第319回 【オリックス】2023年新外国人ジャレル・コットン投手の投球分析

2023年1月24日

ジャレル・コットン投手の総評
ジャレル・コットン投手の総評

2022年12月20日、オリックスが新外国人選手としてジャイアンツ傘下3Aのジャレル・コットン投手(30)と大筋合意していることが報道されました。

2023年1月24日にオリックスが正式に獲得したと発表しました。背番号は「42」。

コットン投手は多彩な変化球と回転数が多いスクリューのようなチェンジアップで奪三振を量産する投手です。

今回はそんな「【オリックス】2023年新外国人ジャレル・コットン投手の投球分析」を紹介します。

Baseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

2023年新外国人の記事一覧

1. 基本情報

2019年にリリーフ転向

所属球団オークランド・アスレチックス (2016 – 2017)
テキサス・レンジャーズ (2021)
ミネソタ・ツインズ (2022)
ポジションリリーフ、先発
投打右投右打
生年月日1992年1月19日(30歳)
身長180.3 cm
体重88.5 kg
基本情報

3Aでの奪三振率が高い

ジャレル・コットン投手の年度別成績
ジャレル・コットン投手の年度別成績
ジャレル・コットン投手の被打球種類(MLB2016-2022年)
ジャレル・コットン投手の被打球種類
(MLB2016-2022年)

今季MLBで30試合に登板して防御率3.56被打率.185奪三振率8.2与四死球率4.6です。また通算のポップフライ率が15%(MLB平均7%)、フライ率が29%(MLB平均23%)と高いです。

3Aでは22試合に登板して防御率2.88被打率.204奪三振率14.0与四死球率4.7でした。

MLBと3Aともに2019年にリリーフ転向して与四死球が増加しましたが、被打率が下がり防御率も向上しました。

投手としての特徴は「ノビのあるストレート」「スクリューのようなチェンジアップ」「リリースが見にくい」「先発とリリーフで球速変わらない」「フライが多い」などがあげられます。

やきゅまる
やきゅまる
かなりポップフライが多いから差し込めてるんだね

2. 球種・投球割合

持ち球は6球種

ジャレル・コットン投手の年別投球割合(MLB2016-2022年)
ジャレル・コットン投手の年別投球割合
(MLB2016-2022年)

持ち球はストレートツーシームカットボールチェンジアップスライダーカーブの6球種です。

ただし、2022年はツーシームカットボールを投球しておらずストレートチェンジアップが投球の85%です。

やきゅまる
やきゅまる
ほぼストレート、チェンジアップ、スライダーだね

右打者にスライダー多投

ジャレル・コットン投手の左右投球割合(MLB2022年)
ジャレル・コットン投手の左右投球割合
(MLB2022年)

上図は左右別投球割合で、色が球種を表しています。

左打者にはストレートチェンジアップが約9割投球しています。右打者にはスライダーを多投しています。

やきゅまる
やきゅまる
ほぼ3球種だね

ストレートスライダーはカウント球、チェンジアップは決め球

ジャレル・コットン投手のカウント状況別投球割合(MLB2022年)
ジャレル・コットン投手のカウント状況別投球割合
(MLB2022年)

ストレートスライダーはカウント球、チェンジアップは決め球で多く使用しています。

やきゅまる
やきゅまる
ノビのあるストレートを意識させてチェンジアップで空振りを奪うのが基本

3. コース

高めにストレート、低めにチェンジアップ

ジャレル・コットン投手のベース上の位置(MLB2021-2022年)
ジャレル・コットン投手のベース上の位置
(MLB2021-2022年)

高めにストレート、低めにチェンジアップの投球が多くて空振りも奪っています。

やきゅまる
やきゅまる
投球パターンが確率されてるね

右には高め、左にはインハイとアウトロー〇

ジャレル・コットン投手のコース別成績(MLB2016-2022年)
ジャレル・コットン投手のコース別成績
(MLB2016-2022年)

右打者には高め、左打者にはインハイとアウトローの成績が良いです。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートは高めに有効だけど、左打者のアウトハイだけは打たれてるね

4. 各成績

対左打者がやや得意

ジャレル・コットン投手の対左右成績(MLB2016-2022年)
ジャレル・コットン投手の対左右成績
(MLB2016-2022年)

左打者の被打率.234被OPS.746左打者にやや強いです。

3A通算でも左打者の被打率.207と対左打者の成績が良いです。

やきゅまる
やきゅまる
ただ左打者への与四死球率は高いね

対ピンチにやや弱い

ジャレル・コットン投手の得点圏成績(MLB2016-2022年)
ジャレル・コットン投手の得点圏成績
(MLB2016-2022年)

得点圏の被打率.257被OPS.760と、それ以外の場面より数字が高いので対ピンチにはやや弱いです。

チェンジアップスライダーは優秀

ジャレル・コットン投手の球種別成績(MLB2016-2022年)
ジャレル・コットン投手の球種別成績
(MLB2016-2022年)

左はOPSのグラフ、右は空振りなどのグラフ、下は球種別の成績です。

決め球のチェンジアップは被打率と被OPSが低く、空振率17%と高いです。

スライダーは右打者の成績が良いですが、ゾーン内率42%でストライク率が52%と少し低いです。

全体ではゾーン内率51%、ストライク率63%とまずまずの成績です。

やきゅまる
やきゅまる
ツーシームは左打者に投げても良いかもね

5. リリースポイント

リリースが見にくい

ジャレル・コットン投手のリリースポイント(MLB2022年)
ジャレル・コットン投手のリリースポイント
(MLB2022年)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。△はMLB平均のリリースポイントです。

基本的にはMLB平均よりリリースは約10cm体に近く高いオーバースロー気味です。

エクステンションは短く球離れが早いです。

球種間のリリース位置の差が小さいので、打者は見極めにくいと考えられます。

やきゅまる
やきゅまる
リリースは見にくくて打者を差し込めるからポップフライが多いのかも

6. 球速と回転数

平均球速149.8km/h、最高155.3km/h

ジャレル・コットン投手の球速・回転数(MLB2016-2022年)
ジャレル・コットン投手の球速・回転数
(MLB2016-2022年)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、△はMLB平均を表しています。

ストレート平均球速は149.8km/hとMLB平均以下ですが、NPBの先発としては速い方です。回転数は2244回転と平均くらいです。

ツーシームも同様です。

カットボールカーブは球速と回転数が平均以下です。

チェンジアップは普通回転数が少ないですが、2334回転とかなり回転数が多い特殊球です。

スライダーは球速が遅く回転数は平均的です。

やきゅまる
やきゅまる
スクリューのようなチェンジアップ

先発でもリリーフでも球速が変わらない

ジャレル・コットン投手の年別平均球速・回転数
ジャレル・コットン投手の年別平均球速・回転数

2019年にリリーフ転向しましたが、150km/hくらいで安定しています。このことから先発でもリリーフでも球速が変わらない投手と考えられます。

回転数は2250回転前後で安定しています。

やきゅまる
やきゅまる
球速だけを考えるなら先発の方が良さそう

7. 変化量

回転軸

ジャレル・コットン投手の回転軸(MLB2016-2022年)
ジャレル・コットン投手の回転軸
(MLB2016-2022年)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、点線はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

ストレートのノビが良い

ジャレル・コットン投手の変化量(MLB2016-2022年)
ジャレル・コットン投手の変化量
(MLB2016-2022年)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、△はMLB平均を表しています。

ストレートはポップ量50cmとMLBトップレベルのノビのあるシュートライズです。

チェンジアップMLB平均くらいの変化量です。

スライダーはMLB平均より変化量が大きいです。

カーブは横変化量が小さく縦に落ちるボールです。

やきゅまる
やきゅまる
回転数が多いのにチェンジアップはしっかり落差があるね

まとめ

ジャレル・コットン投手の総評
ジャレル・コットン投手の総評
まとめ

①今季MLBで防御率3.56、被打率.185、奪三振率8.2、与四死球率4.6(30試合)
②2019年にリリーフ転向
③リリーフ転向で与四死球増加
④3Aでの奪三振率高い
⑤ポップフライとフライ多い
⑥持ち球は6球種
⑦投球の85%はストレートとチェンジアップ
⑧右にスライダーを多投
⑨ストレートとスライダーはカウント球、チェンジアップは決め球
⑩高めにストレート、低めにチェンジアップ
⑪右には高め、左にはインハイとアウトローの成績良い
⑫左打者がやや得意(対左.234)
⑬対ピンチにやや弱い(得点圏.257)
⑭チェンジアップとスライダーは優秀
⑮リリースが見にくい
 ⇒体に近く球種間の差が小さい
⑯平均球速149.8km/h、最高155.3km/h
⑰先発でもリリーフでも球速が変わらない
⑱回転数が多いスクリューのようなチェンジアップ
⑲MLBトップレベルのノビのあるシュートライズ
⑳スライダーの変化量大

コットン投手は多彩な変化球と回転数が多いスクリューのようなチェンジアップで奪三振を量産する投手です。

今季MLBで30試合に登板して防御率3.56被打率.185奪三振率8.2与四死球率4.6です。また通算のポップフライ率が15%(MLB平均7%)、フライ率が29%(MLB平均23%)と高いです。

2019年にリリーフ転向して与四死球が増加しましたが、被打率が下がり防御率も向上しました。

投手としての特徴は「ノビのあるストレート」「スクリューのようなチェンジアップ」「リリースが見にくい」「先発とリリーフで球速変わらない」「フライが多い」などがあげられます。

ストレートチェンジアップが投球の85%で、ストレートはポップ量50cmとMLBトップレベルのノビのあるシュートライズです。

チェンジアップは普通回転数が少ないですが、2334回転とかなり回転数が多い特殊球です。そのため被打率と被OPSが低く、空振率17%と高いです。