第325回 【巨人】2023年新外国人エルビス・ルシアーノ投手の投球分析

エルビス・ルシアーノ投手の総評
エルビス・ルシアーノ投手の総評

2023年1月24日、巨人が元ブルージェイズのエルビス・ルシアーノ投手(22)と育成選手契約で合意したと発表しました。年俸1000万円(金額は推定)、背番号は「035」。

ルシアーノ投手は2019年に球団史上最年少となる19歳1カ月で2000年代生まれ初のメジャーデビューを果たした22歳の有望株です。右肘手術の影響で最近2年は2Aでプレーしていました。

今回はそんな「【巨人】2023年新外国人エルビス・ルシアーノ投手の投球分析」を紹介します。

Baseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

2023年新外国人の記事一覧

1. 基本情報

2Aでは先発

所属球団トロント・ブルージェイズ (2019)
ポジションリリーフ、先発
投打右投右打
生年月日2000年2月15日(22歳)
身長190 cm
体重95 kg
基本情報

フライボーラー

エルビス・ルシアーノ投手の年度別成績
エルビス・ルシアーノ投手の年度別成績
エルビス・ルシアーノ投手の被打球種類(MLB2019年)
エルビス・ルシアーノ投手の被打球種類
(MLB2019年)

MLB通算で25試合に登板して防御率5.35被打率.275奪三振率7.2与四死球率7.2です。またフライ率が28%(MLB平均23%)のフライボーラーです。

投手としての特徴は「フライが多い」「被本塁打少ない」「与四死球がかなり多い」「ナチュラルシュート」「リリース位置が不安定」「球種間のリリース差が小さい」などがあげられます。

やきゅまる
やきゅまる
制球力が最大の課題

2. 球種・投球割合

持ち球は3球種

エルビス・ルシアーノ投手の左右球種割合(MLB2019年)
エルビス・ルシアーノ投手の左右球種割合
(MLB2019年)

上図は左右別投球割合で、色が球種を表しています。

持ち球はストレートチェンジアップスライダーの3球種です。

右打者にはスライダー左打者にはチェンジアップを多投しています。

やきゅまる
やきゅまる
スリーピッチだね

3. コース

右のアウトローにスライダー

エルビス・ルシアーノ投手のベース上の位置(MLB2019年)
エルビス・ルシアーノ投手のベース上の位置
(MLB2019年)

右打者のアウトローにスライダーの投球が多くて空振りも奪っています。

左右関係なくストレートは高め、チェンジアップは低めへの投球が多くて空振りも奪っています。

やきゅまる
やきゅまる
左打者のアウトコースに外れるボールが多い

右打者のインコース、左打者のアウトロー〇

エルビス・ルシアーノ投手のコース別成績(MLB2019年)
エルビス・ルシアーノ投手のコース別成績
(MLB2019年)

右打者はインコース左打者はアウトローの成績が良いです。

やきゅまる
やきゅまる
右打者にはもっとインコースを投げてもいいね

4. 各成績

左打者への制球難

エルビス・ルシアーノ投手の対左右成績(MLB2019年)
エルビス・ルシアーノ投手の対左右成績
(MLB2019年)

左打者には与四死球率28%と左打者への制球に難があります。また被長打率も高いことから左打者は苦手です。

やきゅまる
やきゅまる
シュートするから左打者は投げづらいのかな?

対ピンチで制球難

エルビス・ルシアーノ投手の得点圏成績(MLB2019年)
エルビス・ルシアーノ投手の得点圏成績
(MLB2019年)

得点圏では与四死球率33%と対ピンチでの制球に難があります。ただ得点圏での被打率や被長打率が低いです。

やきゅまる
やきゅまる
制球さえ改善すれば対ピンチに強くなりそう

スライダーの空振り率17%

エルビス・ルシアーノ投手の球種別成績(MLB2019年)
エルビス・ルシアーノ投手の球種別成績
(MLB2019年)

左はOPSのグラフ、右は空振りなどのグラフ、下は球種別の成績です。

ストレートはゾーン内率48%しかなくストレートにしては低いです。

チェンジアップは被OPS的には優秀ですが、ゾーン内率25%しかなく制球に課題があります。

スライダーは空振率17%と高く右打者への成績が良いです。

全体ではゾーン内率42%(MLB平均48.5%)しかなく、ストライク率59%(MLB平均64.2%)です。特に初球ストライク率50%(MLB平均60.8%)と初球の制球が課題です。

やきゅまる
やきゅまる
ゾーン内率が低すぎだね

5. リリースポイント

リリース位置が不安定

エルビス・ルシアーノ投手のリリースポイント(MLB2019年)
エルビス・ルシアーノ投手のリリースポイント
(MLB2019年)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。△はMLB平均のリリースポイントです。

MLB平均よりリリースは約25cm体から遠いです。またリリース位置が不安定です。

エクステンションは球離れが早いです。

球種間のリリース位置の差が小さいので、打者は見極めにくいと考えられます。

やきゅまる
やきゅまる
映像を見る限りはフォームの再現性が低く、ストレートとボールがはっきりしてるね

6. 球速と回転数

平均球速151.4km/h、最高155.8km/h

エルビス・ルシアーノ投手の球速・回転数(MLB2019年)
エルビス・ルシアーノ投手の球速・回転数
(MLB2019年)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、△はMLB平均を表しています。

ストレート平均球速は151.4km/hとMLB平均くらいですが、NPBの先発としては速い方です。回転数は2286回転と平均的です。

チェンジアップは141.3km/hと高速ですが、1747回転と回転数は平均的です。

スライダーは球速はMLB平均くらいで、2188回転と回転数がかなり少ないです。

やきゅまる
やきゅまる
チェンジアップはかなり速いね

7. 変化量

回転軸

エルビス・ルシアーノ投手の回転軸(MLB2019年)
エルビス・ルシアーノ投手の回転軸
(MLB2019年)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、点線はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

かなりのナチュラルシュート

エルビス・ルシアーノ投手の変化量
(MLB2019年)
エルビス・ルシアーノ投手の変化量
(MLB2019年)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、△はMLB平均を表しています。

ストレートはシュート成分35cmとかなりのナチュラルシュートです。

チェンジアップもシュート成分39cm、縦変化量13cmと変化量が大きいです。

スライダー横変化量が小さいです。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートはツーシーム(シュート)みたいだね

まとめ

エルビス・ルシアーノ投手の総評
エルビス・ルシアーノ投手の総評
まとめ

①MLB通算で防御率5.35、被打率.275、奪三振率7.2、与四死球率7.2(25試合)
②2000年代生まれ初のメジャーリーガー
③右肘手術済みの22歳
④フライボーラー(フライ率28%)
⑤被本塁打が少ない
⑥与四死球率7.2
⑦持ち球は3球種
⑧右にスライダー、左にチェンジアップを多投
⑨右のアウトローにスライダー
⑩高めにストレート、低めにチェンジアップ
⑪右打者はインコース、左打者はアウトローの成績が良い
⑫左打者への制球難(与四死球率28%)
⑬対ピンチで制球難(与四死球率33%)
⑭ゾーン内率42%(MLB平均48.5%)
⑮スライダーの空振り率17%
⑯リリース位置不安定
⑰リリースは体から遠く球種間の差が小さい
⑱平均球速151.4km/h、最高155.8km/h
⑲かなりのナチュラルシュート
⑳チェンジアップは高速で変化量大
㉑スライダーは回転数と横変化量小

ルシアーノ投手は2019年に球団史上最年少となる19歳1カ月で2000年代生まれ初のメジャーデビューを果たした22歳の有望株です。右肘手術の影響で最近2年は2Aでプレーしていました。

MLB通算で25試合に登板して防御率5.35被打率.275奪三振率7.2与四死球率7.2です。またフライ率が28%(MLB平均23%)のフライボーラーです。

投手としての特徴は「フライが多い」「被本塁打少ない」「与四死球がかなり多い」「ナチュラルシュート」「リリース位置が不安定」「球種間のリリース差が小さい」などがあげられます。

やきゅまる
やきゅまる
まだ22歳だから制球難なのが改善されれば活躍しそう