第283回 【大谷翔平】新球種「縦スライダー」で13勝目(2022年9月17日投球分析)

2022年9月26日

大谷翔平投手の投球内容
(2022年9月17日)

2022年9月17日、大谷翔平投手(28)が本拠地エンゼルス・スタジアムでのマリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。

7回を投げて107球、被安打3、四死球1、奪三振8、失点0で13勝目

今日の縦スライダーの握り

マリナーズ打線が8人も左打者を並べたことも影響してか、新球種「縦スライダーを投球しました。

縦スラの握りは「去年のカットボール」と同じ握りです。ちなみに最近のカットボールは違う握りをしています。

去年の各球種の握り
(4月の米TIME誌のインタビューより)

今回はそんな「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年9月17日投球分析」を紹介します。

大谷翔平投手の投球分析の過去記事

データはBaseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

やきゅまる
やきゅまる
本人もいつもと違うスライダーって言ってたね

1. 球種・投球割合

バランス良く投球

大谷翔平投手の日別投球割合(2022年9月17日まで)
大谷翔平投手の日別投球割合
(2022年9月17日まで)

今回はストレートツーシームフォークカットボール縦スラスライダーカーブ7球種を投球しました。

いつもよりバランス良く投球しました。

スプリームは投げませんでした。

※当ブログでは「第二のスプリットをスプリーム」と呼称しています。詳細は過去記事を参照して下さい。

今まで「スラッター」と呼んでたけど、今回から一般的な「カットボール」とするね

右打者にツーシームスライダー、左打者はバランスが良い

大谷翔平投手の左右投球割合(2022年9月17日)
大谷翔平投手の左右投球割合
(2022年9月17日)

上は前回登板までの2022年平均、下は今回の左右投球割合です。

右打者には約9割以上ツーシームスライダーでした。

一方、左打者にはバランス良く投球しました。

やきゅまる
やきゅまる
ツーシームは左打者にも投げたね

2. コース

アウトロー中心

大谷翔平投手のベース上の位置(2022年9月17日)
大谷翔平投手のベース上の位置
(2022年9月17日)

右打者へはほぼアウトローのスライダーでした。

左打者には色んな球種でアウトロー中心の投球で、高めの球が非常に少なかったです。

やきゅまる
やきゅまる
左右ともに浮いた球が少なかったね

3. 各成績

単打3本のみ

大谷翔平投手の左右別成績(2022年9月17日)
大谷翔平投手の左右別成績
(2022年9月17日)

上図は今回、前回登板までの2022年平均MLB右投手平均の左右別被OPSです。

打たれたのは左打者の単打3本のみでした。

やきゅまる
やきゅまる
極端に8人も左打者だったから、左右差が分からないね

縦スラはゾーン外を振らせる

大谷翔平投手の球種別成績(2022年9月17日)
大谷翔平投手の球種別成績
(2022年9月17日)

スラストライク率77%ゾーン内率38%とゾーン外をかなり振らせました。

全体でストライク率68%(前回61%)、ゾーン内率48%(前回43%)と、前回よりはストライクを取れました。

空振りは16個(前回11個)と、いつもよりは少なかったです。

やきゅまる
やきゅまる
もう少しツーシームでストライクを取りたいね

4. リリースポイント

縦スラのリリース位置が高い

大谷翔平投手のリリースポイント(2022年9月17日)
大谷翔平投手のリリースポイント
(2022年9月17日)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。◇は2022年平均△はMLB平均です。

スライダーなどより縦スラはリリース位置が高いです。

5. 球速と回転数

平均球速157.3km/h、最高160.0km/h

大谷翔平投手の球速・回転数(2022年9月17日)
大谷翔平投手の球速・回転数
(2022年9月17日)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、◇は2022年平均△はMLB平均を表しています。

ストレート平均球速157.3km/h最高球速160.0km/h回転数は2183回転でした。

縦スラスライダーと同じくらいの球速ですが、回転数は少し多いです。

平均球速、回転数ともに平均くらい

大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移(2022年9月17日まで)
大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移
(2022年9月17日まで)

ストレート平均球速157.3km/hで、今季の中では平均的でした。

回転数も2183回転で平均的でした。

1回から球速が出ていた

大谷翔平投手の回別平均球速(2022年9月17日)
大谷翔平投手の回別平均球速
(2022年9月17日)

スロースタータータイプの大谷翔平投手ですが、今回は1回から球速出ていました。

6. 回転軸と変化量

回転軸

大谷翔平投手の回転軸(2022年9月17日)
大谷翔平投手の回転軸
(2022年9月17日)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、◇は2022年点線はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

やきゅまる
やきゅまる
縦スラはスライダーと同じ回転軸なんだね

縦スラの変化量が非常に大きい

大谷翔平投手の変化量(2022年9月17日)
大谷翔平投手の変化量
(2022年9月17日)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、◇は2022年△はMLB平均を表しています。

いつもは真っスラ気味のストレートはややシュート気味でした。

ツーシームMLB平均よりも変化量が大きいです。

フォーク変化量が不安定していました。

縦スラMLB平均よりも変化量が非常に大きいです。

やきゅまる
やきゅまる
縦スラはスライダーでは脅威的な変化量

まとめ

大谷翔平投手の投球内容とコース(2022年9月17日)
大谷翔平投手の投球内容とコース
(2022年9月17日)
まとめ

①新球種「縦スライダー」
②左打者にはバランス良く投球
③縦スラはゾーン外を振らせる
④縦スラのリリース位置が高い
⑤縦スラの変化量大

【ストレート】
平均球速157.3km/h
最高160.0km/h
平均2183回転
ホップ量37cm、シュート成分11cm

今回は「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年9月17日投球分析」を紹介しました。

7回を投げて107球、被安打3、四死球1、奪三振8、失点0で13勝目

新球種「縦スライダーを投球しました。

縦スラの握りは「去年のカットボール」と同じ握りです。MLB平均よりも縦変化量が非常に大きいボールで、ゾーン外を多く振らせました。

やきゅまる
やきゅまる
次はチェンジアップを投げて欲しいね