第323回 【侍ジャパン】ラーズ・ヌートバー選手の打撃分析(2022年)

ラーズ・ヌートバー選手の総評
ラーズ・ヌートバー選手の総評

2023年1月11日、侍ジャパンの栗山英樹監督はカージナルスのリードオフネットのラーズ・ヌートバー外野手(25)のWBC日本代表入りが内定したことを明言しました。

ヌートバー選手は母親が日本人で出場資格を満たしており、日系選手としては初の侍ジャパン入りとなります。

2021年6月にMLBデビューを飾ったばかりですが、走攻守のデータがMLB上位レベルの超有望株の外野手です。

今回はそんな「【【侍ジャパン】ラーズ・ヌートバー選手の打撃分析(2022年)」を紹介します。

使用するデータはBaseball SavantFanGraphsです。

やきゅまる
やきゅまる
侍ジャパンではセンターがメインかな?

1. 基本情報

打席に入ると「ヌーート!」と声援を送られる人気者

所属球団セントルイス・カージナルス (2021-2022)
ポジション右翼、中堅、左翼
投打右投左打
生年月日1997年9月8日(25歳)
身長190.5 cm
体重95.3 kg
基本情報

ハンカチ世代の高校日本代表の米国遠征時、一部の選手を預かるホストファミリーがカリフォルニア州のヌートバー家だったみたいです。

やきゅまる
やきゅまる
どこに将来の侍ジャパン選手がいるか分からないね

2. 年度成績

四死球率が驚異の15%

ラーズ・ヌートバー選手の年度別打撃成績
ラーズ・ヌートバー選手の年度別打撃成績

今季MLBで108試合、打率.22814本塁打OPS.788

打率は低いですが四死球率は脅威の15%と高く出塁率.340もあります。3A通算でも四死球率14%と高いことから選球眼が非常に良い選手です。

打撃の特徴は「四死球が多い」「三振が少ない」「左投手が得意」「プルヒッター」「コンタクト能力は低い」「速球が得意」「打球速度が速い」などが挙げられます。

やきゅまる
やきゅまる
四死球が多く三振が少ないのは短期決戦に向いてるね

肩・守備・走力もレベルが高い

ラーズ・ヌートバー選手の年度別守備・走塁成績
ラーズ・ヌートバー選手の年度別守備・走塁成績

守備はメインが右翼で、中堅左翼も守れます。

最速96.7mph(154.7km/h)の強肩で、外野手部門でMLB11位の補殺数8でした。

「一塁までの到達タイム」「スプリントスピード」から走力はMLB上位レベルと考えられますが、盗塁は少ないです。

やきゅまる
やきゅまる
侍ジャパンでは中堅での起用がメインになりそうだね

3. 月別成績

7月以降が本来の実力?

ラーズ・ヌートバー選手の月別成績(MLB2022年)
ラーズ・ヌートバー選手の月別成績
(MLB2022年)

6月までは打撃が振るわず、3A落ちも経験しました。

しかし、7月以降は77試合で12本塁打、出塁率.374を記録、同期間で大谷選手に次ぐMLB14位のOPS.881を記録しました。

やきゅまる
やきゅまる
7月くらいからMLBに慣れたのかな?

4. 対左右成績

左投手が得意

ラーズ・ヌートバー選手の対左右成績(MLB2022年)
ラーズ・ヌートバー選手の対左右成績
(MLB2022年)

対左投手の打率.273、OPS.846と左投手を得意としてます。

成績が向上した7月以降も左投手に対して打率.292、OPS.917と打ちました。

ただし本塁打率は右投手の方が高いです。

やきゅまる
やきゅまる
左打者が多い侍ジャパンとしては左投手に強いのはいいね

5. 得点圏成績

チャンスはやや得意

ラーズ・ヌートバー選手の得点圏成績(MLB2022年)
ラーズ・ヌートバー選手の得点圏成績
(MLB2022年)

得点圏打率.262とチャンスはやや得意です。

ただ長打率は低く、OPSは得点圏でそれほど上がっていません。

ただし7月以降の得点圏打率.341OPS 1.046とチャンスでかなり打ちました。

やきゅまる
やきゅまる
得点圏ではコンタクトを意識してるのかな?

6. カウント別成績

慎重打法

ラーズ・ヌートバー選手のカウント別成績(MLB2022年)
ラーズ・ヌートバー選手のカウント別成績(MLB2022年)

初球スイング率24.8%(MLB平均29.5%)と慎重なタイプですが、初球の打率が高いです。特に7月以降は初球打率.500でした。

ゾーンコンタクト率79.4%(MLB平均82.0%)とコンタクト能力は平均以下です。

やきゅまる
やきゅまる
コンタクト能力が向上したら打率も上がりそう

7. コース別成績

ハイボールヒッター

ラーズ・ヌートバー選手のコース別成績(MLB2022年)
ラーズ・ヌートバー選手のコース別成績
(MLB2022年)

左右ともに高めが得意ハイボールヒッターです。

右投手にはインハイ、左投手にはアウトハイの成績が良いです。

また高めのボールゾーンの打率が良い悪球打ちです。

やきゅまる
やきゅまる
成績が極端だから苦手な低めを攻められそうだね

8. 球種別成績

速球〇、緩急×

ラーズ・ヌートバー選手の球種別成績(MLB2022年)
ラーズ・ヌートバー選手の球種別成績
(MLB2022年)

ストレートカットボールなどの速球系は成績が良いです。

一方でカーブナックルカーブなどの緩急系の成績が悪いです。

やきゅまる
やきゅまる
速球が得意なのは心強いね

9. 打球方向別成績

プルヒッター

ラーズ・ヌートバー選手の打球方向別成績(MLB2022年)
ラーズ・ヌートバー選手の打球方向別成績
(MLB2022年)

引っ張り方向の比率43.3%、本塁打9本とプルヒッターです。

やきゅまる
やきゅまる
来年はシフト規制で成績が上がりそうだね

10. 打球種類

ゴロが減れば成績向上

ラーズ・ヌートバー選手の打球種類(MLB2022)
ラーズ・ヌートバー選手の打球種類
(MLB2022)

通算ではほぼMLB平均くらいの比率です。

ラインドライブの打球がやや少なく、フライとゴロが少し多いです。

6月まではゴロ率59%でしたが、成績が向上した7月以降はゴロ率43%とゴロが少なかったです。

やきゅまる
やきゅまる
ゴロが減れば一気に覚醒しそう

11. 打球速度・角度

打球速度はMLBトップレベル

ラーズ・ヌートバー選手の平均打球速度と角度(MLB2022年)
ラーズ・ヌートバー選手の平均打球速度と角度
(MLB2022年)

ヌートバー選手の平均打球速度は147.6km/h(91.7マイル)でMLB26位でMLBトップレベルした。またMAX打球速度もMLB平均以上です。

そのためバレル率は12.1%(MLB48位)とかなり高いです。ただ打球角度は低いので、打球角度が上がればもっとバレル率は高くなりそうです。

今オフにトレーニング施設「ドライブライン」で、最新バイオメカニクスを駆使したトレーニングに励んでおり、同施設を訪れた時に103.5マイルだった打球速度が109.2マイルまで上昇したとのことです。

やきゅまる
やきゅまる
まだまだ成長段階で今後が楽しみ

まとめ

ラーズ・ヌートバー選手の総評
ラーズ・ヌートバー選手の総評
まとめ

①母親が日本人
②今季MLBで108試合、打率.228、14本塁打、OPS.788
③7月以降はOPS.881(MLB14位)
④四死球率15%(MLB6位)
⑤三振が少ない
⑥最速154.7km/hの強肩
⑦外野守備は平均以上(全ポジでUZR+)
⑧走力はMLB上位レベル
⑨対左投手○(対左.273)
⑩チャンス○(7月以降の得点圏.341)
⑪慎重打法
 ⇒初球スイング率24.8%(MLB平均29.5%)
⑫初球○(7月以降は.500)
⑬コンタクト能力低い
 ⇒ゾーンコンタクト率79.4%(MLB平均82.0%)
⑭速球○、カットボール○
⑮緩急×(カーブ系苦手)
⑯プルヒッター
⑰ゴロが減れば成績向上
(6月まで59%→7月以降43%)
⑱平均打球速度147.6km/h(MLB26位)
⑲バレル率12.1%(MLB48位)
⑳今オフにMAX打球速度が上昇
(103.5マイル→109.2マイル)

2021年6月にMLBデビューを飾ったばかりですが、走攻守のデータがMLBトップクラスの超有望株の外野手です。

今季MLBで108試合、打率.22814本塁打OPS.788

打率は低いですが四死球率は脅威の15%と高く出塁率.340もあります。3A通算でも四死球率14%と高いことから選球眼が非常に良い選手です。

打撃の特徴は「四死球が多い」「三振が少ない」「左投手が得意」「プルヒッター」「コンタクト能力は低い」「速球が得意」「打球速度が速い」などが挙げられます。

守備はメインが右翼で、中堅左翼も守れます。最速96.7mph(154.7km/h)の強肩で、外野手部門でMLB11位の補殺数8でした。

「一塁までの到達タイム」「スプリントスピード」から走力はMLB上位レベルと考えられますが、盗塁は少ないです。