第271回 【大谷翔平】104年振りの2桁勝利&2桁本塁打(2022年8月9日投球分析)

2022年9月26日

大谷翔平投手の投球内容(2022年8月9日)
大谷翔平投手の投球内容
(2022年8月9日)

2022年8月9日、大谷翔平投手(28)が敵地オークランドコロシアムでのアスレチックス戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場。

6回を投げて91球、被安打4、四死球3、奪三振5、0失点で10勝目

これで1918年のベーブ・ルース選手以来、104年振りの「2桁勝利&2桁本塁打」を達成しました。

打っては25号本塁打を放つなど、3打数2安打(1四球)の活躍でした。

今回はそんな「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年8月9日投球分析」を紹介します。

大谷翔平投手の投球分析の過去記事

データはBaseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

やきゅまる
やきゅまる
10勝&25本塁打は史上初

1. 球種・投球割合

スライダーを42%と多投

大谷翔平投手の日別投球割合(2022年8月9日)
大谷翔平投手の日別投球割合
(2022年8月9日)

今回はストレートフォークスラッタースライダーカーブ5球種を投球しました。

スライダーを42%と多投し、ストレートはわずか16%で、ツーシームスプリームは投げませんでした。

※当ブログでは「カットボールをスラッター」と「第二のスプリットをスプリーム」と呼称しています。詳細は過去記事を参照して下さい。

やきゅまる
やきゅまる
前回に比べるとスライダーは減っているね

左打者にスライダーを多投

大谷翔平投手の左右投球割合(2022年8月9日)
大谷翔平投手の左右投球割合
(2022年8月9日)

上は前回登板までの2022年平均、下は今回の左右投球割合です。

左打者にスライダー40%と多投しましたが、スラッターは1球も投げませんでした。

右打者にはフォーク18%、スラッター19%を多投しました。

やきゅまる
やきゅまる
スラッターも左右ともに多かったね

2. コース

左打者に打たれたのは真ん中付近

大谷翔平投手のベース上の位置(2022年8月9日)
大谷翔平投手のベース上の位置
(2022年8月9日)

右打者はフォークスライダーで空振りを量産しました。

一方、左打者は膝元への投球が少なく、左打者に打たれたのは真ん中付近ばかりでした。特にフォークがベース上から落とせなかったため、空振りを奪えませんでした。

やきゅまる
やきゅまる
甘いボールを打たれたね

3. 各成績

左打者に打たれた

大谷翔平投手の左右別成績(2022年8月9日)
大谷翔平投手の左右別成績
(2022年8月9日)

上図は今回、前回登板までの2022年平均MLB右投手平均の左右別被OPSです。

左打者に3安打と打たれ、左打者の奪三振が0でした。

やきゅまる
やきゅまる
左打者へのフォークが良くなかったね

ストレートのゾーン内率が高い

大谷翔平投手の球種別成績(2022年8月9日)
大谷翔平投手の球種別成績
(2022年8月9日)

今回は空振りが13個(前回18個)と、いつもより少なかったです。

特にスライダー空振りが7個(前回14個)と減りました。

ストレートは空振りが0でしたが、ストライク率73%(前回50%)、ゾーン内率60%(前回45%)と前回よりストライクを取れていました。

やきゅまる
やきゅまる
カーブでストライクが取れていたら、もっと楽な投球が出来たね

4. リリースポイント

リリース位置は体から遠く、球持ちが良い

大谷翔平投手のリリースポイント(2022年8月9日)
大谷翔平投手のリリースポイント
(2022年8月9日)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。◇は2022年平均△はMLB平均です。

全球種のリリース位置がから遠く球持ちが良かった

スライダーはほぼサイドスローのボールが1球ありました。

やきゅまる
やきゅまる
腕が振れていたね

5. 球速と回転数

平均球速156.4km/h、最高159.8km/h

大谷翔平投手の球速・回転数(2022年8月9日)
大谷翔平投手の球速・回転数
(2022年8月9日)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、◇は2022年平均△はMLB平均を表しています。

ストレート平均球速156.4km/h最高球速159.8km/h回転数は2170回転でした。

カーブは球速が遅いスローカーブ、球速が速く回転数が多いパワーカーブの2種類を投球しました。

最近のなかでは球速が出ていなかった

大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移(2022年8月9日まで)
大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移
(2022年8月9日まで)

ストレート平均球速155.9km/hで前回よりは出ていますが、直近5試合の中では出てませんでした。

回転数は2170回転と今季の中では平均的でした。

やきゅまる
やきゅまる
もう少し球速出したいね

球速は尻上がり

大谷翔平投手の回別平均球速(2022年8月9日)
大谷翔平投手の回別平均球速
(2022年8月9日)

尻上がりに球速が上がっていましたが、6回は平均155.5km/hと球速が下がりました。

やきゅまる
やきゅまる
代え時として良かったかもね

6. 回転軸と変化量

回転軸

大谷翔平投手の回転軸(2022年8月9日)
大谷翔平投手の回転軸
(2022年8月9日)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、◇は2022年点線はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートがシュート成分側に傾いた1球は、手首が寝ていて変化量もシュート成分が多かった

ストレートがシュート回転

大谷翔平投手の変化量(2022年8月9日)
大谷翔平投手の変化量
(2022年8月9日)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、◇は2022年△はMLB平均を表しています。

ストレートはいつもとは違い、MLB平均くらいシュート成分が多かったです。

フォーク変化量が安定して、前回までの全く落ちないフォークはありませんでした。

スラッタースライダーカーブ横変化量が少なかったです。

やきゅまる
やきゅまる
ほぼツーシームみたいなシュート回転のストレートもあったね

まとめ

大谷翔平投手の投球内容とコース
(2022年8月9日)
まとめ

①スライダーを42%と多投
②真ん中付近を左打者に打たれた
③空振りが13個(前回18個)
④右打者から空振り12個
⑤リリース位置は体から遠く、球持ちが良い
⑥平均156.4km/h、最高159.8km/h
⑦平均2170回転、ホップ量37cm

今回は「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年8月9日投球分析」を紹介しました。

6回を投げて91球、被安打4、四死球3、奪三振5、0失点で10勝目

これで1918年のベーブ・ルース選手以来、104年振りの「2桁勝利&2桁本塁打」を達成しました。

ストレート平均球速156.4km/h最高球速159.8km/h回転数は2170回転で、いつもとは違い、MLB平均くらいシュート成分が多かったです。

左打者は膝元への投球が少なく、左打者に打たれたのは真ん中付近ばかりでした。特にフォークがベース上から落とせなかったため、空振りを奪えませんでした。

そこまで好調ではありませんでしたが、6回無失点と抑えられているので、次回登板では調子を上げて奪三振ショーを見せて欲しいです。