第311回 【巨人】2023年新外国人ヨアン・ロペス投手の投球分析

2022年12月27日

ヨアン・ロペス投手の総評
ヨアン・ロペス投手の総評

2022年12月22日、全米野球記者協会に所属するフランシス・ロメロ氏が自身のツイッターに「読売ジャイアンツヨアン・ロペス投手(29)が1年の契約を結んだ」と報じました。

12月23日には「ロペス投手がメッツのメジャー40人枠を外れ自由契約となった」と地元メディア「SNY」で報じられました。

12月26日には巨人が正式に来季の契約を結ぶことで合意したと発表しました。背番号は「99」。

ロペス投手はストレートスライダーが投球の94%を占める最速161km/hの剛腕リリーフです。

今回はそんな「【巨人】2023年新外国人ヨアン・ロペス投手の投球分析」を紹介します。

Baseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

2023年新外国人の記事一覧

1. 基本情報

剛腕リリーフ

所属球団アリゾナ・ダイヤモンドバックス (2018 – 2021)
ニューヨーク・メッツ (2022)
ポジションリリーフ
投打右投右打
生年月日1993年1月2日(29歳)
身長190.5 cm
体重83.9 kg
基本情報

3Aでの奪三振率が高い

ヨアン・ロペス投手の年度別成績
ヨアン・ロペス投手の年度別成績
ヨアン・ロペス投手の被打球種類(MLB2018-2022年)
ヨアン・ロペス投手の被打球種類
(MLB2018-2022年)

MLB通算で121試合に登板して防御率4.39被打率.258奪三振率7.4与四死球率3.1。またフライ率が26%(MLB平均22.5%)と高いフライボーラーです。

今季3Aでは64試合に登板して防御率4.20被打率.264奪三振率9.9与四死球率3.8でした。

2018年以降に3AとMLBで与えた死球は1個だけと与死球が非常に少ないです。

投手としての特徴は「球速が速い」「ストレートスライダーが投球の94%」「フライが多い」「エクステンションが長い(球持ちが良い)」などがあげられます。

やきゅまる
やきゅまる
年々与四死球率が上昇しているね

2. 球種・投球割合

持ち球は3球種

ヨアン・ロペス投手の年別投球割合(MLB2018-2022年)
ヨアン・ロペス投手の年別投球割合
(MLB2018-2022年)

持ち球はストレートチェンジアップスライダーの3球種です。

ただし、チェンジアップはほとんど投球しておらずストレートスライダーが投球の94%です。

やきゅまる
やきゅまる
年々スライダーの投球割合が増えてるね

右にスライダー、左にチェンジアップ多投

ヨアン・ロペス投手の左右投球割合(MLB2022年)
ヨアン・ロペス投手の左右投球割合
(MLB2022年)

上図は左右別投球割合で、色が球種を表しています。

右打者にスライダー左打者にチェンジアップを多投しています。

やきゅまる
やきゅまる
左打者には結構チェンジアップを投げてるね

スライダーは決め球

ヨアン・ロペス投手のカウント状況別投球割合(MLB2022年)
ヨアン・ロペス投手のカウント状況別投球割合
(MLB2022年)

3球種ともカウント球、決め球に使用されていますが、スライダーは決め球での投球が多いです。

やきゅまる
やきゅまる
若いカウントではストレートが多い

3. コース

ベースの右下にスライダー

ヨアン・ロペス投手のベース上の位置(MLB2022年)
ヨアン・ロペス投手のベース上の位置
(MLB2022年)

ストレートはあまり偏りがなくアバウトにゾーン内に投げ込んでいます。

スライダーはベースの右下(捕手目線)への投球が多いです。右打者はゾーン内でも多く空振りを奪っています。

やきゅまる
やきゅまる
スライダーは良い感じだね

高め✕

ヨアン・ロペス投手のコース別成績(MLB2018-2022年)
ヨアン・ロペス投手のコース別成績
(MLB2018-2022年)

左右ともに高めの方が被打率が高いです。

やきゅまる
やきゅまる
得意なコースがよく分からないね

4. 各成績

左打者の被長打率が高い

ヨアン・ロペス投手の対左右成績(MLB2018-2022年)
ヨアン・ロペス投手の対左右成績
(MLB2018-2022年)

左打者の方が被打率が低いですが、被長打率が高いです。

やきゅまる
やきゅまる
左打者にホームランを打たれやすいね

得点圏で与四死球率高い

ヨアン・ロペス投手の得点圏成績(MLB2018-2022年)
ヨアン・ロペス投手の得点圏成績
(MLB2018-2022年)

得点圏での与四死球率が14%と高いため被出塁率が高いですが、被長打率が低いです。

スライダーは優秀

ヨアン・ロペス投手の球種別成績(MLB2018-2022年)
ヨアン・ロペス投手の球種別成績
(MLB2018-2022年)

左はOPSのグラフ、右は空振りなどのグラフ、下は球種別の成績です。

チェンジアップはゾーン内率20%しかなく制球に課題がありますが、空振率20%と高いです。

スライダーは被打率と低く空振り率が高いです。

全体ではゾーン内率49%と低いため、ストライク率は63%しかありません。

やきゅまる
やきゅまる
チェンジアップはゾーン周辺に投げれると強力な武器になりそうです

5. リリースポイント

リリース位置が不安定

ヨアン・ロペス投手のリリースポイント(MLB2022年)
ヨアン・ロペス投手のリリースポイント
(MLB2022年)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。△はMLB平均のリリースポイントです。

MLB平均よりリリースは高いですが、意図的なのかかなりリリース位置が不安定です。

エクステンションはかなり長く球持ちが良いです。

6. 球速と回転数

平均球速154.4km/h、最高158.8km/h

ヨアン・ロペス投手の球速・回転数(MLB2022年)
ヨアン・ロペス投手の球速・回転数
(MLB2022年)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、△はMLB平均を表しています。

ストレート平均球速は154.4km/hでほとんどがMLB平均よりも速かったです。回転数は2156回転と平均くらいです。

チェンジアップは平均143.3km/hとかなり高速で回転数が少ないです。

スライダーは球速はやや速く、回転数は平均的です。

やきゅまる
やきゅまる
球速はかなり魅力的だね

球速が回復傾向

ヨアン・ロペス投手の年別平均球速・回転数
ヨアン・ロペス投手の年別平均球速・回転数

2018年〜2020年は平均球速が減少傾向でしたが、2021年〜2022年は平均球速が回復傾向です。

回転数は2200回転前後です。

やきゅまる
やきゅまる
平均154km/h出ればかなり活躍出来そう

7. 変化量

回転軸

ヨアン・ロペス投手の回転軸(MLB2022年)
ヨアン・ロペス投手の回転軸
(MLB2022年)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、点線はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

スライダーは縦変化量が大きい

ヨアン・ロペス投手の変化量(MLB2022年)
ヨアン・ロペス投手の変化量
(MLB2022年)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、△はMLB平均を表しています。

ストレートはシュート成分が少ない真っスラです。

チェンジアップはMLB平均より変化量が小さく不安定です。

スライダーは回転は4シームで縦変化量が大きい縦スラタイプです。

やきゅまる
やきゅまる
チェンジアップはまだまだ改良の余地があるね

まとめ

ヨアン・ロペス投手の総評
ヨアン・ロペス投手の総評
まとめ

①MLB通算で防御率4.39、被打率.258、奪三振率7.4、与四死球率3.1
②年々与四死球率が上昇
③2018年以降に3AとMLBで与えた死球は1個だけ
④フライ率26%(MLB平均22.5%)
⑤持ち球は3球種
⑥ストレートとスライダーが投球の94%
⑦右にスライダー、左にチェンジアップを多投
⑧スライダーは決め球
⑨高め×
⑩左打者の被長打率が高い
⑪得点圏で与四死球率高い
⑫チェンジアップは空振率20%と高い
 ⇒ただし制球に課題
⑬リリース位置が不安定
⑭平均球速154.4km/h、最高158.8km/h
⑮平均球速が回復傾向
⑯ストレートは真っスラ
⑰チェンジアップは高速ですが変化量が小さく不安定
⑱スライダーは縦変化量が大きい(縦スラタイプ)

MLB通算で121試合に登板して防御率4.39被打率.258奪三振率7.4与四死球率3.1。またフライ率が26%(MLB平均22.5%)と高いフライボーラーです。

今季3Aでは64試合に登板して防御率4.20被打率.264奪三振率9.9与四死球率3.8でした。

投手としての特徴は「球速が速い」「ストレートスライダーが投球の94%」「フライが多い」「エクステンションが長い(球持ちが良い)」などがあげられます。

ストレート平均球速は154.4km/hと高速でシュート成分が少ない真っスラです。

チェンジアップはゾーン内率20%しかなく制球に課題がありますが、空振率20%と高いです。平均143.3km/hとかなり高速ですが変化量が小さく不安定です。

スライダーは回転は4シームで縦変化量が大きい縦スラタイプで被打率と低く空振り率が高いです。

やきゅまる
やきゅまる
チェンジアップが進化すればストレートももっと活きてきそう