第264回 【投手兼DH】大谷翔平投手が快投から7回一挙6失点(2022年7月22日投球分析)

2022年7月30日

大谷翔平投手の投球内容
(2022年7月22日)

2022年7月22日、大谷翔平投手(28)が敵地トゥルーイスト・パークでのブレーブス戦に「1番・投手兼DH」で投打同時出場。

6回1/3を投げて92球、被安打6、四死球1、奪三振11、6失点の投球内容で5敗目

MLB自己最速の平均158.6km/h、最高162.9km/hを記録するなど、6回までは11奪三振1安打無失点に抑える圧倒的な投球でした。この5試合連続2桁奪三振は、1995年野茂英雄を抜いて日本人初です。

しかし、7回先頭のスワンソン選手に四球を与えた後、オルソン選手に失投のフォークをホームランされると一気に流れが変わり、無双していたスライダーも打たれて一挙6失点しました。

今回はそんな「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年7月22日投球分析」を紹介します。

大谷翔平投手の投球分析の過去記事

データはBaseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

やきゅまる
やきゅまる
ブレーブスは打線として機能していたね

1. 球種・投球割合

スラッターを22%と多投

大谷翔平投手の日別投球割合
(2022年7月22日まで)

今回はストレートフォークスラッタースライダーカーブ5球種を投球しました。

スラッターを22%と多投し、ストレートはわずか18%で、ツーシームスプリームは投げませんでした。

※当ブログでは「カットボールをスラッター」と「第二のスプリットをスプリーム」と呼称しています。詳細は過去記事を参照して下さい。

やきゅまる
やきゅまる
スラッターを多投したから球数を抑えていたね

左右ともにスラッターを多投

大谷翔平投手の対左右投球割合
(2022年7月22日)

上は前回登板までの2022年平均、下は今回の左右投球割合です。

左右関係なくスラッターを多投しました。

やきゅまる
やきゅまる
特に左打者へのストレートが少なかったね

2. コース

右打者はアウトコース中心

大谷翔平投手のベース上の位置
(2022年7月22日)

左右ともに低めのフォークで多く空振りを奪いました。さらに右打者はアウトコースのスライダーでも空振りを量産しました。

やきゅまる
やきゅまる
ストライクからボールになる球が効果的だったね

7回は右のアウトハイに集まっている

大谷翔平投手のベース上の位置
(2022年7月22日・7回のみ)

上図は打たれた7回のみのベース上の位置です。

右打者はアウトハイにスラッタースライダーが集まってしまい、打たれたと考えられます。

3. 各成績

左右差なし

大谷翔平投手の左右別成績
(2022年7月22日)

上図は今回、前回登板までの2022年平均MLB右投手平均の左右別被OPSです。

左右ともに6回までは抑えていて、7回に打たれました。

やきゅまる
やきゅまる
あまり左右差は無いね

7回は左にフォーク、右にスライダーを打たれた

大谷翔平投手の球種別成績
(2022年7月22日)

今回は空振りが16個(前回24個)と、6回までは前回同様に空振りを多く取れました。

特にフォーク空振りが8個(前回0個)と激増しました。

全体としてもストライク率74%(前回66%)、ゾーン内率54%(前回55%)とゾーン外のフォークスライダーを振らせていました。

また多投したスラッターで効率良くストライクを取ることで球数を抑えました。

しかし7回に左にフォークを2安打右にスライダーを3安打打たれました。

やきゅまる
やきゅまる
まさかフォーク、スライダーがこんなに打たれるなんてね

4. リリースポイント

リリース位置は体から遠くて高い

大谷翔平投手のリリースポイント
(2022年7月22日)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。◇は2022年平均△はMLB平均です。

全球種のリリース位置がから遠くて高いです。

球持ちはいつもぐらいでした。

やきゅまる
やきゅまる
いつも以上に腕が振れていたね

5. 球速と回転数

平均球速158.6km/h、最高162.9km/h

大谷翔平投手の球速・回転数
(2022年7月22日)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、◇は2022年平均△はMLB平均を表しています。

ストレート平均球速158.6km/hMLB自己最速最高球速162.9km/h回転数は2190回転でした。

カーブスローカーブを投げず、球速が速く回転数が多いパワーカーブのみでした。

MLB自己最速の平均球速

大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移
(2022年7月22日まで)

ストレート今季最速でMLB自己最速の平均球速158.6km/hでした。

回転数は2190回転と今季の中では平均的でした。

直近6試合は平均球速が右肩上がりです。

やきゅまる
やきゅまる
次の登板では平均159km/hを出しそう

7回も平均158.6km/h

大谷翔平投手の回別平均球速
(2022年7月22日)

打たれた7回も平均158.6km/hと球速が出ていました。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートの投球割合が少ないから、終盤に力が残ってるね

6. 回転軸と変化量

回転軸

大谷翔平投手の回転軸
(2022年7月22日)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、◇は2022年点線はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

フォークが落ちなくなった

大谷翔平投手の変化量
(2022年7月22日)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、◇は2022年△はMLB平均を表しています。

ストレートはいつものように真っスラ気味です。

フォークは6回までは落差が大きいですが、6回以降は落差が小さい球が増えて、全く落ちなかったフォークをホームランされました。

スラッタースライダーカーブは2022年平均くらいです。

やきゅまる
やきゅまる
フォークは落ちなかったのが打たれた要因だね

まとめ

大谷翔平投手の投球内容とコース
(2022年7月22日)
まとめ

①スラッターを22%と多投
②低めのフォーク、右のアウトコースのスライダーで空振り量産
③空振りが16個(前回24個)
④フォークで空振り8個(前回0個)
⑤MLB自己最速の平均158.6km/h、最高162.9km/h
⑥平均2190回転
⑦7回は左にフォーク、右にスライダーを打たれた
⑧7回はスライダーが高めに浮いた
⑨7回にフォークが落ちなくなった

今回は「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年7月22日投球分析」を紹介しました。

6回1/3を投げて92球、被安打6、四死球1、奪三振11、6失点の投球内容で5敗目

MLB自己最速の平均158.6km/h、最高162.9km/hを記録するなど、6回までは11奪三振1安打無失点に抑える圧倒的な投球でした。

左右ともに低めのフォークで多く空振りを奪いました。さらに右打者はアウトコースのスライダーでも空振りを量産しました。特にフォーク空振りが8個(前回0個)と激増しました。

スラッターを22%と多投することで効率良くストライクを取ることで球数も抑えました。

しかし、打たれた7回は「右打者のアウトハイにスライダーが集まったこと」「フォークが落ちなかったこと」が要因で打たれたと考えられます。

この6試合は球速が右肩上がりなので、次回登板が楽しみです。

やきゅまる
やきゅまる
平均160km/h出して欲しいね