第253回 【千葉ロッテ】佐々木朗希投手のフォークが復調(2022年6月22日投球分析)

2022年6月22日、佐々木朗希投手がZOZOマリンでの西武戦に先発。

7回を投げて96球、被安打3、四死球3、奪三振9、0失点の投球内容で、6勝目

ストレート平均球速158.7km/hと球速としてはまだ本調子ではありませんでしたが、シュート回転が少なかったです。前回はイマイチだったフォークの制球が抜群で多くの空振りを奪いました。特に最後の西川選手へは鬼の6球連続フォークでした。

今回はそんな「【千葉ロッテ】佐々木朗希投手の投球分析(2022年6月22日)」を紹介します。

佐々木朗希投手の過去記事一覧

使用するデータはスポナビライブのデータです。

やきゅまる
やきゅまる
フォークとスライダーが良かったね

1. 球種・投球割合

フォークを27%と多投

佐々木朗希投手の日別投球割合(2022年6月22日まで)
佐々木朗希投手の日別投球割合
(2022年6月22日まで)

今回はストレートフォークスライダーカーブ4球種です。

前回に比べるとフォークを27%と多投しました。

右打者にスライダーを多投

佐々木朗希投手の対左右投球割合
(2022年6月22日)

右打者にはフォークが少なく、スライダーを24%と多投しました。一方、左打者はいつもくらいの割合でした。

2. コース別

スライダーは制球抜群

佐々木朗希投手のコース別投球数(2022年6月22日)
佐々木朗希投手のコース別投球数
(2022年6月22日)

ストレート高めが多かったです。

一方、フォーク低めスライダーアウトローに制球抜群で効果的でした。

やきゅまる
やきゅまる
今日はフォークが特に良かったね

低めのフォークで三振を多く奪う

佐々木朗希投手のコース別成績(2022年6月22日)
佐々木朗希投手のコース別成績
(2022年6月22日)

低めのフォークで三振を多く奪いました。一方、高めのストレートによる凡打が多かったです。

やはり打たれるのは真ん中付近で、コーナー付近は打たれていません。

やきゅまる
やきゅまる
右打者のアウトローのスライダーも良かったね

3. 各成績

左右差はあまり無し

佐々木朗希投手の対左右成績(2022年6月22日)
佐々木朗希投手の対左右成績
(2022年6月22日)

上図は今回、前回登板までの2022年平均の左右別被OPSです。

今回は被打率、被OPS、奪三振に左右差はあまりありません。

やきゅまる
やきゅまる
左右ともに三振が少なかったね

空振りが19個に増加

佐々木朗希投手の球種別成績(2022年6月22日)
佐々木朗希投手の球種別成績
(2022年6月22日)

ストライク率66%と佐々木朗希投手にしてはそこまで高い数字ではありません。ゾーン内率も45%と高くなく、ボールゾーンをうまく振らせていました。

空振りは19個に増加しました(前回15個)。4球種全てで空振りを奪っていますが、特にフォーク9個も奪いました。

やきゅまる
やきゅまる
カーブもホームラン以外は良い感じだったね

4. 球速

平均158.7km/h、最高163km/h

佐々木朗希投手の球速(2022年6月22日まで)
佐々木朗希投手の球速
(2022年6月22日まで)

ストレート平均球速158.7km/h最高球速163km/hでした。

やきゅまる
やきゅまる
球速としてはまだ本調子ではないね

160km/h超えは14球

佐々木朗希投手の球速帯(2022年6月22日)
佐々木朗希投手の球速帯
(2022年6月22日)

ストレート54球中14球が160km/h超えでした(前回3球)。前回よりは多いですが、まだ本調子ではなさそうです。

やきゅまる
やきゅまる
平均をあと1~2km/hは上げたいところ

5回以降に球速低下

佐々木朗希投手の回別平均球速(2022年6月22日)
佐々木朗希投手の回別平均球速
(2022年6月22日)

1回~3回は159km/h前後出ており、4回には161.0km/hまで上昇しましたが、5回以降は平均球速157km/h台に球速が低下しました。

まとめ

佐々木朗希投手の投球内容とコース(2022年6月22日)
佐々木朗希投手の投球内容とコース
(2022年6月22日)
まとめ

①平均158.7km/h、最高163km/h
②160km/h超えが14球(前回3球)
③スライダーは右打者のみ
④フォーク、スライダーの制球抜群
⑤ストライク率66%
⑥4球種で空振り19個(前回15球)
⑦5回以降に球速低下

今回は「【千葉ロッテ】佐々木朗希投手の投球分析(2022年6月22日)」を紹介しました。

7回を投げて96球、被安打3、四死球3、奪三振9、0失点の投球内容で、6勝目

ストレート平均球速158.7km/hと球速としてはまだ本調子ではありませんでしたが、シュート回転が少なかったです。前回はイマイチだったフォークの制球が抜群で多くの空振りを奪いました。特に最後の西川選手へは鬼の6球連続フォークでした。

ストライク率66%と佐々木朗希投手にしてはそこまで高い数字ではありません。ゾーン内率も45%と高くなく、ボールゾーンをうまく振らせていました。

空振りは19個に増加しました(前回15個)。4球種全てで空振りを奪っていますが、特にフォーク9個も奪いました。

ストレート160km/h超えが14球のみで、5回以降は平均球速157km/h台に球速が低下しました。序盤の球速を維持出来れば、また圧倒的な投球が出来そうです。

やきゅまる
やきゅまる
制球は安定していたから、序盤の球速を維持出来るかだね