第141回 【リアル二刀流】大谷翔平投手のスライダーが今季最速(2021年9月26日投球分析)

2021年10月1日

現地時間9月26日(日本時間27日)に本拠地最終戦でのマリナーズ戦に出場、投打のリアル二刀流の「2番投手」で先発しました。

投手としては7回を5安打1本塁打1失点、10奪三振1死球の好投でしたが、勝敗は付かず。残念ながらベーブ・ルース以来となる「2桁勝利・2桁ホームラン」の達成は持ち越しとなりました。

これで今季は23試合(23先発)に登板し9勝2敗、防御率3.18。

打者としては3打数1安打でした。登板後は外野の守備にはつきませんでした。

前回同様にフォークはいつもの「ジャイロ回転するフォーク」「スプリームのようなシュート回転するフォーク」2種類を投げていました。

今回はそんな「大谷翔平投手の2021年9月26日投球分析」を紹介します。

データはBaseball Savantを使用します。過去の投球分析については下記を参照して下さい。

大谷翔平投手の過去記事一覧

やきゅまる
やきゅまる
シュート回転のフォークは「スプリーム」と呼ぶね

1. 投球割合

日別投球割合(2021年)

大谷翔平投手の日別投球割合(2021年)

上図は2021年の登板日別の投球割合です。

今回はフォークが31%スライダーが48%と非常に多かったです。そのためストレートの割合が今季最小でした。

カーブは投げませんでした。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートが少ない分、体力を温存出来た印象

左右別投球割合

大谷翔平投手の左右投球割合(2021年9月26日)
大谷翔平投手の左右投球割合(2021年9月26日)

上は2021年、下は9月26日の左右別の投球割合です。

今回は左右どちらにもフォーク、スライダーが非常に多かったです。 そのためストレートの割合が少なかったです。

回別投球割合

大谷翔平投手の回別投球割合(2021年9月26日)
大谷翔平投手の回別投球割合(2021年9月26日)

今回は終始フォーク、スライダーを軸に投球していました。どの回もストレートの割合が少なかったです。

2. 球速・回転数

球速・回転数

大谷翔平投手の球速・回転数(2021年9月26日)
大谷翔平投手の球速・回転数(2021年9月26日)

今回のストレートは平均球速156.8km/h、最高球速159.6km/hでした。

いつもよりフォーク、スライダーも約4km/hも速かったです。特にスライダーは平均、最高ともに今季最速でした。

やきゅまる
やきゅまる
ストレート、スライダー、フォークはこれくらいの球速の方が良いね

回別平均球速

大谷翔平投手の回別平均球速(2021年9月26日)
大谷翔平投手の回別平均球速(2021年9月26日)

初回から156km/hと速かったですが、尻上がりに球速がさらに上がりました。

7回に最高球速を記録したこと、本人の試合後のコメントからも余力がまだあったみたいです。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートの割合が少なかったから、体力をそこまで使わなかったのかな?

日別平均球速

大谷翔平投手の日別平均球速(2021年)
大谷翔平投手の日別平均球速(2021年)

上図は2021年の登板日別の平均球速です。

ストレートは6月以降 、平均154km/h前後で安定しています。

9月に入り、フォークとスライダーの球速が上昇しています。

日別平均回転数(2021年)

大谷翔平投手の日別平均回転数(2021年)
大谷翔平投手の日別平均回転数(2021年)

全球種の登板日別の平均回転数です。

全球種が緩やかに回転数が減少傾向。開幕当初から緩やかに減少傾向なので、二刀流による疲労が主な原因ではないかと思います。

ただ8月以降はストレートの回転数は平均2000~2100回転で安定しています。

3. 各成績

対左右成績

大谷翔平投手の対左右成績(2021年9月26日)
大谷翔平投手の対左右成績(2021年9月26日)

左は2021年の平均、右が9月26日の対左右の成績です。

今回は左打者に本塁打も含め、すべてのヒットを打たれました。ただ2安打は味方の守備に問題があったように、投球内容は左右どちらも良かったです。

球種成績

大谷翔平投手の球種別成績(2021年9月26日)
大谷翔平投手の球種別成績(2021年9月26日)

左は2021年の平均、右が9月26日の球種別被打率です。

今回は珍しくフォークが左打者に打たれました。これは制球が甘く、少し高かったからだと思います。

一方、投球割合が多かったにも関わらず、スライダーはあまり打たれませんでした

投球割合が少なかったため、ストレートは左打者にかなり有効でした。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートにタイミングが合ってなかったね

4. 変化量

全球種

大谷翔平投手の変化量(2021年9月26日)
大谷翔平投手の変化量(2021年9月26日)

上図は「2021年の平均」、「今回(9月26日)」の変化量です。

球速が速かったこともあり、スライダーは横変化量が少なく、ホップ成分が多かったです。そのため、スラッターとの判別が難しかったです。

注目のフォークは、いつもの「ジャイロ回転するフォーク」「スプリームのようなシュート回転するフォーク」2種類を投げていました。

左がいつものジャイロ回転するフォーク、右がシュート回転するスプリーム

フォーク

大谷翔平投手のフォーク変化量(2021年9月26日)
大谷翔平投手のフォーク変化量(2021年9月26日)

上図はフォークを目測で 「ジャイロフォーク(いつものフォーク)」「スプリーム(シュート回転するフォーク)」2種類に分類した変化量です。

キレイに変化量が2つのグループに分かれていて、スプリームがシュート成分が多いのが分かります。

さらにこの2種類のフォークの球速と回転数の図を作成しました(下図)。

大谷翔平投手のフォーク球速・回転数(2021年9月26日)
大谷翔平投手のフォーク球速・回転数(2021年9月26日)

ジャイロフォークは平均143.6km/h・回転数1159で、スプリームは 平均146.8km/h、回転数1336でした。

スプリームの方が高速で、回転数が多いです。

5. リリースポイント

大谷翔平投手のリリースポイント(2021年9月26日)

上図は「2021年の平均」、「今回(9月26日)」のリリースポイントです。

リリースポイントはスリークォーター気味です。

6. ベース上のボールの位置

大谷翔平投手のベース上の位置(2021年9月26日)
大谷翔平投手のベース上の位置(2021年9月26日)

今回(9月26日)の左右打者へのベース上のボールの位置です。

右打者にはほとんどスライダーしかストライクゾーンに投げていませんでした。

左打者のアウトローにスプリームが良く決まっています。そのため、ストレートやスライダーが多少甘いコースでもスプリームの残像が残っていて、差し込まれていたのだと思います。

やきゅまる
やきゅまる
左打者にスプリームはかなりいい感じだね

まとめ

2021年9月26日投球分析のまとめ

①フォーク31%、スライダー48%
②平均球速156.8km/h、最高球速159.6km/h
③スライダーは変化量が小さく、今季最速
④フォークはジャイロとスプリームの2種類
⑤スプリームはシュート成分が多く、高速

今回は「大谷翔平投手の2021年9月26日投球分析」を紹介しました。

前回同様にフォークはいつもの「ジャイロ回転するフォーク」「スプリームのようなシュート回転するフォーク」2種類を投げていました。そのスプリームはシュート成分が多く、高速でした。

スライダーは平均、最高ともに今季最速で、横変化量が小さく、ホップ成分が多かったです。

次回登板があるかは微妙な状況ですが、10勝するためにも最終戦のマリナーズ戦で投げてほしいです。