第196回 【千葉ロッテ】佐々木朗希投手の平均160.1キロはMLBでも最速(2022年3月5日投球分析)

2022年7月12日

2022年3月5日、佐々木朗希投手がソフトバンクとのオープン戦(PayPayドーム)に登板しました。5回2安打無失点9奪三振の圧巻の投球でした。何よりも球速が異次元で、36球中23球が160km/h超えでした。

今回はそんな「【千葉ロッテ】佐々木朗希投手の投球分析(2022年3月5日)」を紹介します。

佐々木朗希投手の過去記事一覧

使用するデータはスポナビライブのデータです。

1. 球種・投球割合

【最速163㌔】佐々木朗希『5回無失点・9奪三振』(パーソル パ・リーグTV公式)PacificLeagueTV

左右差はあまり無い

佐々木朗希投手の対左右投球割合(2022年3月5日)
佐々木朗希投手の対左右投球割合(2022年3月5日)

前回(2月26日)と同様にストレートが6割くらいでした。

また左右差はあまり無く、左にもスライダーを使っていました。

新球のカーブは4球投げました。

やきゅまる
やきゅまる
フォークがジャイロフォークに変わった?

2. 球種別成績

ストレートのストライク率が高い

佐々木朗希投手の球種別成績(2022年3月5日)
佐々木朗希投手の球種別成績(2022年3月5日)

ストレートストライクゾーンへの投球が72%と非常に高かったです。

新球のカーブは4球ともボールだったので、カウント球としてはもっとストライク率を高めたいところです。

やきゅまる
やきゅまる
カーブでカウントを取れると、もっと楽になりそう

3. 球速

平均160.1km/h、最高163km/h

佐々木朗希投手の球速(2022年3月5日)
佐々木朗希投手の球速(2022年3月5日)

ストレート平均球速160.1km/h最高球速163km/hでした。

前回(2月26日)よりも約4km/hも速いです。

また2021年MLBのストレート(4シーム)の平均球速ランキングが下図になります。佐々木朗希投手の平均球速160.1km/hはMLB最速より速いです。

ストレートの平均球速ランキング(2021年MLB)
やきゅまる
やきゅまる
MLBでも最速という異次元の投球

最大球速差は35km/h

佐々木朗希投手の球速帯(2022年3月5日)
佐々木朗希投手の球速帯(2022年3月5日)

ストレート36球中23球が160km/h超えでした。

フォークスライダーもほぼ145km/h以上と高速でした。

カーブは130km/h前後と最大球速差は35km/hと緩急がつけれていました。

MLBトップで防御率1.08のデグロム投手の球速帯と全球種がほぼ一緒です。

やきゅまる
やきゅまる
ほぼデグロム投手

回を重ねるとやや球速低下

佐々木朗希投手の回別平均球速(2022年3月5日)
佐々木朗希投手の回別平均球速(2022年3月5日)

今回も回を重ねるとやや球速低下しています。しかし、その低下幅はわずかで、5回でも159km/hを超えています。

やきゅまる
やきゅまる
これが唯一の不安

4. コース別

ストレートは高め

佐々木朗希投手のコース別投球数(2022年3月5日)
佐々木朗希投手のコース別投球数(2022年3月5日)

今回も佐々木朗希投手には珍しく、ストレートは高めが多かったです。逆球が少し多かったですが、真ん中にはいかなかったので打たれませんでした。

カーブは全てボールですが、低めに集まっています。

やきゅまる
やきゅまる
フォークが良い感じだね

高めで押し切っている

佐々木朗希投手のコース別成績(2022年3月5日)
佐々木朗希投手のコース別成績(2022年3月5日)

ストレートが高めが多かった分、高めの打数が多いです。一方、フォークは低めのボールゾーンをしっかり振らせています。

まとめ

まとめ

①平均160.1km/h(MLBでも最速)
②最高163km/h
③新球カーブは4球
④カーブは最大35km/hの緩急
⑤変化球の球速も速い
⑥ストレートは高め中心

今回は「【千葉ロッテ】佐々木朗希投手の投球分析(2022年3月5日)」を紹介しました。

5回2安打無失点9奪三振の圧巻の投球でした。何よりも球速が異次元で、36球中23球が160km/h超えでした。

平均球速160.1km/hはMLBでも最速です。

ただし、試合後のインタビューで本人は

「内容に関しては精度でいうと、あまりよくなかった。そこはしっかり修正していきたいとは思っている」

と発言していました。

本人的にはまだまだみたいなので、次回登板ではもっと凄い投球を見られるかもしれません。

やきゅまる
やきゅまる
怪我さえしなければ、今年は無双するね