第251回 【プロ野球】セ・リーグ6球団の2022年度成績(前年度比較・視覚化)

【プロ野球】セ・リーグ6球団の2022年度成績(前年度比較・視覚化)_6月17日時点
【プロ野球】セ・リーグ6球団の2022年度成績
(前年度比較・視覚化)_6月17日時点

今回は「【プロ野球】セ・リーグ6球団の2022年度成績(前年度比較・視覚化)」を紹介します。

数字が苦手な人でもひと目で贔屓のチームの長所と短所が分かるように視覚化してみました。

成績は他5球団との相対評価で1位が「5」、最下位が「1」になっています。今回使用したのはスポナビライブのデータです。

パ・リーグについては下記を参照してください。

1. 投手成績

【プロ野球】セ・リーグ6球団の2022年度投手成績(前年度比較・視覚化)_6月17日時点
【プロ野球】セ・リーグ6球団の2022年度投手成績
(前年度比較・視覚化)_6月17日時点

ヤクルト

前年度以上にリリーフの防御率が良化して、失点がさらに減りました。ただ被本塁打だけは神宮球場の影響で相変わらず、最下位です。

やきゅまる
やきゅまる
昨年同様に投手成績が安定

阪神

前年度同様に先発は安定しており、リリーフの防御率も向上。そのため、6球団の中で最も安定した投手陣になっています。

やきゅまる
やきゅまる
あとは絶対的な守護神が欲しいね

巨人

リリーフの防御率が悪化して失点が6球団で断トツの数字です。被打率は他球団と差があまり無いので、やはり与四死球が多いことが一番の原因となっています。

やきゅまる
やきゅまる
与四死球が多すぎるね

広島

6球団で先発ローテーションが一番安定しており、先発の防御率が良化しました。しかし、交流戦では先発陣に疲れが見えて打ち込まれていたので、疲労の管理が重要になってきそうです。

やきゅまる
やきゅまる
リリーフは球威のある投手が多いけど、もう少し制球力が欲しいね

中日

前年度よりも全ての項目が悪化しています。先発・リリーフ共に枚数が足りていない印象です。

やきゅまる
やきゅまる
野手陣以上に投手陣が苦しいね

横浜

前年度に比べるリリーフの成績が良化しましたが、他球団に比べると物足りない数字です。

やきゅまる
やきゅまる
今永投手を中心に先発の防御率を良化したいね

失点との相関係数

失点とは「WHIP与四死球リリーフ先発」の順で強い相関がありました。
奪三振に関しては、ほとんど相関がありました。

このことから今年のセ・リーグはリリーフが安定していて、WHIP(特に与四死球)が優秀なチームの失点が低いと言えます。

やきゅまる
やきゅまる
今年はリリーフと与四死球が大事なんだね

2. 野手成績

【プロ野球】セ・リーグ6球団の2022年度野手成績(前年度比較・視覚化)_6月17日時点
【プロ野球】セ・リーグ6球団の2022年度野手成績
(前年度比較・視覚化)_6月17日時点

ヤクルト

得点圏打率が下がったため、得点力がやや落ちています。

一方、UZRは大きく上昇しており、内野陣は全員プラスです。特に遊撃手の長岡選手の存在は大きいです。

やきゅまる
やきゅまる
得点圏でも打ち始めたら、一気に得点が伸びそう

阪神

打率出塁率長打率得点圏打率がかなり下がったため、得点力が一気に下がりました

やきゅまる
やきゅまる
ロドリゲス選手が起爆剤になれるかな?

巨人

打率得点圏打率が向上したため、得点力が上がりました。

一方、前年度に比べてUZRが一気に下がっています。これは両翼の外野陣が大きな要因です。

やきゅまる
やきゅまる
長打力はあるから、後は打線として繋がれるかが大事だね

広島

前年度同様に高い打率得点圏打率で得点力を維持しています。しかしながら、本塁打と盗塁は6球団断トツ最下位です。

やきゅまる
やきゅまる
長打が打てれば強力な打線になりそう

中日

他球団の成績が落ちた分、相対評価なので前年度より打率などが向上しています。しかしながら、相変わらず得点がリーグ最下位です。

やきゅまる
やきゅまる
ルーキーに期待するだけでなく、チーム全体で出塁率と長打率を上げる必要があるね

横浜

得点圏打率本塁打が減ったため、得点力が下がってしまいました。

やきゅまる
やきゅまる
個人成績に対して得点が少ないね

得点との相関係数

得点とは「得点圏打率出塁率本塁打」の順で強い相関がありました。
三振に関しては負の相関がありました。

このことから今年のセ・リーグは出塁率が高く、得点圏打率が高いチームの得点が高いと言えます。

一方、UZRは失点と高い相関があり、今年は守備の良いチームが失点が少ないと言えます。

やきゅまる
やきゅまる
やっぱりチャンスで強いチームが強いんだね

3. まとめ

まとめ

①失点と「WHIP>与四死球>リリーフ>先発」の順で強い相関
②得点と「得点圏打率>出塁率>本塁打」の順で強い相関
③「UZRと失点」は強い相関
④「得点と三振」は負の相関

今回は「【プロ野球】セ・リーグ6球団の2022年度成績(前年度比較・視覚化)」を紹介しました。

数字だと他球団との差が分かりにくかったりしますが、視覚化することでひと目で贔屓のチームの長所と短所が分かるようになりました。

やきゅまる
やきゅまる
今年のセ・リーグでは守備の良いチームの失点が少ない