第269回 【大谷翔平】自責2点ながら7敗目(2022年8月3日投球分析)

2022年9月26日

2022年8月3日、大谷翔平投手(28)が本拠地エンゼルスタジアムでのアスレチックス戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場。

5回2/3を投げて99球、被安打7、四死球1、奪三振7、3失点と好投しましたが、援護がなく7敗目

打っても2度の得点圏で凡退してしまい、自身を援護出来ませんでした。また降板後の7回には「右前腕部に軽い痛み」のために代打を送られました。

今回はそんな「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年8月3日投球分析」を紹介します。

大谷翔平投手の投球分析の過去記事

データはBaseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

やきゅまる
やきゅまる
次戦(8月4日)に2本塁打だから大丈夫だね

1. 球種・投球割合

スライダーを62%と多投

大谷翔平投手の日別投球割合(2022年8月3日)
大谷翔平投手の日別投球割合
(2022年8月3日)

今回はストレートフォークスラッタースライダーカーブ5球種を投球しました。

スライダーを62%と多投し、ストレートはわずか20%で、ツーシームスプリームは投げませんでした。

※当ブログでは「カットボールをスラッター」と「第二のスプリットをスプリーム」と呼称しています。詳細は過去記事を参照して下さい。

やきゅまる
やきゅまる
流石にスライダーが多過ぎ

左右ともにスライダーを多投

大谷翔平投手の左右投球割合(2022年8月3日)
大谷翔平投手の左右投球割合
(2022年8月3日)

上は前回登板までの2022年平均、下は今回の左右投球割合です。

左右ともにスライダーを多投しましたが、特に右打者にスライダーを74%と多投しました。

また他の球種も左右関係なく、投球しました。

やきゅまる
やきゅまる
スラッターも左右ともに多かったね

2. コース

右打者に打たれたのは真ん中付近

大谷翔平投手のベース上の位置(2022年8月3日)
大谷翔平投手のベース上の位置
(2022年8月3日)

右打者はアウトコースのスライダーで空振りを量産しました。

一方、左打者は膝元で空振りを奪っています。

右打者に打たれたのは真ん中付近ばかりでした。

やきゅまる
やきゅまる
甘いボールを打たれたね

3. 各成績

右打者に打たれた

大谷翔平投手の左右別成績(2022年8月3日)
大谷翔平投手の左右別成績
(2022年8月3日)

上図は今回、前回登板までの2022年平均MLB右投手平均の左右別被OPSです。

右打者に4安打と打たれました。またスライダーを多投しているのに、右打者の奪三振が少なかったです。

やきゅまる
やきゅまる
流石にスライダーに慣れてしまったかもね

ストレートのゾーン内率が低い

大谷翔平投手の球種別成績(2022年8月3日)
大谷翔平投手の球種別成績
(2022年8月3日)

今回は空振りが18個(前回21個)と、前回同様に空振りを多く取れました。

特にスライダー空振りが14個(前回14個)と多かったです。

ただストレートストライク率50%(前回67%)、ゾーン内率45%(前回60%)といつもよりストライクを取れていませんでした。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートでストライクが取れないから、スライダーを多投したのかな?

4. リリースポイント

リリース位置は体から遠くて低い

大谷翔平投手のリリースポイント(2022年8月3日)
大谷翔平投手のリリースポイント
(2022年8月3日)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。◇は2022年平均△はMLB平均です。

全球種のリリース位置がから遠くて低いです。球持ちはいつもぐらいでした。

スライダーはほぼサイドスローのボールが3球ありました。

フォークはリリース位置が不安定です。

やきゅまる
やきゅまる
リリース位置が不安定だから、フォークが安定しないのかもね

5. 球速と回転数

平均球速155.9km/h、最高159.6km/h

大谷翔平投手の球速・回転数(2022年8月3日)
大谷翔平投手の球速・回転数
(2022年8月3日)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、◇は2022年平均△はMLB平均を表しています。

ストレート平均球速155.9km/h最高球速159.6km/h回転数は2168回転でした。

カーブは球速が遅いスローカーブ、球速が速く回転数が多いパワーカーブの2種類を投球しました。

最近のなかでは球速が出ていなかった

大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移(2022年8月3日まで)
大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移
(2022年8月3日まで)

ストレート平均球速155.9km/hで、直近5試合の中では球速が一番出てきませんでした。

回転数は2168回転と今季の中では平均的でした。

やきゅまる
やきゅまる
球速が出てないから、スライダーを多投したのかもね

球速は尻上がり

大谷翔平投手の回別平均球速(2022年8月3日)
大谷翔平投手の回別平均球速
(2022年8月3日)

1回は153.2km/hでしたが、尻上がりに球速が上がって6回は平均157.3km/hと球速が出ていました。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートの投球割合が少ないから、終盤に力が残ってるね

6. 回転軸と変化量

回転軸

大谷翔平投手の回転軸(2022年8月3日)
大谷翔平投手の回転軸
(2022年8月3日)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、◇は2022年点線はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

フォークが不安定

大谷翔平投手の変化量(2022年8月3日)
大谷翔平投手の変化量
(2022年8月3日)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、◇は2022年△はMLB平均を表しています。

ストレートはいつものように真っスラ気味です。

フォーク変化量が不安定でしたが、前回までの全く落ちないフォークはありませんでした。

スラッタースライダーカーブは2022年平均くらいです。

やきゅまる
やきゅまる
スライダーが良い状態だから、フォークが安定すると無双出来そう

まとめ

大谷翔平投手の投球内容とコース(2022年8月3日)
大谷翔平投手の投球内容とコース
(2022年8月3日)
まとめ

①スライダーを62%とキャリア最多
②ストレートのゾーン内率45%と低い
③空振りが18個(前回21個)
④スライダーで空振り14個
⑤フォークのリリース位置、変化量が不安定
⑥平均155.9km/h、最高159.6km/h
⑦平均2168回転、ホップ量35cm

今回は「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年8月3日投球分析」を紹介しました。

5回2/3を投げて99球、被安打7、四死球1、奪三振7、3失点と好投しましたが、援護がなく7敗目

ストレート平均球速155.9km/hで、直近5試合の中では球速が一番出ておらず、ゾーン内率45%と低かったです。

フォークはリリース位置が不安定で、変化量も不安定でした。

ストレートフォークの精度がイマイチだったため、スライダーを62%と多投したと考えられます。次回登板までには修正してくれると思うので、次回登板を楽しみにしたいと思います。