第277回 【大谷翔平】変幻自在の投球で無失点9Kの11勝目(2022年8月27日投球分析)

2022年9月26日

大谷翔平投手の投球内容
(2022年8月27日)

2022年8月27日、大谷翔平投手(28)が敵地ロジャース・スタジアムでのブルージェイズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。

7回を投げて今季最多109球、被安打2、四死球1、奪三振9、無失点で11勝目

初回はストレートを1球も投げず、1巡目はツーシームスラッターを多投、2巡目は逆にストレート、3巡目はスライダーを多投する変幻自在の投球で打者に的を絞らせませんでした。

今回はそんな「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年8月27日投球分析」を紹介します。

大谷翔平投手の投球分析の過去記事

データはBaseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

やきゅまる
やきゅまる
打席ごとに投球スタイルが変えれるのが凄いね

1. 球種・投球割合

ツーシームスラッターを多投

大谷翔平投手の日別投球割合
(2022年8月27日)

今回はストレートツーシームフォークスラッタースライダーカーブ6球種を投球しました。

いつもよりツーシーム6%スラッター16%を多投することで、6球種をバランス良く投球しました。

スプリームは投げませんでした。

※当ブログでは「カットボールをスラッター」と「第二のスプリットをスプリーム」と呼称しています。詳細は過去記事を参照して下さい。

やきゅまる
やきゅまる
今季の中で1番バランスが良かったかもね

変幻自在の投球

大谷翔平投手の打席別投球割合、回別投球数
(2022年8月27日)

左図は打席別投球割合、右図は回別投球数です。

初回はストレートを1球も投げず、1巡目はツーシームスラッターを多投、2巡目は逆にストレート、3巡目はスライダーを多投する変幻自在の投球で打者に的を絞らせませんでした。

左へのスライダーが少ない

大谷翔平投手の左右投球割合
(2022年8月27日)

上は前回登板までの2022年平均、下は今回の左右投球割合です。

右打者にはツーシームスラッターが多かったです。

左打者にもスラッターが多く、スライダーが少なかったです。

やきゅまる
やきゅまる
ツーシームは右打者だけ

2. コース

ゾーン内は高めが少ない

大谷翔平投手のベース上の位置
(2022年8月27日)

右打者はアウトローを中心に円を描くように投球しましたが、色んな球種でインハイも攻めています。

制球が課題だったツーシームも良いコースに決まってます。

左打者にはインローを中心に攻めて、アウトコースで空振りを奪いました。

左右ともにゾーン内の高めが少ないです。

やきゅまる
やきゅまる
右打者はあまり球種によるコースの偏りが無いね

3. 各成績

左打者を完璧に抑えた

大谷翔平投手の左右別成績
(2022年8月27日)

上図は今回、前回登板までの2022年平均MLB右投手平均の左右別被OPSです。

今回は左打者を完璧に抑えました。ただ奪三振は9個中8個が右打者から奪いました。

やきゅまる
やきゅまる
シーズン全体では左打者の方が打たれてるね

ストレートで5奪三振、被安打0

大谷翔平投手の球種別成績
(2022年8月27日)

1番打たれていたストレートですが、今回は5奪三振被安打0と成績が良かったです。

今回は空振りが17個(前回10個、前々回13個)と、空振りが増加しました。

全体でストライク率66%(前回55%)、ゾーン内率53%(前回45%)、6球種全部でストライク率50%以上とバランス良くストライクを取れました。

制球が課題だったツーシームストライク率50%ゾーン内率50%でした。

やきゅまる
やきゅまる
ツーシームの影響でストレートの成績が良くなった?

4. リリースポイント

ツーシームストレートよりリリース位置が高い

大谷翔平投手のリリースポイント
(2022年8月27日)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。◇は2022年平均△はMLB平均です。

全球種のリリース位置はいつもより一塁側でした。これは腕が振れてないわけではなく、立ち位置が一塁側だったからと考えられます。

普通は肘や手首が下がりやすいツーシームストレートより横か下から投げる投手が多いですが、大谷翔平投手の場合はツーシームストレートよりリリース位置が高いです。

やきゅまる
やきゅまる
大谷投手の場合、ツーシームによってフォームに悪影響は出なさそうだね

5. 球速と回転数

平均球速157.7km/h、最高160.3km/h

大谷翔平投手の球速・回転数
(2022年8月27日)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、◇は2022年平均△はMLB平均を表しています。

ストレート平均球速157.7km/h最高球速160.3km/h回転数は2343回転でした。

回転数は今季最高

大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移
(2022年8月27日まで)

ストレート平均球速157.7km/hで、今季の中では6番目に球速が出ていました。

回転数は2343回転今季最高の回転数でした。

やきゅまる
やきゅまる
もしかしたらツーシームによって、ストレートに良い影響があるのかも

7回まで球速を維持

大谷翔平投手の回別平均球速
(2022年8月27日)

7回でも157.2km/hと球速を維持しました。

6回は153.5km/hに下がっていますが、これは6回が1球のみだったためと考えられます。

6. 回転軸と変化量

回転軸

大谷翔平投手の回転軸
(2022年8月27日)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、◇は2022年点線はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

やきゅまる
やきゅまる
測定ミスなのか何球か外れ値があるね

スライダーの横変化量大

大谷翔平投手の変化量
(2022年8月27日)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、◇は2022年△はMLB平均を表しています。

ストレートスラッターカーブはいつもくらいの変化量でした。

ツーシームMLB平均よりも縦変化量が大きいです。

フォークは1球落ちないボールがありましたが、それ以外は変化量が安定していました。

スライダー横変化量が大きいボールが多かったです。

やきゅまる
やきゅまる
スライダーの半分が横変化量40cm以上

まとめ

大谷翔平投手の投球内容とコース
(2022年8月27日)
まとめ

①初回はストレートを1球も投げず
②ツーシームは右打者のみ
③ストレートで5奪三振、被安打0
④ツーシームがストレートよりリリース位置が高い
⑤フォークの変化量安定
⑥スライダーの横変化量大

【ストレート】
平均球速157.7km/h
最高160.3km/h
平均2343回転(今季最高)
ホップ量35cm、シュート成分7cm

今回は「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年8月27日投球分析」を紹介しました。

7回を投げて今季最多109球、被安打2、四死球1、奪三振9、無失点で11勝目

初回はストレートを1球も投げず、1巡目はツーシームスラッターを多投、2巡目は逆にストレート、3巡目はスライダーを多投する変幻自在の投球で打者に的を絞らせませんでした。

ストレート平均球速157.7km/h最高球速160.3km/h回転数は2343回転(今季最高)で、今回は5奪三振被安打0と成績が良かったです。

大谷翔平投手の場合はツーシームストレートよりリリース位置が高いです。そのためかツーシームストレートに良い影響を与えてそうです。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートは回転数が多いのが良い成績に繋がったのかもね