第225回 【千葉ロッテ】佐々木朗希投手が完全試合、19奪三振、NPB新記録13者連続三振(2022年4月10日投球分析)

2022年7月12日

2022年4月10日、佐々木朗希投手が本拠地でオリックス戦(ZOZOマリン)で28年ぶりプロ野球史上16人目となる完全試合を達成しました。

1回吉田正尚選手から5回西村選手まで13者連続三振64年ぶりに日本記録を更新しました。NPBの連続三振記録が「9」、MLBの連続三振記録がが「10」でしたが、それを「13」に大幅更新しました。

また、6回以降も走者を許さず、最後は代打・杉本選手を空振り三振。NPBタイ記録となる1試合19奪三振で、完全試合を達成。

今回はそんな「【千葉ロッテ】佐々木朗希投手の投球分析(2022年4月10日)」を紹介します。

佐々木朗希投手の過去記事一覧

使用するデータはスポナビライブのデータです。

やきゅまる
やきゅまる
記録づくめの完全試合。凄すぎる

1. 球種・投球割合

ストレートが61%、フォークが34%

佐々木朗希投手の日別投球割合(2022年4月10日まで)
佐々木朗希投手の日別投球割合(2022年4月10日まで)

今回もストレートフォークスライダーカーブ4球種です。

ただストレートが61%、フォークが34%とほぼ2球種でした。

左打者には3球種

佐々木朗希投手の対左右投球割合(2022年4月10日)
佐々木朗希投手の対左右投球割合(2022年4月10日)

右打者にはスライダーも投げましたが、左打者にはストレートフォークカーブの3球種でした。

2. コース別

ストレートフォークの制球が良かった

佐々木朗希投手のコース別投球数(2022年4月10日)
佐々木朗希投手のコース別投球数(2022年4月10日)

ストレートは右打者にはアウトコース中心、左打者にはゾーンを広く使っていました。

フォークは左右ともにアウトローでした。

やきゅまる
やきゅまる
特に左打者へのフォークの精度がエグい

右にはアウトコース、左には低め

佐々木朗希投手のコース別成績(2022年4月10日)
佐々木朗希投手のコース別成績(2022年4月10日)

右にはアウトコース左には低めを中心に三振を奪いました。

特徴的なのは右打者のアウトローのボール球で4つ三振を奪っていることです。これは全てフォークですが、今年から大谷翔平投手のようなジャイロ回転のフォークを多投していて、スライドしながら落ちているので、このゾーンでも三振を奪えています。

やきゅまる
やきゅまる
やっぱりジャイロ回転のフォークは強力

3. 各成績

左右関係ない

佐々木朗希投手の対左右成績(2022年4月10日)
佐々木朗希投手の対左右成績(2022年4月10日)

左右ともに関係なく、三振を奪いました。

やきゅまる
やきゅまる
全員抑えたから、対左右成績が0ばかりで意味がない(笑)

フォークは36球中21球空振り

佐々木朗希投手の球種別成績(2022年4月10日)
佐々木朗希投手の球種別成績(2022年4月10日)

ストレートは意外にも空振りが2しかなく、ほとんどが見逃し(19個)とファウル(24個)でした。ストライクゾーン内率が77%と驚異的な数字です。

フォークは36球中21球空振り15奪三振と無敵状態でした。ストライクゾーン内率も56%と高かったです。

やきゅまる
やきゅまる
「ストレートでカウントを稼いで,フォークで決める」と分かっていても打てなかったね

4. 球速

平均159.8km/h、最高164km/h

佐々木朗希投手の球速(2022年4月10日まで)
佐々木朗希投手の球速(2022年4月10日まで)

今回もストレート平均球速159.8km/h最高球速164km/hでした。

平均球速はNPB先発歴代2位という驚異的な数字でした。

ちなみに1位は2014年10月5日の159.9km/hの大谷翔平選手です。

やきゅまる
やきゅまる
7回までなら平均160km/hだったよ

フォークは最速149km/h

佐々木朗希投手の球速帯(2022年4月10日)
佐々木朗希投手の球速帯(2022年4月10日)

ストレート64球中35球が160km/h超えでした。

フォーク最速149km/h、平均146.2km/hと、全球140km/h以上と高速でした。

カーブは最遅124km/hで、ストレートとの最大球速差は40km/hと緩急がつけれていました。

松川捕手が試合後に語ったように、特に4回の吉田正尚選手との初球、2球目とカーブでタイミングを外したのは、この試合の大きなターニングポイントでした。

やきゅまる
やきゅまる
フォークも速い

9回でも平均158.0km/h

佐々木朗希投手の回別平均球速(2022年4月10日)
佐々木朗希投手の回別平均球速(2022年4月10日)

ストレートは初回は160.8km/hで、5回でも同じ球速でした。6回からは徐々に球速が落ちていますが、9回でも平均158.0km/hと急激に落ちることはありませんでした。

また9回146.0km/hとフォーク球速がほとんど変わらなかったのも、大きかったと思います。

やきゅまる
やきゅまる
9回も打たれる気配は無かったね

まとめ

まとめ

①平均159.8km/h(NPB先発歴代2位)
②最高164km/h
③フォークも最速149km/h
④ストレートが61%、フォークが34%
⑤右にはアウトコース、左には低め
⑥フォークは36球中21球空振り
⑦9回でも平均158.0km/h

今回は「【千葉ロッテ】佐々木朗希投手の投球分析(2022年4月10日)」を紹介しました。

28年ぶりの完全試合、NPB記録タイの19奪三振、NPB新記録の13者連続三振と記録づくめの投球でした。

ストレートが61%、フォークが34%とほぼ2球種でしたが、右にはアウトコース、左には低めと制球が抜群でした。特にフォークは36球中21球空振りと圧倒的でした。

ストレート平均球速159.8km/h最高球速164km/hで、9回でも平均158.0km/hと最後まで球威が持続しました。

34イニング連続奪三振も継続中なので、サファテ選手の43イニング連続を更新出来るのか今後の投球も楽しみです。

やきゅまる
やきゅまる
凄すぎるし、次回以降の登板も楽しみ