第288回 【楽天】2023年新外国人マイケル・フランコ選手の打撃分析

2022年12月1日

マイケル・フランコ選手の総評
マイケル・フランコ選手の総評

2022年10月12日、楽天が新外国人選手として元ナショナルズでFAのマイケル・フランコ選手(30)を獲得調査していると複数の報道機関で報道されました。

その後、12月1日に楽天が正式に獲得したと発表しました。

今回はそんな「【楽天】2023年新外国人マイケル・フランコ選手の打撃分析」を紹介します。

使用するデータはBaseball SavantFanGraphsです。

2023年新外国人の記事一覧

1. 基本情報

右の大砲候補

所属球団フィラデルフィア・フィリーズ (2014 – 2019)
カンザスシティ・ロイヤルズ (2020)
ボルチモア・オリオールズ (2021)
ワシントン・ナショナルズ (2022)
ポジション三塁手、一塁手
投打右投右打
生年月日1992年8月26日(30歳)
身長185.4 cm
体重97.5 kg
基本情報

2. 年度成績

3Aでは本塁打を安定して打っている

マイケル・フランコ選手の年度別成績
マイケル・フランコ選手の年度別成績

MLB通算で打率.244130本塁打OPS.707で、3A通算で打率.26822本塁打OPS.752です。MLBで3シーズン連続で20本以上を記録したこともあります。

打撃の特徴は「コンタクト能力が低い」「長打力が高い」「四死球が非常に少ない」「三振が非常に少ない」などが挙げられます。

守備はメインが三塁、サブポジとして一塁を守った経験があります。成績を見る限りは失策は少なく守備範囲が狭いタイプと考えられ、一塁の方が得意そうです。

走力は「1塁までの到達タイム」や「スプリングトレーニング」の両方で平均以下の数字なので、走力は平均以下と考えられます。

やきゅまる
やきゅまる
三振が少なく、長打力があるのが魅力だね

3. 対左右成績

対右投手の方がやや得意

マイケル・フランコ選手の対左右成績(MLB2014-2022年)
マイケル・フランコ選手の対左右成績
(MLB2014-2022年)

対右投手のOPS.712とMLB平均以上で、右投手をやや得意としています。

ただし、そこまで成績に左右差が無いです。

やきゅまる
やきゅまる
左が多い楽天打線を考えると、対左特化の方が良かったかも

4. 得点圏成績

チャンスはやや得意

マイケル・フランコ選手の得点圏成績(MLB2014-2022年)
マイケル・フランコ選手の得点圏成績
(MLB2014-2022年)

得点圏ではOPS.754と、チャンスはやや得意です。

5. カウント別成績

初球〇

マイケル・フランコ選手のカウント別成績(MLB2014-2022年)
マイケル・フランコ選手のカウント別成績
(MLB2014-2022年)

明らかに初球やボール先行での成績が良いです。

また初球の打数が多いことから分かるように、初球スイング率が33.4%(MLB平均29.5%)と積極的に振ってくるタイプです。

6. コース別成績

ハイボールヒッター

マイケル・フランコ選手のコース別成績(MLB2014-2022年)
マイケル・フランコ選手のコース別成績
(MLB2014-2022年)

左右ともにハイボール特にアウトハイが得意です。

一方、アウトローは苦手です。

やきゅまる
やきゅまる
インローはそこそこ打ってるね

7. 球種別成績

苦手球種なし

マイケル・フランコ選手の球種別成績(MLB2014-2022年)
マイケル・フランコ選手の球種別成績
(MLB2014-2022年)

どの球種もOPSがMLB平均くらいで、苦手な球種が無さそうです。

一方、OPS.783とカーブが1番得意そうです。

また上のグラフにありませんが、打率.289、OPS.788と150km/h以上の速い球が得意です。

やきゅまる
やきゅまる
苦手な球種が無いのはいいね

8. 打球方向別成績

プルヒッター

マイケル・フランコ選手の打球方向別成績(MLB2014-2022年)
マイケル・フランコ選手の打球方向別成績
(MLB2014-2022年)

打球の42%、ホームランも76%がレフト方向であることから、かなりのプルヒッターです。

やきゅまる
やきゅまる
映像を見てもプルヒッターのスイングだね

9. 打球種類成績

ポップフライ多い

マイケル・フランコ選手の打球種類(MLB2014-2022年)
マイケル・フランコ選手の打球種類
(MLB2014-2022年)

ポップフライが11%と非常に多く、ラインドライブとフライの比率が低いことから、コンタクト能力が低そうです。

10. 打球速度・角度

打球速度が速い

マイケル・フランコ選手の打球速度と角度(MLB2014-2022年)
マイケル・フランコ選手の打球速度と角度(
MLB2014-2022年)

打球速度はMLB中央値より速いです。特にMAX打球速度は180km/h以上とMLB上位クラスです。

一方、打球角度は低く、コンタクト能力も低いため、打球速度の割にバレル率6.1%と低いです。

まとめ

マイケル・フランコ選手の総評
マイケル・フランコ選手の総評
まとめ

①MLB通算.244、130本、OPS.707
②四死球が非常に少ない
③三振が非常に少ない
④三塁、一塁
⑤守備範囲が狭いが、失策少ない
⑥走力は平均以下
⑦チャンスはやや得意
⑧初球スイング率高い
⑨初球〇
⑩ハイボールヒッター
⑪アウトロー✕
⑫苦手球種無し
⑬速球○
⑭超プルヒッター
⑮打球速度○

今回は「【楽天】2023年新外国人マイケル・フランコ選手の打撃分析」を紹介しました。

MLB通算で打率.244130本塁打OPS.707で、3A通算で打率.26822本塁打OPS.752です。MLBで3シーズン連続で20本以上を記録したこともあります。

守備はメインが三塁、サブポジとして一塁を守った経験があります。成績を見る限りは失策は少なく守備範囲が狭いタイプと考えられ、一塁の方が得意そうです。走力は平均以下と考えられます。

打撃の特徴は「コンタクト能力が低い」「長打力が高い」「ハイボールヒッター」「四死球が非常に少ない」「三振が非常に少ない」などが挙げられ、苦手な球種が無くて、初球から積極的なプルヒッターです。

やきゅまる
やきゅまる
苦手なアウトローを見極めれるかが、日本で活躍出来るかのポイントになりそう