第275回 【大谷翔平】胃腸炎ながら4回3失点(2022年8月21日投球分析)

2022年9月26日

大谷翔平投手の投球内容(2022年8月21日)
大谷翔平投手の投球内容
(2022年8月21日)

2022年8月21日、大谷翔平投手(28)が敵地コメリカ・パークでのタイガース戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。

4回を投げて85球、被安打5、四死球4、奪三振2、3失点で8敗目

試合序盤からストレートの球威が無く、先頭打者本塁打を打たれたり、今季ワーストの4四球など本調子からほど遠い投球でした。

打撃でも5回に代打を送られて、試合後には球団広報から「ウイルス性胃腸炎」と発表されました。

試合後の本人のインタビューでは、試合直前に症状が出たため、試合に出場したとのことでした。今後については、ネビン監督代行によると回復状況によって判断するとのことです。

今回はそんな「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年8月21日投球分析」を紹介します。

大谷翔平投手の投球分析の過去記事

データはBaseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

やきゅまる
やきゅまる
早く回復して欲しいね

1. 球種・投球割合

スライダー42%、カーブ16%と多投

大谷翔平投手の日別投球割合(2022年8月21日)
大谷翔平投手の日別投球割合
(2022年8月21日)

今回はストレートツーシームフォークスラッタースライダーカーブ6球種を投球しました。

スライダー42%カーブ16%と曲がり球を多投しました。

スプリームは投げませんでした。

※当ブログでは「カットボールをスラッター」と「第二のスプリットをスプリーム」と呼称しています。詳細は過去記事を参照して下さい。

やきゅまる
やきゅまる
前回に比べるとフォーク、スラッターが減っているね

左右ともにスライダーを多投

大谷翔平投手の左右投球割合(2022年8月21日)
大谷翔平投手の左右投球割合
(2022年8月21日)

上は前回登板までの2022年平均、下は今回の左右投球割合です。

左右ともにスライダーが多投しました。その分、フォークスラッターが減っています。

やきゅまる
やきゅまる
相手の打線は8人が左打者だったため、右打者は参考程度

2. コース

引っかかるスライダーが多い

大谷翔平投手のベース上の位置(2022年8月21日)
大谷翔平投手のベース上の位置
(2022年8月21日)

右打者のアウトロー(左打者のインロー)に引っかかるスライダーが多いです。

ツーシームは右打者の頭に抜けたため、その後は1球も投げませんでした。

やきゅまる
やきゅまる
いつも以上に明らかなボールが多いね

3. 各成績

左打者に打たれた

大谷翔平投手の左右別成績(2022年8月21日)
大谷翔平投手の左右別成績
(2022年8月21日)

上図は今回、前回登板までの2022年平均MLB右投手平均の左右別被OPSです。

相手打線が左打者を8人並べたこともあり、ヒット5本は全て左打者でした。

やきゅまる
やきゅまる
シーズン全体でも左打者の方が打たれてるね

ストライク率、ゾーン内率が低い

大谷翔平投手の球種別成績(2022年8月21日)
大谷翔平投手の球種別成績
(2022年8月21日)

今回は空振りが10個(前回13個)と、いつもより少なかったため、三振も2個しか奪えませんでした。

ストレートストライク率52%(前回71%)、ゾーン内率48%(前回68%)と、あまりストライクを取れませんでした。

多投したカーブストライク率36%ゾーン内率36%と制球に課題がありました。

やきゅまる
やきゅまる
ゾーン内率45%と、ストライクを取るのに苦労した印象

4. リリースポイント

腕の振りが小さい

大谷翔平投手のリリースポイント(2022年8月21日)
大谷翔平投手のリリースポイント
(2022年8月21日)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。◇は2022年平均△はMLB平均です。

全球種のリリース位置はいつもより体に近く、低い(腕の振りが小さい)です。

やきゅまる
やきゅまる
いつもより躍動感が無かったね

5. 球速と回転数

平均球速154.4km/h、最高158.5km/h

大谷翔平投手の球速・回転数(2022年8月21日)
大谷翔平投手の球速・回転数
(2022年8月21日)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、◇は2022年平均△はMLB平均を表しています。

ストレート平均球速154.4km/h最高球速158.5km/h回転数は2247回転でした。

7月に比べると球速が出ていなかった

大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移(2022年8月21日まで)
大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移
(2022年8月21日まで)

ストレート平均球速154.4km/hで、7月に比べると球速は出てませんでした。今季の中ではワースト3です。

回転数は2247回転と今季の中では回転数が多い方でした。

やきゅまる
やきゅまる
もう少し球速出したいね

球速が不安定

大谷翔平投手の回別平均球速(2022年8月21日)
大谷翔平投手の回別平均球速
(2022年8月21日)

1回151.7km/h→2回157.3km/h→3回153.0km/h→4回155.3km/hと回によって球速が乱高下して不安定でした。

やきゅまる
やきゅまる
お腹の調子で球速が変動したのかな?

6. 回転軸と変化量

回転軸

大谷翔平投手の回転軸(2022年8月21日)
大谷翔平投手の回転軸
(2022年8月21日)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、◇は2022年点線はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

やきゅまる
やきゅまる
最近、スラッターの回転軸がストレート側だね

ストレートのシュート成分大

大谷翔平投手の変化量(2022年8月21日)
大谷翔平投手の変化量
(2022年8月21日)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、◇は2022年△はMLB平均を表しています。

ストレートはいつもとは違い、MLB平均くらいシュート成分が多かったです。またホップ成分も多いです。

ツーシームMLB平均よりも変化量が小さいです。

フォークは1球落ちないボールがありました。

スラッタースライダーカーブ横変化量が少し少なかったです。特にスライダーは変化量が小さいボールが多かったです。

やきゅまる
やきゅまる
最近ストレートのシュート成分が多いね

まとめ

大谷翔平投手の投球内容とコース(2022年8月21日)
大谷翔平投手の投球内容とコース
(2022年8月21日)
まとめ

①スライダー36球、カーブ14球と多投
②引っかかるスライダーが多い
③ストライク率、ゾーン内率が低い
④腕の振りが小さい
(リリース位置が体に近く、低い)
⑤球速が不安定
⑥ストレートのシュート成分大

【ストレート】
平均球速154.4km/h
最高158.5km/h
平均2247回転
ホップ量37cm、シュート成分15cm

今回は「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年8月21日投球分析」を紹介しました。

4回を投げて85球、被安打5、四死球4、奪三振2、3失点で8敗目

ウイルス性胃腸炎」の影響で、腕の振りが小さくてストレートの球威が無く、先頭打者本塁打を打たれたり、今季ワーストの4四球など本調子からほど遠い投球でした。

ストレート平均球速154.4km/h最高球速158.5km/h回転数は2247回転で、いつもとは違い、MLB平均くらいシュート成分が多かったです。

次回登板までに体調を戻して、本来の投球を見せて欲しいです。