第286回 【大谷翔平】ノーヒットノーランならずも8回無失点10Kで15勝目(2022年9月29日投球分析)

大谷翔平投手の投球内容
(2022年9月29日)

2022年9月29日、大谷翔平投手(28)が本拠地エンゼルス・スタジアムでのアスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。

8回を投げて108球、被安打2、四死球1、奪三振10、失点0で15勝目

8回2死までノーヒットノーランの快投を披露しましたが、シフトが裏目になった遊安打で快挙は達成出来ませんでした。それでも本拠地エンゼルス・スタジアムはスタンディングオベーションで「MVPコール」が巻き起こりました。

マメの影響なのかストレート今季最少の4%今季最低の平均球速153.2km/hだったため、縦スラスライダーを中心とした投球でした。

今回はそんな「大谷翔平投手の2022年9月29日投球分析」を紹介します。

大谷翔平投手の投球分析の過去記事

データはBaseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

やきゅまる
やきゅまる
最後までイケると思ったけどちょっと不運だったね

1. 球種・投球割合

縦スラスライダーを多投

大谷翔平投手の日別投球割合(2022年9月29日まで)
大谷翔平投手の日別投球割合
(2022年9月29日まで)

今回はストレートツーシームフォークカットボール縦スラスライダーカーブ7球種を投球しました。

マメの影響なのかストレート今季最少の4%縦スラスライダーを68%も多投しました。

スプリームは投げませんでした。

※当ブログでは「第二のスプリットをスプリーム」と呼称しています。詳細は過去記事を参照して下さい。

右打者にも縦スラ

大谷翔平投手の左右投球割合(2022年9月29日)
大谷翔平投手の左右投球割合
(2022年9月29日)

上は前回登板までの2022年平均、下は今回の左右投球割合です。

縦スラは左右ともに多かったです。

前回まで縦スラは主に左打者に投球していましたが、縦スラを右打者にも投球しました。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートが投げれない縦スラが増やしたのかな?

2. コース

スライダーは右、縦スラ左に有効

大谷翔平投手のベース上の位置(2022年9月29日)
大谷翔平投手のベース上の位置
(2022年9月29日)

やはりスライダーは右打者縦スラは左打者から空振りを奪っています

空振りを奪ったコースとしてはツーシームはインコーススライダーはアウトコース縦スラは低めでした。

やきゅまる
やきゅまる
投げるコースが大事だね

3. 各成績

単打2本のみ

大谷翔平投手の左右別成績(2022年9月29日)
大谷翔平投手の左右別成績
(2022年9月29日)

上図は今回、前回登板までの2022年平均MLB右投手平均の左右別被OPSです。

打たれたのは左右1本ずつの単打2本のみでした。

やきゅまる
やきゅまる
縦スラが増えてから左打者にも強くなったね

ボール球を振らせた

大谷翔平投手の球種別成績(2022年9月29日)
大谷翔平投手の球種別成績
(2022年9月29日)

全体でストライク率68%(前回52%) 、ゾーン内率45%(前回43%)と、前回からゾーン内率はあまり変わらないにも関わらず、ストライク率が大きく上昇しています。つまり、それだけ多くのボール球を振らせたと言えます。

空振りは18個(前回12個)と、かなり増加しました。

やきゅまる
やきゅまる
際どいボールが多かったね

4. リリースポイント

縦スラのリリース位置が高い

大谷翔平投手のリリースポイント(2022年9月29日)
大谷翔平投手のリリースポイント
(2022年9月29日)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。◇は2022年平均△はMLB平均です。

スライダーなどより縦スラはリリース位置が高いです。

またスライダーは1球だけサイドスローで投げました。

縦スラとスライダーのアームアングルの違い

5. 球速と回転数

平均球速153.2km/h、最高157.1km/h

大谷翔平投手の球速・回転数(2022年9月29日)
大谷翔平投手の球速・回転数
(2022年9月29日)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、◇は2022年平均△はMLB平均を表しています。

ストレート今季最低となる平均球速153.2km/h最高球速157.1km/h回転数は2197回転でした。

縦スラスライダーより球速が速いです。

今季最低の平均球速

大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移(2022年9月29日まで)
大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移
(2022年9月29日まで)

ストレート平均球速153.2km/hで、今季最低の平均球速でした。

回転数も2197回転と今季平均くらいでした。

縦スラスライダーより球速が速い

大谷翔平投手の回別平均球速(2022年9月29日)
大谷翔平投手の回別平均球速
(2022年9月29日)

1回から8回まで縦スラスライダーより球速が速かったです。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートを投げてないから球速の変化が分かりにくいね

6. 回転軸と変化量

回転軸

大谷翔平投手の回転軸(2022年9月29日)
大谷翔平投手の回転軸
(2022年9月29日)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、◇は2022年点線はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

やきゅまる
やきゅまる
ツーシームの回転軸が不安定

ストレートがシュート気味

大谷翔平投手の変化量(2022年9月29日)
大谷翔平投手の変化量
(2022年9月29日)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、◇は2022年△はMLB平均を表しています。

いつもは真っスラ気味のストレートシュート気味でした。

ツーシームMLB平均よりも変化量が大きいです。

フォークは変化量が安定していましたが、1球だけすっぽ抜けました。

新球種の縦スラはまだまだ変化量が不安定です。

やきゅまる
やきゅまる
ツーシームを投げ始めてストレートがシュートしてきたね

まとめ

大谷翔平投手の投球内容とコース(2022年9月29日)
大谷翔平投手の投球内容とコース
(2022年9月29日)
まとめ

①縦スラとスライダーを多投
②右打者にも縦スラ
③スライダーは右のアウト、縦スラは左の低めに有効
④ボール球を振らせた
⑤縦スラのリリース位置が高い

【ストレート】
平均球速153.2km/h(今季最低)
最高157.1km/h
平均2197回転
ホップ量37cm、シュート成分17cm

今回は「大谷翔平投手の2022年9月29日投球分析」を紹介しました。

マメの影響なのかストレート今季最少の4%縦スラスライダーを中心とした投球でした。縦スラ左打者だけでなく、右打者にも多く投球しました。

空振りを奪ったコースとしてはツーシームは右のインコーススライダーは右のアウトコース縦スラは左の低めでした。

試合後コメントで「調子は良くなかった」と言うように今季最低の平均球速153.2km/hでしたが、これだけの投球だったので次回の今季最終登板が楽しみです。