第303回 【巨人】2023年新外国人タイラー・ビーディ投手の投球分析

2022年12月14日

タイラー・ビーディ投手の総評
タイラー・ビーディ投手の総評

2022年11月24日、巨人が新外国人選手として前パイレーツのタイラー・ビーディ選手(29)を獲得調査していると複数の報道機関で報道されました。

その後の12月5日、巨人が来季の選手契約を締結したと発表。背番号は「33」に決まりました。

ビーディ投手は2020年にトミー・ジョン手術を受けましたが、復帰後に球速が上昇した平均球速154km/hのグラウンドボーラーです。

今回はそんな「【巨人】2023年新外国人タイラー・ビーディ投手の投球分析」を紹介します。

Baseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

2023年新外国人の記事一覧

1. 基本情報

TJ手術経験の快速投手

所属球団サンフランシスコ・ジャイアンツ (2018-2022)
ピッツバーグ・パイレーツ (2022)
ポジション先発、リリーフ
投打右投右打
生年月日1993年5月23日(29歳)
身長190.5 cm
体重95.7 kg
基本情報

被本塁打率が低い

タイラー・ビーディ投手の年度別成績
タイラー・ビーディ投手の年度別成績
タイラー・ビーディ投手の被打球種類(MLB2022年)
タイラー・ビーディ投手の被打球種類
(MLB2022年)

今季MLBでは31試合に登板して防御率5.14被打率.284奪三振率5.7与四死球率5.0です。またゴロ率が50%(MLB平均44.9%)と高いグラウンドボーラーです。

3A通算では76試合に登板して53先発、防御率5.40被打率.265奪三振率8.7与四死球率5.9でした。

投手としての特徴は「球速が速い」「変化量が大きいチェンジアップ」「変化量が大きいカーブ」「被本塁打が少ない」などがあげられます。

やきゅまる
やきゅまる
今季MLBで奪三振率が下がっているのが気になるね

2. 球種・投球割合

持ち球は5球種

タイラー・ビーディ投手の年別投球割合(MLB2018-2022年)
タイラー・ビーディ投手の年別投球割合
(MLB2018-2022年)

持ち球はストレートツーシームチェンジアップスライダーカーブの5球種です。

ただし、2022年は5球種をバランスよく投球しています。

持ち球は5球種

タイラー・ビーディ投手の左右投球割合(MLB2022年)
タイラー・ビーディ投手の左右投球割合
(MLB2022年)

上図は左右別投球割合で、色が球種を表しています。

右打者にツーシームスライダーを多投し、左打者にチェンジアップを多投しています。

やきゅまる
やきゅまる
オーソドックスな投球割合だね

ボールが先行しても偏りが少ない

タイラー・ビーディ投手のカウント状況別投球割合(MLB2022年)
タイラー・ビーディ投手のカウント状況別投球割合
(MLB2022年)

右打者には5球種をバランスよく決め球に使用しています。

また左右ともにボールが先行しても特定の球種に偏っていません。

やきゅまる
やきゅまる
5球種のバランスがいいね

3. コース

空振りを奪える球種が左右で違う

タイラー・ビーディ投手のベース上の位置(MLB2022年)
タイラー・ビーディ投手のベース上の位置
(MLB2022年)

右打者にはインハイのツーシーム低めのチェンジアップアウトローのスライダーで多く空振りを奪っています。

左打者にはアウトハイのストレート低めのチェンジアップ低めのカーブで多く空振りを奪っています。

やきゅまる
やきゅまる
左右で空振りを奪える球種が違うね

高め〇

タイラー・ビーディ投手のコース別成績(MLB2022年)
タイラー・ビーディ投手のコース別成績
(MLB2022年)

左右ともに高めの成績が良いです。

左のアウトハイのストレート、右のインハイのツーシームが好成績です。

一方、チェンジアップスライダーカーブは低めゾーン外は良い成績ですが、ゾーンに残ると打たれています。

やきゅまる
やきゅまる
ストレート、ツーシームは高めに投げれると良さそう

4. 各成績

対左打者が得意?

タイラー・ビーディ投手の対左右成績(MLB2022年)
タイラー・ビーディ投手の対左右成績
(MLB2022年)

右打者に比べると左打者の被打率.267被OPS.742左打者に強そうです。

ただし3A通算ではあまり差が無いです。

やきゅまる
やきゅまる
やや左打者に強い感じだね

対ピンチに強い

タイラー・ビーディ投手の得点圏成績(MLB2022年)
タイラー・ビーディ投手の得点圏成績
(MLB2022年)

得点圏の被打率.250被OPS.695と高く、対ピンチに強いです。

やきゅまる
やきゅまる
特に奪三振率が上がってるのがいいね

左打者にはカーブが優秀

タイラー・ビーディ投手の球種別成績(MLB2022年)
タイラー・ビーディ投手の球種別成績
(MLB2022年)

左はOPSのグラフ、右は空振りなどのグラフ、下は球種別の成績です。

チェンジアップは左右両方に優秀空振率も高いです。

OPS、奪三振数ともにスライダーは右打者優秀です。

OPS、奪三振数ともにカーブは左打者に優秀です。

全体のゾーン内率45%と低いですが、ストライク率は60%あるのでボール球を上手く振らせています

やきゅまる
やきゅまる
奪三振的には左にストレート、右にツーシーム

5. リリースポイント

リリースが低く球持ち○

タイラー・ビーディ投手のリリースポイント(MLB2022年)
タイラー・ビーディ投手のリリースポイント
(MLB2022年)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。△はMLB平均のリリースポイントです。

MLB平均よりリリースは約15cm低いです。また球持ちが良いです。

5月22日からはリリース位置が大きく一塁側に移動しています。これはプレートの踏む位置を変えたためです。

6. 球速と回転数

平均球速154.1km/h、最高159.2km/h

タイラー・ビーディ投手の球速・回転数(MLB2022年)
タイラー・ビーディ投手の球速・回転数
(MLB2022年)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、△はMLB平均を表しています。

ストレート平均球速は154.1km/hでMLB平均(149.4km/h)よりもかなり速く、全球がNPB平均よりも速かったです。回転数は2081回転と回転数が少ないです。

ツーシームも同様の傾向で平均球速153.9km/hとかなり速く回転数が少ないです。

チェンジアップはMLB平均よりは遅く、回転数が少ないです。

スライダーもMLB平均よりかなり速く、カットボールのようなボールです。回転数はかなり少ないです。

カーブもMLB平均くらいで回転数がかなり少ないです。

やきゅまる
やきゅまる
キレよりも球速で勝負するタイプ

平均154km/h前後は期待出来る

タイラー・ビーディ投手の年別平均球速・回転数
タイラー・ビーディ投手の年別平均球速・回転数

2019年は平均球速151.7km/hでしたが、TJ手術明けの2021〜2022年は平均球速は154km/h前後でした。

今年はTJ手術明け2年目であったことを考えるともう少し球速が上がる可能性はあります。

やきゅまる
やきゅまる
セ・リーグ先発1位の球速は期待出来そう

7. 変化量

回転軸

タイラー・ビーディ投手の回転軸(MLB2020-2022年)
タイラー・ビーディ投手の回転軸
(MLB2020-2022年)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、点線はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

スライダーの回転軸はジャイロ回数です。

チェンジアップカーブは変化量大

タイラー・ビーディ投手の変化量(MLB2022年)
タイラー・ビーディ投手の変化量
(MLB2022年)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、△はMLB平均を表しています。

ストレートは縦変化量が33cmしかなく、シュートドロップです。

ツーシームはMLB平均より横変化量が大きいです。

チェンジアップはMLB平均より変化量が大きいです。

スライダーとした球種は回転軸や変化量的にはカットボールに近いボールで、横変化量が小さいです。

カーブはMLB平均より縦変化量が大きいです。

やきゅまる
やきゅまる
チェンジアップ、カーブの変化量は安定していて良い感じだね

まとめ

タイラー・ビーディ投手の総評
タイラー・ビーディ投手の総評
まとめ

①今季MLBで防御率5.14、被打率.284
②被本塁打が少ない
③グラウンドボーラー
⇒ゴロ率50%(MLB平均44.9%)
④5球種をバランスよく投球
⑤左右で空振りが奪える球種が違う
⑥高め○
⑦対ピンチ○
⑧チェンジアップは左右共に優秀
⑨ツーシーム、スライダーは右に有効
⑩ストレート、カーブは左に有効
⑪リリース位置が低い
⑫球持ち○
⑬平均球速154.1km/h、最高159.2km/h
⑭TJ手術後に約3km/hアップ
⑮ストレートはシュートドロップ
⑯ツーシーム、チェンジアップは変化量大
⑰スライダーはカットボールに近いボール
⑱カーブは縦変化量が大きい

ビーディ投手は2020年にトミー・ジョン手術を受けましたが、復帰後に球速が上昇した平均球速154km/hのグラウンドボーラーです。

今季MLBでは31試合に登板して防御率5.14被打率.284奪三振率5.7与四死球率5.0です。またゴロ率が50%(MLB平均44.9%)と高いグラウンドボーラーです。

3A通算では76試合に登板して53先発、防御率5.40被打率.265奪三振率8.7与四死球率5.9でした。

投手としての特徴は「球速が速い」「変化量が大きいチェンジアップ」「変化量が大きいカーブ」「被本塁打が少ない」などがあげられます。

ストレート平均球速は154.1km/hでMLB平均(149.4km/h)よりもかなり速く、全球がNPB平均よりも速かったです。回転数は2081回転と回転数が少ないです。

右打者には「インハイのツーシーム」「低めのチェンジアップ」「アウトローのスライダー」で多く空振りを奪っています。

左打者には「アウトハイのストレート」「低めのチェンジアップ」「低めのカーブ」で多く空振りを奪っています。

やきゅまる
やきゅまる
右にはツーシームとチェンジアップとスライダー、左にはストレートとチェンジアップとカーブが良さそう