第263回 【横浜】2022年新外国人ロバート・ガゼルマン投手の投球分析

ガゼルマン投手の総評
ガゼルマン投手の総評

2022年7月16日、横浜DeNAベイスターズがシカゴ・カブス傘下3Aのロバート・ガゼルマン投手(28)と今季の選手契約を結ぶことに合意したと発表した。背番号は「70」。

メネズ投手はMLB通算180試合(先発34試合)に登板して、20勝18敗防御率4.60を記録した先発・リリーフでの経験が豊富な右腕です。

今回はそんな「【横浜】2022年新外国人ロバート・ガゼルマン投手の投球分析」を紹介します。

Baseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

2022年新外国人の記事一覧

1. 基本情報

MLBでの経験豊富

所属球団ニューヨーク・メッツ (2016 – 2021)

シカゴ・カブス (2022)
ポジションリリーフ・先発
投打右投右打
生年月日1993年7月18日(28歳)
身長193 cm
体重93 kg
基本情報

奪三振率、与四死球率が低い

ガゼルマン投手の年度別成績
ガゼルマン投手の年度別成績

2022年のMLBで8試合に登板し、2敗1S、防御率4.70とまずまずの成績です。

MLB通算では20勝18敗、防御率4.60被打率.269奪三振率7.1与四死球率3.7です。

投手として特徴は150km/h前後のツーシーム中心にゴロを量産するグラウンドボーラーです。

やきゅまる
やきゅまる
3Aの方が打たれてるね

2. 球種・投球割合

ツーシームが中心

ガゼルマン投手の年別投球割合
ガゼルマン投手の年別投球割合

年別の投球割合で、色が球種を表しています。

持ち球はストレートツーシームカットボールチェンジアップカーブ5球種です。

どの年もツーシームが投球の半数を占めており、2022年はストレートが1球のみでした。

やきゅまる
やきゅまる
典型的なツーシームピッチャーだね

チェンジアップカーブはほぼ左打者のみ

ガゼルマン投手の左右投球割合(2022年)
ガゼルマン投手の左右投球割合
(2022年)

2022年の左右別投球割合で、色が球種を表しています。

チェンジアップカーブはほぼ左打者のみにしか投球しておらず、右打者にはその分ツーシームカットボールの割合が増えます。

やきゅまる
やきゅまる
右打者はほぼツーシームとカットボール

3. コース

真ん中付近が多い

ガゼルマン投手のヒートマップ(2016-2022年)
ガゼルマン投手のヒートマップ
(2016-2022年)

ストレートツーシームカーブ真ん中付近が多いです。

カットボールは右打者のアウトロー(左打者のインロー)への投球が多いです。

チェンジアップは左打者のアウトローへの投球が多いです。

やきゅまる
やきゅまる
ツーシームはもう少し低めに集めたいね

左打者のインコース〇

ガゼルマン投手のコース別成績(2016-2022年)
ガゼルマン投手のコース別成績
(2016-2022年)

左打者へのインコースの成績が良いです。

一方、右打者はアウトロー、インローの成績が良いです。

やきゅまる
やきゅまる
右打者のインローにツーシーム、アウトローにカットボールを投げれるかだね

4. 各成績

左右差はそれほど無い

ガゼルマン投手の対左右成績(2016-2022年)
ガゼルマン投手の対左右成績
(2016-2022年)

左右差はあまり無いです。

ただ、左打者の方が被打率が低いですが、被OPSが高いです。

やきゅまる
やきゅまる
左打者に長打が打たれやすいんだね

ピンチに弱い

ガゼルマン投手の得点圏成績(2016-2022年)
ガゼルマン投手の得点圏成績
(2016-2022年)

得点圏の被打率.286被OPS.804と高く、対ピンチに弱いです。

初球×

ガゼルマン投手のカウント状況別成績(2016-2022年)
ガゼルマン投手のカウント状況別成績
(2016-2022年)

初球0ストライク1ストライクの成績が悪いです。

カウント球に課題がありそうです。

グラウンドボーラー

ガゼルマン投手の被打球種類比率(2016-2022年)
ガゼルマン投手の被打球種類比率
(2016-2022年)

上図は球種ごとの被打球種類比率です。

ゴロ率が50%とMLB平均より高いことからグラウンドボーラーと言えます。

特にツーシームはゴロ率54%とゴロを量産してます。

カットボールが優秀

ガゼルマン投手の球種別成績(2016-2022年)
ガゼルマン投手の球種別成績
(2016-2022年)

左はOPSのグラフ、右は空振り率などのグラフ、下は球種別の成績です。

投球割合が高いツーシーム被打率が高いです。

カットボール空振り率が高く被打率と被OPSが低くて優秀です。

チェンジアップは投球数が多い左打者の被打率と被OPSが低くて優秀です。

カーブ右打者の方が被打率と被OPSが低いです。

やきゅまる
やきゅまる
右打者にもカーブを多投したいね

5. リリースポイント

リリース位置が体に近く、低い

ガゼルマン投手のリリースポイント(2022年)
ガゼルマン投手のリリースポイント
(2022年)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。△はMLB平均のリリースポイントです。

MLB平均よりリリースは約10cm体に近く、低いです。

球持ちはMLB平均くらいです。

6. 球速と回転数

ツーシームは平均球速149.1km/h、最高153.2km/h

ガゼルマン投手の球速・回転数(2022年)
ガゼルマン投手の球速・回転数
(2022年)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、△はMLB平均を表しています。

ツーシーム平均球速は149.1km/hでMLB平均くらいです。回転数は1934回転とかなり少ないです。

カットボールチェンジアップの球速はMLB平均くらいで、回転数は平均より少ないです。

カーブはMLB平均より速く、回転数は平均くらいです。

やきゅまる
やきゅまる
ツーシームはNPB平均のストレートよりも速いね

150km/h前後は期待出来る

ガゼルマン投手の球速・回転数の年度別推移
ガゼルマン投手のストレート球速・回転数の年度別推移

2016年からずっと平均球速は150km/h前後で、直近の2022年も球速低下は見られません。

回転数は調子が悪かった2021年は回転数を落としていますが、直近の2022年は2039回転です。

やきゅまる
やきゅまる
少なくとも平均150km/h前後の球速は期待出来そう

7. 変化量

ツーシームは変化量大

ガゼルマン投手の変化量(2022年)
ガゼルマン投手の変化量
(2022年)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、△はMLB平均を表しています。

ストレートシュート気味でノビがないです。

ツーシームシュート成分が多く落差も大きいので、縦横に変化量が大きいです。

カットボールは横変化量が少なく、縦に沈むボールです。スプリットに近い変化量です。

チェンジアップシュート成分が多いです。

カーブはやや横変化量が多いくらいです。

やきゅまる
やきゅまる
ツーシーム、カットボールが独特な変化量だね

8. 軌道

ガゼルマン投手の軌道(2022年)
ガゼルマン投手の軌道
(2022年)
やきゅまる
やきゅまる
途中まであまり球種間の差がないね

まとめ

ガゼルマン投手の総評と年度別成績
ガゼルマン投手の総評と年度別成績
まとめ

①MLB通算防御率4.6
②奪三振率7.1、与四死球率3.7と低い
③持ち球は5球種
④半数がツーシーム
⑤初球×
⑥左のインコース〇
⑦ピンチに弱い
⑧グラウンドボーラー
⑨ツーシームの平均球速149.1km/h、最高153.2km/h
⑩ツーシームは変化量大
⑪カットボールは縦に沈むボール
⑫チェンジアップはシュート成分が多い

今回は「【横浜】2022年新外国人ロバート・ガゼルマン投手の投球分析」を紹介しました。

MLB通算では20勝18敗、防御率4.60被打率.269奪三振率7.1与四死球率3.7です。

投手として特徴は150km/h前後のツーシーム中心にゴロを量産するグラウンドボーラーです。

ツーシーム平均球速は149.1km/h、回転数は1934回転とかなり少ないです。変化量はシュート成分が多く落差も大きいので、縦横に変化量が大きいです。

カットボールは回転数が少なく、横変化量が少ない縦に沈むボールです。スプリットに近い変化量です。そのため空振り率が高く被打率と被OPSが低くて優秀です。

チェンジアップは左打者への投球が多くて被打率の低い、シュート成分が多いボールです。

カーブは左打者への投球が多いですが、右打者の方が被打率と被OPSが低いです。

やきゅまる
やきゅまる
ツーシームを低めに集められたらゴロを量産しそう