第265回 【千葉ロッテ】佐々木朗希投手がオールスター初登板(2022年7月27日投球分析)

2022年7月28日

佐々木朗希投手の投球内容(2022年7月27日)
佐々木朗希投手の投球内容
(2022年7月27日)

2022年7月22日、佐々木朗希投手が松山坊ちゃんスタジアムでのオールスターに先発。

1回を投げて23球、被安打3、四死球0、奪三振0、1失点の投球内容でした。

2番巨人ウォーカー選手への4球目にはオールスター日本人最速162km/hを記録しました。これは14年の日本ハム大谷翔平投手とタイ記録になります。

今回はそんな「【千葉ロッテ】佐々木朗希投手の投球分析(2022年オールスター)」を紹介します。

佐々木朗希投手の過去記事一覧

使用するデータはスポナビライブのデータです。

やきゅまる
やきゅまる
血豆の影響がなくて良かった

1. 球種・投球割合

23球中21球がストレート

佐々木朗希投手の対左右投球割合(2022年7月27日)
佐々木朗希投手の対左右投球割合
(2022年7月27日)

今回はストレートフォークカーブ3球種です。

23球中21球がストレートで、フォークカーブは佐藤輝明選手に投じた1球のみでした。

やきゅまる
やきゅまる
佐藤輝明選手が粘らなかったら、全球ストレートだったかもね

2. コース別

ストレートはほぼアウトハイ

佐々木朗希投手のコース別投球数
(2022年7月27日)

ストレートアウトハイが多かったです。

一方、フォークカーブはストライクに入りませんでした。

やきゅまる
やきゅまる
コースも限定的だと流石に打たれるね

3. 各成績

ストレートはストライク率81%、ゾーン内率76%

佐々木朗希投手の球種別成績(2022年7月27日)
佐々木朗希投手の球種別成績
(2022年7月27日)

ストレートストライク率81%ゾーン内率は76%と非常に高く、ほぼゾーン内への投球でした。

空振りは2個と少なく、やはりフォークを投げないと厳しいです。

やきゅまる
やきゅまる
もっとフォークを使って欲しかったな

4. 球速

平均158.7km/h、最高162km/h

佐々木朗希投手の球速(2022年7月27日)
佐々木朗希投手の球速
(2022年7月27日)

ストレート平均球速158.7km/h最高球速162km/hで、シーズン中に比べるとどちらもやや遅かったです。

やきゅまる
やきゅまる
正直、164km/h以上が出るかと期待してた

160km/h超えは21球中7球

佐々木朗希投手の球速帯(2022年7月27日)
佐々木朗希投手の球速帯
(2022年7月27日)

ストレート21球中7球が160km/h超えでした。

やきゅまる
やきゅまる
ウォーカー選手への3球目のボール球が一番球威があったね

まとめ

佐々木朗希投手の投球内容(2022年7月27日)
佐々木朗希投手の投球内容
(2022年7月27日)
まとめ

①平均球速158.7km/h
②最高は日本人オールスター最速タイ162km/h
③23球中21球がストレート
④ストレートはほぼアウトハイ
⑤ストレートはストライク率81%、ゾーン内率76%
⑥160km/h超えは7球

今回は「【千葉ロッテ】佐々木朗希投手の投球分析(2022年オールスター)」を紹介しました。

1回を投げて23球、被安打3、四死球0、奪三振0、1失点の投球内容でした。

23球中21球がストレートで、フォークカーブは佐藤輝明選手に投じた1球のみでした。

ストレートストライク率81%ゾーン内率は76%と非常に高く、ほぼゾーン内のアウトハイへの投球でした。

ストレート平均球速158.7km/h最高球速162km/hで、シーズン中に比べるとどちらもやや遅かったですが、21球中7球が160km/h超えでした。

久しぶりの登板で力感なく、安定して160km/hを連発出来ていたので、後半戦の投球が楽しみです。