第287回 【大谷翔平】史上初W規定&5回6K1安打でも9敗目(2022年10月5日投球分析)

大谷翔平投手の投球内容(2022年10月5日)
大谷翔平投手の投球内容
(2022年10月5日)

2022年10月5日、大谷翔平投手(28)が今季最終戦となる敵地オークランド・コロシアムでのアスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。

5回を投げて69球、被安打1、四死球1、奪三振6、失点1で9敗目

またしても5回1死まで完全投球の快投を披露しましたが、次第にマメを気にすることが増えてました。その後、四球→二塁打→犠牲フライで1点を失い、まさかの被安打1で負け投手になりました。

しかし、今回で投手の「規定投球回(162回)」に到達、打者の「規定打席(502打席)」はすでに到達していたので、史上初のW規定を達成しました。

投球内容としてはキャリアハイの平均球速158.8km/hでしたが、マメの影響でストレート4球のみ。そのためツーシームカットボールスライダーを中心とした投球でした。

今回はそんな「大谷翔平投手の2022年10月5日投球分析」を紹介します。

大谷翔平投手の投球分析の過去記事

データはBaseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

やきゅまる
やきゅまる
今日の相手打線なら完全試合出来そうな安定感だったね

1. 球種・投球割合

ツーシームカットボールスライダーを多投

大谷翔平投手の日別投球割合(2022年)
大谷翔平投手の日別投球割合(2022年)

今回はストレートツーシームフォークカットボール縦スラスライダーカーブ7球種を投球しました。

マメの影響でストレート4球のみ、そのためツーシームカットボールスライダーを中心とした投球でした。

スプリームは投げませんでした。

※当ブログでは「第二のスプリットをスプリーム」と呼称しています。詳細は過去記事を参照して下さい。

左打者にもツーシーム

大谷翔平投手の左右投球割合(2022年10月5日)
大谷翔平投手の左右投球割合
(2022年10月5日)

上は前回登板までの2022年平均、下は今回の左右投球割合です。

前回までツーシームは主に右打者に投球していましたが、ツーシームを左打者にも投球しました。

やきゅまる
やきゅまる
マメでストレートが投げれないからかな?

2. コース

右打者からスライダーで空振り量産

大谷翔平投手のベース上の位置(2022年10月5日)
大谷翔平投手のベース上の位置
(2022年10月5日)

やはりスライダーは右打者から空振りを奪っています

一方、左打者から2つしか空振りを奪えませんでした。これは前回空振りを多く奪った縦スラが少なかったためと考えられます。

やきゅまる
やきゅまる
右打者へのツーシームの制球が良かったね

3. 各成績

安打1本のみ

大谷翔平投手の左右別成績(2022年10月5日)
大谷翔平投手の左右別成績
(2022年10月5日)

上図は今回、前回登板までの2022年平均MLB右投手平均の左右別被OPSです。

打たれたの右打者に打たれた二塁打の1本のみでした。

やきゅまる
やきゅまる
縦スラが増えてから左打者にも強くなったね

ゾーン内を攻めた

大谷翔平投手の球種別成績(2022年10月5日)
大谷翔平投手の球種別成績
(2022年10月5日)

全体でストライク率65%(前回68%) 、ゾーン内率59%(前回45%)と、前回からストライク率はあまり変わらないにも関わらず、ゾーン内率が大きく上昇しています。つまり、それだけゾーン内を攻めたと言えます。

空振りは13個(前回18個)と、かなり増加しました。

やきゅまる
やきゅまる
カーブをゾーン内に投げれるともっと投球が楽になりそう

4. リリースポイント

縦スラのリリース位置が高い

大谷翔平投手のリリースポイント(2022年10月5日)
大谷翔平投手のリリースポイント
(2022年10月5日)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。◇は2022年平均△はMLB平均です。

スライダーなどより縦スラはリリース位置が高いです。

縦スラとスライダーのアームアングルの違い

5. 球速と回転数

平均球速158.8km/h、最高160.3km/h

大谷翔平投手の球速・回転数(2022年10月5日)
大谷翔平投手の球速・回転数
(2022年10月5日)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、◇は2022年平均△はMLB平均を表しています。

ストレートキャリアハイとなる平均球速158.8km/h最高球速160.3km/h回転数は2098回転でした。

縦スラスライダーより球速が速いです。

キャリアハイの平均球速、今季最低の回転数

大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移(2022年)
大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移
(2022年)

ストレート平均球速158.8km/hで、キャリアハイの平均球速でした。

回転数も2098回転今季最低でした。

縦スラスライダーより球速が速い

大谷翔平投手の回別平均球速(2022年10月5日)
大谷翔平投手の回別平均球速
(2022年10月5日)

ストレートは4~5回は平均球速160km/h前後で、尻上がりに球速があがりました。

1回から5回まで縦スラスライダーより球速が速かったです。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートを4球しか投げてないから球速の変化が分かりにくいね

6. 回転軸と変化量

回転軸

大谷翔平投手の回転軸(2022年10月5日)
大谷翔平投手の回転軸
(2022年10月5日)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、◇は2022年点線はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

やきゅまる
やきゅまる
ツーシームの回転軸が不安定

ストレートがシュート気味

大谷翔平投手の変化量
(2022年10月5日)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、◇は2022年△はMLB平均を表しています。

いつもは真っスラ気味のストレートシュート気味でした。

ツーシームMLB平均よりも変化量が大きいです。特に縦変化量が大きいです。

いつもに比べるとカットボール縦スラ変化量が安定していました。

やきゅまる
やきゅまる
ツーシームを投げ始めてストレートがシュートしてきたね

まとめ

大谷翔平投手の投球内容とコース(2022年10月5日)
大谷翔平投手の投球内容とコース
(2022年10月5日)
まとめ

①ストレート4球のみ
②左打者にもツーシーム
③スライダーで右から空振り量産
④ゾーン内率が高い
⑤縦スラのリリース位置が高い

【ストレート】
平均球速158.8km/h(キャリアハイ)
最高160.3km/h
平均2098回転
ホップ量34cm、シュート成分17cm

今回は「大谷翔平投手の2022年10月5日投球分析」を紹介しました。

5回を投げて69球、被安打1、四死球1、奪三振6、失点1で9敗目

またしても5回1死まで完全投球の快投を披露しましたが、次第にマメを気にすることが増え、まさかの被安打1で負け投手になりました。

投球内容としてはキャリアハイの平均球速158.8km/hでしたが、マメの影響でストレート4球のみ。そのためツーシームカットボールスライダーを中心とした投球でした。

やきゅまる
やきゅまる
マメさえ無ければ完全試合できたかもね