第302回 【中日】2023年新外国人オルランド・カリステ選手の打撃分析

2023年1月11日

オルランド・カリステ選手の総評
オルランド・カリステ選手の総評

2022年11月24日、中日が新外国人選手として今季メキシコリーグでプレーしていたオルランド・カリステ選手(30)を獲得したと発表しました。

カリステ選手はメジャーや米独立、メキシカンリーグなど様々なリーグでプレーした経験を持つ内外野を守れる俊足のユーティリティプレイヤーです。

今回はそんな「【中日】2023年新外国人オルランド・カリステ選手の打撃分析」を紹介します。

使用するデータはBaseball SavantFanGraphsです。

2023年新外国人の記事一覧

やきゅまる
やきゅまる
メジャーでの打席数が少ないから3Aのデータ多め

1. 基本情報

内外野守れるユーティリティ

所属球団カンザスシティ・ロイヤルズ (2015)
サンフランシスコ・ジャイアンツ (2017)
米独立リーグ (2021)
メキシカンリーグ (2022)
ポジション外野、三塁、遊撃、二塁
投打右投右打
生年月日1992年2月3日(30歳)
身長184 cm
体重87 kg
基本情報

2. 年度成績

MLBトップレベルの走力

オルランド・カリステ選手の年度別成績
オルランド・カリステ選手の年度別成績

MLB通算で打率.1350本塁打OPS.329

3A通算で打率.25246本塁打OPS.692

今季はメキシカンリーグ83試合で打率.34413本塁打OPS.961、12盗塁。

打撃の特徴は「右投手のインコースが得意」「広角打法」「フライが多い」「ストレートが得意」などが挙げられます。

守備はメジャーではメインが外野でしたが、今季メキシカンリーグでは三塁遊撃を主に守りました。マイナーでは二塁を守った経験もあります。

失策はやや多く、俊足のわりには守備範囲は普通です。ユーティリティ性は高いですが、平均並の守備くらいしか期待は出来なさそうです。

「1塁までの到達タイム4.21秒」「スプリントスピード29.1ft/秒」と走力はMLBトップレベルです。

やきゅまる
やきゅまる
走力は期待出来そうだね

3. 対左右成績

左右差はあまり無し

オルランド・カリステ選手の対左右成績(MLB2015-2017年)
オルランド・カリステ選手の対左右成績
(MLB2015-2017年)
オルランド・カリステ選手の対左右成績(3A2015-2021年)
オルランド・カリステ選手の対左右成績
(3A2015-2021年)

上がMLB、下が3Aの成績です。

どちらも右投手の方が少し成績が良いですが、そこまで左右差は無さそうです。

やきゅまる
やきゅまる
あまり左右差は無さそう

4. 得点圏成績

チャンスは得意?

オルランド・カリステ選手の得点圏成績(MLB2015-2017年)
オルランド・カリステ選手の得点圏成績
(MLB2015-2017年)
オルランド・カリステ選手の得点圏成績(3A2015-2021年)
オルランド・カリステ選手の得点圏成績
(3A2015-2021年)

上がMLB、下が3Aの成績です。

MLBでは得点圏とそれ以外では得点圏の方が成績が良く、チャンスに強いです。

打席数が多い3Aでは得点圏打率は高いですが、OPSは低いです。2018〜2021年は毎年得点圏でOPS.800以上を記録しているので今はチャンスに強そうです。

やきゅまる
やきゅまる
少なくともチャンスに弱いことは無さそう

5. カウント別成績

初球✕

オルランド・カリステ選手のカウント別成績(MLB2015-2017年)
オルランド・カリステ選手のカウント別成績
(MLB2015-2017年)

初球スイング率34.5%(MLB平均29.5%)とやや積極的に振ってくるタイプです。

しかし、ゾーンコンタクト率71.6%(MLB平均82.0%)しかなく、その初球で打ててないことから初球は苦手そうです。

やきゅまる
やきゅまる
打数があまりに少ないから参考程度だね

6. コース別成績

右のインコースが得意

オルランド・カリステ選手のコース別成績(MLB2015-2017年)
オルランド・カリステ選手のコース別成績
(MLB2015-2017年)

打数が少ないですが、明らかに右投手のインコースに強いです。

一方、左投手は低めに多く手を出しています。

やきゅまる
やきゅまる
もう少し打数がないと分からないね

7. 球種別成績

ストレートが得意

オルランド・カリステ選手の球種別成績(MLB2015-2017年)
オルランド・カリステ選手の球種別成績
(MLB2015-2017年)

ストレートは得意そうです。

一方、ツーシームスライダーカーブ系は苦手そうです。

やきゅまる
やきゅまる
外のスライダーに苦戦しそうだね

8. 打球方向別成績

広角打法

オルランド・カリステ選手の打球方向別成績(3A2015-2021年)
オルランド・カリステ選手の打球方向別成績
(3A2015-2021年)

MLBだと打数が少なかったので3Aのデータです。

2015~2018年は引っ張り率の約48%と、超プルヒッターでした。

しかし、2019年からは逆方向率40%と増えて広角に打っています

やきゅまる
やきゅまる
2019年から打撃スタイルを変えたみたい

9. 打球種類

フライヒッター

オルランド・カリステ選手の打球種類(3A2015-2021年)
オルランド・カリステ選手の打球種類
(3A2015-2021年)

MLBだと打数が少なかったので3Aのデータです。

フライ率31%(MLB平均23%)と多いフライヒッターです。

10. 打球速度・角度

バレル率が低い

オルランド・カリステ選手の打球速度と角度(MLB2015-2017年)
オルランド・カリステ選手の打球速度と角度
(MLB2015-2017年)

MAX打球速度は174km/hとややMLB平均以下です。

しかし、バレル率2.6%と低いです。

まとめ

オルランド・カリステ選手の総評
オルランド・カリステ選手の総評
まとめ

①3A通算.252、46本、OPS.692
②今季メキシコ.344、13本、OPS.961(83試合)
③ユーティリティ
④失策多い
⑤MLBトップレベルの走力
⑥初球スイング率34.5%(MLB平均29.5%)
⑦ゾーンコンタクト率71.6%(MLB平均82.0%)
⑧右のインコースが得意
⑨速球○(ストレート打率.300)
⑩変化球✕(ツーシーム、スライダー、カーブ系は打率.100以下)
⑪広角打法(2019年以降は逆方向率40%)
⑫フライヒッター
⑬バレル率2.6%と低い

今回は「【中日】2023年新外国人オルランド・カリステ選手の打撃分析」を紹介しました。

カリステ選手はメジャーや米独立、メキシカンリーグなど様々なリーグでプレーした経験を持つ内外野を守れる俊足のユーティリティプレイヤーです。

MLB通算で打率.1350本塁打OPS.329

3A通算で打率.25246本塁打OPS.692

今季はメキシカンリーグ83試合で打率.34413本塁打OPS.961、12盗塁。

打撃の特徴は「右投手のインコースが得意」「広角打法」「フライが多い」「ストレートが得意」などが挙げられます。

守備はメジャーではメインが外野でしたが、今季メキシカンリーグでは三塁遊撃を主に守りました。マイナーでは二塁を守った経験もあります。失策はやや多く、俊足のわりには守備範囲は普通です。ユーティリティ性は高いですが、平均並の守備くらいしか期待は出来なさそうです。

「1塁までの到達タイム4.21秒」「スプリングトレーニング29.1ft/秒」と走力はMLBトップレベルです。