第222回 【MLB】メジャー全投手と日本人投手の変化量(2021年)

【MLB】メジャー全投手と日本人投手の変化量(2021年)
【MLB】メジャー全投手と日本人投手の変化量(2021年)

2022年のMLBもいよいよ開幕が迫っていますが、「MLB投手の変化量ってどれくらいなんだろう?」「日本人投手は変化量が大きいのか?小さいのか?」が気になったので、今回は「メジャー全投手と日本人投手の変化量(2021年)」を紹介します。

Baseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

ストレートの回転数・平均球速・最高球速・ホップ成分については下記の過去記事を参照して下さい。

ストレートの変化量

MLB全投手のストレート変化量(2021年)
MLB全投手のストレート変化量(2021年)

上図は2021年にストレートを100球以上投じた515人の変化量です。

ダルビッシュ投手はMLB40位のホップ成分47.9cmで、浮き上がるようなボールであると言えます。

大谷投手はシュート成分が少なく、スライドするようなストレートです。

菊池投手有原投手はシュート成分が多いです。

やきゅまる
やきゅまる
よく日本人投手はストレートがキレイと聞くけど、それほどホップ成分は多くないんだね

ツーシームの変化量

MLB全投手のツーシーム変化量(2021年)
MLB全投手のツーシーム変化量(2021年)

上図は2021年にツーシームを100球以上投じた263人の変化量です。

ダルビッシュ投手はホップ成分はMLB37位の34.3cmと多く、あまり沈まずに横に変化するツーシームです。

やきゅまる
やきゅまる
沈むツーシームもシュート成分は多い傾向なんだね

スプリットの変化量

MLB全投手のスプリット変化量(2021年)
MLB全投手のスプリット変化量(2021年)

上図は2021年にスプリットを1球以上投じた53人の変化量です。

日本人投手のスプリットはシュート成分が少ない傾向です。特に大谷投手のフォークはシュート成分がMLB4番目に少なくホップ成分もMLB9番目に少ない特殊なボールです。

逆に大谷投手のスプリームの方が、MLB平均に近いスプリットと言えます。

やきゅまる
やきゅまる
やっぱり大谷投手のフォークは特殊な変化なんだね

スプリームについて

大谷投手の新球種スプリームは9月10日のアストロズ戦で3回1/3を6失点とフォークの制球が出来ずに炎上したことがきっかけで、9月19日から投球しました。

「大谷翔平投手は9月19日からフォークの握りを変えた」と、誤解されている記事をよく見ますが、実際は9月19日以降はスプリームと今までのフォークの両方を投げています。2021年のフォークのストライク率33%に対して、スプリームのストライク率45%と高く、スプリームは制球力重視でカウントも取れるボールです。

大谷投手自身は「チェンジアップなのかスプリットなのかよく分からないです。中間球みたいな球かなと思います。」と発言していて本人も名前を決めていないので、「千賀投手のスプリームと同じ握り、回転であること」から当ブログではスプリームと呼称しています。

左が今までのフォーク、右がシュート回転するスプリーム

カットボールの変化量

MLB全投手のカットボール変化量(2021年)
MLB全投手のカットボール変化量(2021年)

上図は2021年にカットボールを100球以上投じた126人の変化量です。

ダルビッシュ投手のスラッターはMLB7位大谷投手はMLB14位ホップ成分の少なさで、縦に大きく沈むカットボールです。

有原投手と菊池投手はMLB平均より変化量が少ないボールです。

ダルビッシュ投手のハードカッターはMLB16位ホップ成分の多さです。

やきゅまる
やきゅまる
ダルビッシュ投手のスラッターは予想以上に変化量が大きいんだね

ダルビッシュ投手のカットボールについて

当ブログではダルビッシュ投手のカットボールを回転数、変化量、回転軸から「回転数が少ないソフトカッター」、「ホップ成分が多いハードカッター」、「ホップ成分が少ないスラッター」の3種類に分類しています。

チェンジアップの変化量

MLB全投手のチェンジアップ変化量(2021年)
MLB全投手のチェンジアップ変化量(2021年)

上図は2021年にチェンジアップを100球以上投じた251人の変化量です。

前田投手はMLB22位ホップ成分の少なさで、シュート成分が少くて、スプリット並みに落差が大きいチェンジアップです。

菊池投手はシュート成分が少なく、縦に落ちるチェンジアップです。

やきゅまる
やきゅまる
前田投手と菊池投手の変化量は特殊で良い感じだね

スライダーの変化量

MLB全投手のスライダー変化量(2021年)
MLB全投手のスライダー変化量(2021年)

上図は2021年にスライダーを100球以上投じた396人の変化量です。

ダルビッシュ投手はMLB13位の41.4cm、大谷投手はMLB14位の40.4cmの横変化量の大きさで、横に大きく曲がるスライダーです。

菊池投手はドロップ成分が大きく、縦に大きく沈むスライダーです。

澤村投手と前田投手はホップ成分が大きいスライダーです。

やきゅまる
やきゅまる
ダルビッシュ投手と大谷投手の変化量はエグイね

カーブの変化量

MLB全投手のカーブ変化量(2021年)
MLB全投手のカーブ変化量(2021年)

上図は2021年にカーブを100球以上投じた185人の変化量です。

日本人投手のカーブは変化量が大きい傾向です。

ダルビッシュ投手はMLB21位の縦変化量の大きさで、縦に大きく曲がるカーブです。

ナックルカーブの変化量

MLB全投手のナックルカーブ変化量(2021年)
MLB全投手のナックルカーブ変化量(2021年)

上図は2021年にナックルカーブを1球以上投じた66人の変化量です。

ダルビッシュ投手の変化量はMLB平均くらいです。

やきゅまる
やきゅまる
ダルビッシュ投手のナックルカーブはもっと変化量が多いと思っていた

まとめ

ストレート
ダルビッシュ投手はMLB40位のホップ成分47.9cm

ツーシーム
ダルビッシュ投手はMLB37位のホップ成分が多く、横に変化するツーシーム

スプリット
大谷投手のフォークはシュート成分がMLB4番目に少なくホップ成分もMLB9番目に少ない特殊なボール

カットボール
ダルビッシュ投手のスラッターはMLB7位大谷投手はMLB14位の縦に沈むカットボール

チェンジアップ
前田投手はMLB22位ホップ成分の少なさで、シュート成分が少くて、スプリット並みに落差が大きいチェンジアップ

スライダー
ダルビッシュ投手はMLB13位の41.4cm、大谷投手はMLB14位の40.4cmの横変化量の大きさで、横に大きく曲がるスライダー

カーブ
ダルビッシュ投手はMLB21位の縦変化量の大きさで、縦に大きく曲がるカーブ

ナックルカーブ
ダルビッシュ投手の変化量はMLB平均くらい