第267回 【投手兼DH】大谷翔平投手が日本人初の6試合連続2桁奪三振(2022年7月28日投球分析)

大谷翔平投手の投球内容(2022年7月28日)
大谷翔平投手の投球内容
(2022年7月28日)

2022年7月28日、大谷翔平投手(28)が本拠地エンゼルスタジアムでのレンジャーズ戦に「1番・投手兼DH」で投打同時出場。

6回を投げて98球、被安打8、四死球0、奪三振11、2失点と好投しましたが、援護がなく6敗目

6試合連続2桁奪三振は、野茂英雄投手を抜いて日本人最長記録となりました。また、ノーラン・ライアン投手が持つ球団記録の7試合連続にも王手となりました。

今回はそんな「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年7月28日投球分析」を紹介します。

大谷翔平投手の投球分析の過去記事

データはBaseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

やきゅまる
やきゅまる
初回満塁から3者連続三振を獲った時は勝てると思ったんだけどね

1. 球種・投球割合

スライダーを50%と多投

大谷翔平投手の日別投球割合(2022年7月28日)
大谷翔平投手の日別投球割合
(2022年7月28日)

今回はストレートフォークスラッタースライダーカーブ5球種を投球しました。

スライダーを50%と多投し、ストレートはわずか15%で、ツーシームスプリームは投げませんでした。

※当ブログでは「カットボールをスラッター」と「第二のスプリットをスプリーム」と呼称しています。詳細は過去記事を参照して下さい。

やきゅまる
やきゅまる
途中40球連続変化球だったね

左右ともにスライダーを多投

大谷翔平投手の左右投球割合(2022年7月28日)
大谷翔平投手の左右投球割合
(2022年7月28日)

上は前回登板までの2022年平均、下は今回の左右投球割合です。

左右ともにスライダーを多投し、フォークカーブは左打者のみに投球しました。

やきゅまる
やきゅまる
スラッターも左右ともに多かったね

2. コース

左打者に打たれたのはアウトコース

大谷翔平投手のベース上の位置(2022年7月28日)
大谷翔平投手のベース上の位置
(2022年7月28日)

右打者はアウトコースのスライダーで空振りを量産しました。

一方、左打者はアウトコースと膝元に投げ分けています。特にフォークは膝元から多く落とせていました。

左打者に打たれたのは全てアウトコースでした。

やきゅまる
やきゅまる
シーガー選手は膝元のフォークを振らなかったね

3. 各成績

左打者に打たれた

大谷翔平投手の左右別成績(2022年7月28日)
大谷翔平投手の左右別成績
(2022年7月28日)

上図は今回、前回登板までの2022年平均MLB右投手平均の左右別被OPSです。

左打者に7安打とかなり打たれました。ただ2~4番に6安打なので、左打者に打たれたというよりは主軸に打たれました

やきゅまる
やきゅまる
特にシーガー選手は3安打

右打者にスライダーは打たれなかった

大谷翔平投手の球種別成績(2022年7月28日)
大谷翔平投手の球種別成績
(2022年7月28日)

今回は空振りが21個(前回16個)と、前回同様に空振りを多く取れました。

特にスライダー空振りが14個(前回5個)と激増しました。

全体としてもストライク率68%(前回74%)、ゾーン内率54%(前回54%)とゾーン内で勝負出来ていました。

投球数が少なかったストレートカーブ2安打打たれましたが、投球数が多かったスライダーは右打者に0安打と打たれませんでした。

やきゅまる
やきゅまる
右打者にスライダーのゴリ押しは正しかったんだね

4. リリースポイント

リリース位置は体から遠くて低い

大谷翔平投手のリリースポイント(2022年7月28日)
大谷翔平投手のリリースポイント
(2022年7月28日)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。◇は2022年平均△はMLB平均です。

全球種のリリース位置がから遠くて低いです。

球持ちはいつもぐらいでした。

やきゅまる
やきゅまる
リリース位置が低いことがフォークが安定しない要因かもね

5. 球速と回転数

平均球速158.0km/h、最高161.7km/h

大谷翔平投手の球速・回転数(2022年7月28日)
大谷翔平投手の球速・回転数
(2022年7月28日)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、◇は2022年平均△はMLB平均を表しています。

ストレート平均球速158.0km/h最高球速161.7km/h回転数は2192回転でした。

カーブは球速が遅いスローカーブ、球速が速く回転数が多いパワーカーブの2種類を投球しました。

平均球速は出ていた

大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移(2022年7月28日まで)
大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移
(2022年7月28日まで)

ストレート平均球速158.0km/hで今季の中では4番目に速い方でした。

回転数は2192回転と今季の中では平均的でした。

やきゅまる
やきゅまる
日程的にキツいけど球速は出ていたね

6回は平均159.3km/h

大谷翔平投手の回別平均球速(2022年7月28日)
大谷翔平投手の回別平均球速
(2022年7月28日)

ストレートの投球数を増やした6回は平均159.3km/hと球速が出ていました。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートの投球割合が少ないから、終盤に力が残ってるね

6. 回転軸と変化量

回転軸

大谷翔平投手の回転軸(2022年7月28日)
大谷翔平投手の回転軸
(2022年7月28日)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、◇は2022年点線はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

フォークが不安定

大谷翔平投手の変化量(2022年7月28日)
大谷翔平投手の変化量
(2022年7月28日)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、◇は2022年△はMLB平均を表しています。

ストレートはいつものように真っスラ気味です。

フォーク変化量が不安定で、最後のライトフライも全く落ちないフォークだったのでホームランにされてもおかしくないボールでした。

スラッタースライダーカーブは2022年平均くらいです。

やきゅまる
やきゅまる
スライダーが良い状態だから、フォークが安定すると無双出来そう

まとめ

大谷翔平投手の投球内容とコース(2022年7月28日)
大谷翔平投手の投球内容とコース
(2022年7月28日)
まとめ

①スライダーを50%と多投
②右のアウトコースのスライダーで空振り量産
③空振りが21個(前回16個)
④スライダーで空振り14個(前回5個)
⑤平均158.0km/h、最高161.7km/h
⑥平均2190回転、ホップ量37cm
⑦フォークの変化量が不安定

今回は「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年7月28日投球分析」を紹介しました。

6回を投げて98球、被安打8、四死球0、奪三振11、2失点と好投しましたが、援護がなく6敗目

投球数が少なかったストレートカーブ2安打打たれましたが、50%と多投したスライダーは右打者に0安打と打たれませんでした。

左打者はアウトコースと膝元に投げ分け、特にフォークは膝元から多く落とせていましたが、アウトコースを7安打されました。

フォークは投球コースは良かったですが、リリース位置の関係なのか変化量が不安定でした。

ストレート平均球速158.0km/hで今季の中では4番目に速い方でしたので調子自体は悪くないので、次回登板では圧倒的な投球を見られると期待したいです。

やきゅまる
やきゅまる
平均160km/h出して欲しいね