第126回 【リアル二刀流】大谷翔平投手のスライダーが球速&ホップ成分増加で制球安定(2021年8月4日投球分析)

現地時間8月4日(日本時間5日)に敵地でのレンジャーズ戦に出場、投打のリアル二刀流の「2番投手」で先発しました。

投手としては6回4安打1失点6奪三振無四死球の好投で6勝目。投打同時出場でメジャー通算10勝目。今季は16試合(16先発)に登板し6勝1敗、防御率2.93となりました。

打者としては3打数無安打で、外野の守備にはつきませんでした。

今回はそんな「大谷翔平投手の2021年8月4日投球分析」を紹介します。

データはBaseball Savantを使用します。過去の投球分析については下記を参照して下さい。

大谷翔平投手の過去記事一覧

1. 左打者にスライダー

日別投球割合(2021年)

大谷翔平投手の日別投球割合(2021年)
大谷翔平投手の日別投球割合(2021年)

上図は2021年の登板日別の投球割合です。

5球種をバランスよく投球しており、ストレートの投球割合が今季1番少なかったです。

左右別投球割合

大谷翔平投手の左右投球割合(2021年8月4日)
大谷翔平投手の左右投球割合(2021年8月4日)

上は2021年、下は8月4日の左右別の投球割合です。

今回は右打者にはフォークを投げずスラッターを多投していました。

左打者にはストレートの割合が減り、スライダーを多投していました。

回別投球割合

大谷翔平投手の回別投球割合(2021年8月4日)
大谷翔平投手の回別投球割合(2021年8月4日)

2回まではストレートの割合が高いですが、3回以降はスライダー、スラッター中心の投球でした。

2. スライダー、カーブが高速化

球速・回転数

大谷翔平投手の球速・回転数(2021年8月4日)
大谷翔平投手の球速・回転数(2021年8月4日)

8月4日のストレートは平均球速154.4km/h、最高球速159.6km/hでした。

スライダーの平均球速がほぼ3km/hも高速化していました。

またカーブの平均球速がほぼ3km/hも高速化していました。

フォークは回転数が500回転近く少なかったです。

回別平均球速

大谷翔平投手の回別平均球速(2021年8月4日)
大谷翔平投手の回別平均球速(2021年8月4日)

ストレートの球速は尻上がりに上昇して、4回以降は平均155km/h以上でした。

日別平均球速

大谷翔平投手の日別平均球速(2021年)
大谷翔平投手の日別平均球速(2021年)

上図は2021年の登板日別の平均球速です。

6月以降は平均154km/h前後で安定しています。

日別平均回転数(2021年)

大谷翔平投手の日別平均回転数(2021年)
大谷翔平投手の日別平均回転数(2021年)

全球種の登板日別の平均回転数です。

全球種が緩やかに回転数が減少傾向で、どこかで急に減少していません。特に粘着物質の取り締まり強化の報道が出た6月初旬以降に、急に回転数が減少していません

開幕当初から緩やかに減少傾向なので、二刀流による疲労が主な原因ではないかと思います。

3. ストレートの被打率が良かった

対左右成績

大谷翔平投手の対左右成績(2021年8月4日)
大谷翔平投手の対左右成績(2021年8月4日)

左は2021年の平均、右が8月4日の対左右の成績です。

今回は左右であまり差がありませんでした。

球種成績

大谷翔平投手の球種別成績(2021年8月4日)
大谷翔平投手の球種別成績(2021年8月4日)

左は2021年の平均、右が8月4日の球種別被打率です。

ストレートの投球割合が減ったためか、ストレートの被打率が良かったです。

4 . スライダーのホップ成分が多かった

大谷翔平投手の変化量(2021年8月4日)
大谷翔平投手の変化量(2021年8月4日)

上図は「2021年の平均」、「今回(8月4日)」の変化量です。

回転数が500近く減った影響か、フォークの落差が大きいです。

横変化はいつも通りですが、スライダーはホップ成分が大きいです。そのため打者からすると、より真横に曲がる感覚なので打ちづらい軌道です。

やきゅまる
やきゅまる
スライダーのホップ成分増加は良いことだと思う

5. ストレート、スライダーの球持ちが良い

大谷翔平投手のリリースポイント(2021年8月4日)
大谷翔平投手のリリースポイント(2021年8月4日)

上図は「2021年の平均」、「今回(8月4日)」のリリースポイントです。

ストレート、スライダーの球持ちが良く、これが制球の良さに繋がったと考えられます。

6. スラッター、スライダーの制球力が良かった

大谷翔平投手のベース上の位置(2021年8月4日)
大谷翔平投手のベース上の位置(2021年8月4日)

今回(8月4日)の球種ごとのベース上のボールの位置です。

ストレートのストライク率が高いです。

ただ、それ以上にスラッター、スライダーの制球が非常に良かったです。抜け球が一球もありませんでした。

まとめ

2021年8月4日投球分析のまとめ

①左打者にスライダーを多投
②右打者にフォーク無し
③平均球速154.4km/h、最高球速159.6km/h
④球速は尻上がり
⑤スライダー、カーブが高速化
⑥スライダーのホップ成分増加
⑦スラッター、スライダーの制球力が抜群

今回は「大谷翔平投手の2021年8月4日投球分析」を紹介しました。

スライダーの球速がアップし、ホップ成分が増加して制球も出来ていました。

やはりスライダー、スラッターでカウントを取れるのは大きかったです。

かなり5球種のバランスが良かったので、次回登板も楽しみです。