め球のスプリットチェンジアップは優秀

有原航平投手の球種別成績(2021年)
有原航平投手の球種別成績(2021年)

上はOPSのグラフ、下は球種別の成績です。

決め球のスプリット(被打率.174)チェンジアップ(被打率.150)と優秀です。

また右にはツーシーム(被打率.231)左にはカットボール(被打率.235)とスライダー(被打率.111)の食い込む方向の成績が良いです。

やきゅまる
やきゅまる

4. リリースポイント

リリース位置が体から約30cm離れていて、約10cm球持ちが良い

有原航平投手のリリースポイント(2021年)
有原航平投手のリリースポイント(2021年)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。△はMLB平均のリリースポイントです。

MLB平均よりリリース位置が体から約30cm離れていて約10cm球持ちが良いです。

やきゅまる
やきゅまる
サイドに近いスリークォーター

5. 球速と回転数

平均球速146.9km/h、2158回転

有原航平投手の球速・回転数(2021年)
有原航平投手の球速・回転数(2021年)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、△はMLB平均を表しています。

全球種、MLB平均より平均球速が約5km/h遅く回転数が100~300回転少ないです。

ストレート平均球速は146.9km/h回転数は2158回転です。

やきゅまる
やきゅまる
もう少し球速は欲しいね

日別平均球速・平均回転数

有原航平投手の日別平均球速・平均回転数(2021年)
有原航平投手の日別平均球速・平均回転数(2021年)

上図は2021年の登板日別の平均球速・平均回転数です。

開幕3試合は平均球速が148km/h以上と球速が出ており、成績も良かったです。しかし、4月25日は143.4km/hまで球速が低下して、その後は146~147km/h前後でした。

回転数は最初と最後の試合以外は2100回転前後と安定しており、粘着物質の取り締まり強化がされた6月21日以降も変化が見られません。このことから、粘着物質の取り締まり強化の影響は無いと考えられます。

やきゅまる
やきゅまる
やっぱり平均球速148km/hは欲しいね

回別平均球速

有原航平投手の回別平均球速(2021年)
有原航平投手の回別平均球速(2021年)

初回は146.7km/h出ており、尻上がりに球速が上昇して5回は148.1km/hまで上がります。しかし、6回は144.4km/hまで急低下しており、スタミナには少し不安があります。

6. 回転軸と変化量

回転軸

有原航平投手の回転軸(2021年)
有原航平投手の回転軸(2021年)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、△はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

チェンジアップはスプリット並の落差

有原航平投手の変化量(2021年)
有原航平投手の変化量(2021年)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、△はMLB平均を表しています。

ストレートは回転軸がシュート方向に傾いており、横変化量-25cmと大きく、シュート回転するボールです。

ツーシームはホップ成分が29cmもあり、シュートに近いボールです。

スプリットは横変化量が-23cmとシュート成分が少なく、ストレートから真下に落ちるボールです。

カットボールは回転軸がストレートに近く、横変化量がほとんど無く、ホップ成分が多いハードカッターです。

チェンジアップはMLB平均より7cmも落ちて、スプリット並に落ちるボールです。

スライダーカーブはMLB平均くらいの変化量です。

やきゅまる
やきゅまる
スプリットとチェンジアップが良い感じの変化量だから、ストレートをもっとホップさせたいね

7. コース別

真ん中付近に集まっている球種は打たれている

有原航平投手のヒートマップ(2021年)
有原航平投手のヒートマップ(2021年)

成績の悪いストレートカットボールは真ん中付近にボールが集まっています。

一方、成績の良いツーシームスプリットチェンジアップはコーナーに集まっています。

やきゅまる
やきゅまる
やっぱり投球コースは大事

右はインハイとアウトロー、左はアウトハイとインロー

有原航平投手のコース別成績(2021年)
有原航平投手のコース別成績(2021年)

右打者にはインハイとアウトロー左打者にはアウトハイとインロー付近の成績が良いです。

左右共にアウトローのボールゾーンは成績が良いですが、そこまで打数が増えていません。3失点以下の試合はこのアウトローのボールゾーンを振ってもらえていますが、5失点以上の試合はほとんど振ってもらえていませんでした。

やきゅまる
やきゅまる
ストライクからボールになる球を振って貰えなくなった

8. 軌道

カットボール、スライダーの軌道が離れている

有原航平投手の軌道(2021年)
有原航平投手の軌道(2021年)

カーブのリリース位置が違うことは多いですが、有原航平投手はカットボールスライダーのリリース位置と軌道がストレートと異なります。もしかしたら、これでカットボールとスライダーを見極められてしまっているのかもしれません。

一方、ストレートツーシームスプリットチェンジアップは軌道が非常に似ています。

やきゅまる
やきゅまる
もしかしたらリリースまでにも、カットボールとスライダーのクセがあるのかも

まとめ

まとめ

①開幕から4試合全て3失点以下(2試合無失点)
②球種(クセ)がバレている?
③七色の変化球
④右にはスプリット、左にはチェンジアップが決め球で優秀
⑤スライダーで右打者から三振が獲れていない
⑥初球×
⑦リリース位置が体から約30cm離れていて、約10cm球持ちが良い
⑧フライボーラー
⑨対左打者が得意
⑩平均球速146.9km/h、2158回転
⑪6回に球速が急低下
⑫ストレートはシュート回転
⑬チェンジアップはスプリット並の落差
⑭真ん中付近に集まっている球種は打たれている
⑮カットボール、スライダーの軌道が結構違う

今回は「【レンジャーズ】有原航平投手の2021年の投球分析」を紹介しました。

開幕から4試合全て3失点以下(2試合無失点)と安定した活躍を見せていましたが、急に3試合連続で5失点以上と打ち込まれました。そして、5月9日に右手中指の打撲で故障者リスト入りすると、右肩動脈瘤が発見されて手術を受けました。9月1日に復帰しましたが、9月15日に6失点と打ち込まれたことでDFA(戦力外)、マイナー契約になってメジャー1年目の2021年シーズンを終えました。

2021年の成績は防御率6.64被打率.281奪三振率5.3与四死球率3.8でした。

有原航平投手の特徴としては、「変化球が多彩」「与四死球が少ない」「初球に打たれる」「フライボーラー」「対左打者が得意」「落ちるボールは優秀」などが挙げられます。

全球種がMLB平均より約5km/h遅く回転数が100~300回転少ないです。ストレート平均球速146.9km/h2158回転のシュート回転です。

右打者にはスプリット左打者にはチェンジアップが決め球として優秀で、変化量も落差があります。

カウント球のストレートカットボールは真ん中付近に集まっていて打たれているので、カウント球の投球コースは特に意識した方が良さそうです。

また、「打たれた試合はアウトローのボールゾーンを見逃されている」「ストレートに比べてカットボール、スライダーの軌道が結構違う」ことなどから、クセがバレて打たれたのかもしれないので、カットボールとスライダーのフォームは修正した方が良さそうです

マイナー降格になりましたが、マイナーでアピールして、シーズン序盤には昇格して欲しいです。