第148回 【MLB】大谷翔平投手のジャイロフォーク・スプリームの軌道シミュレーション

【MLB】大谷翔平投手のジャイロフォーク・スプリームの軌道シミュレーション_3球種
【MLB】大谷翔平投手のジャイロフォーク・スプリームの軌道シミュレーション_3球種

過去記事にも書きましたが、大谷翔平投手は今季終盤の2試合でいつもの「ジャイロ回転するフォーク」と、「スプリームのようなシュート回転するフォーク」2種類のフォークを投げていました。

今回は「いつものジャイロフォーク」と「シュート回転するスプリーム」についての情報と軌道シミュレーションを紹介したいと思います。

握りとリリースは下記のツイートが分かりやすいので参考にして下さい。

データはBaseball Savantで、最終登板(2021年9月26日)のデータを使用します。過去の投球分析については下記を参照して下さい。

大谷翔平投手の過去記事一覧

やきゅまる
やきゅまる
いつものをジャイロフォーク、最後2試合で投げたのをスプリームと勝手に命名
左がいつものジャイロフォーク、右がシュート回転するスプリーム

スプリームはシュート成分が多い

【MLB】大谷翔平投手のフォーク変化量(2021年9月26日)

上の図は最終登板(2021年9月26日)のジャイロフォーク・スプリームの全変化量と、大谷翔平投手の2021年のストレート・フォークの平均変化量です。

ジャイロフォークの方がストレートの真下に変化しており、フォーク平均値に近いです。

一方、スプリームはシュート成分が多く、左打者から逃げていくような変化をしています。

やきゅまる
やきゅまる
スプリームは左打者のアウトコースに有効そうだね

どちらも球速はメジャーの中で速い方

【MLB】大谷翔平投手のフォーク平均球速・平均回転数(メジャー全投手との比較・2021年)

上図は大谷翔平投手のフォーク平均球速・平均回転数(メジャー全投手との比較・2021年)です。

大谷翔平投手のジャイロフォークはメジャーの中でも速い方の141.3km/hですが、スプリームはさらに速くメジャー3位の平均144.6km/hです。

回転数に関しては、どちらもメジャー平均くらいです。

やきゅまる
やきゅまる
ちなみにメジャー2位は147.5km/hで澤村投手

いつものジャイロフォークの方が変化量は特殊

【MLB】大谷翔平のフォーク変化量(メジャー全投手との比較・2021年)
【MLB】大谷翔平投手のフォーク変化量(メジャー全投手との比較・2021年)

上図は大谷翔平投手のフォーク変化量(メジャー全投手との比較・2021年)です。

大谷翔平投手のスプリームはメジャーの平均的な変化量です。一方、ジャイロフォークはメジャー平均よりシュート成分がかなり小さいです。

どちらのボールも落差は平均より大きいです。

やきゅまる
やきゅまる
そもそもスプリットを投げる投手がメジャーでは少ない

全球種の軌道(2021年9月26日)

【MLB】大谷翔平投手の全球種の軌道(2021年9月26日)
【MLB】大谷翔平投手の全球種の軌道(2021年9月26日)

上図は最終登板(2021年9月26日)の全球種の軌道です。この日はカーブを投げていないので、カーブはありません。

他の4球種に比べるとスプリームは軌道が離れています

やきゅまる
やきゅまる
今まではスライダー方向の変化が多かったから、スプリームで横の投球幅が増えたね

軌道シミュレーション(2021年9月26日)

【MLB】大谷翔平投手のジャイロフォーク・スプリームの軌道シミュレーション_3球種
【MLB】大谷翔平投手のジャイロフォーク・スプリームの軌道シミュレーション_3球種
【MLB】大谷翔平投手のジャイロフォーク・スプリームの軌道シミュレーション_5球種
【MLB】大谷翔平投手のジャイロフォーク・スプリームの軌道シミュレーション_5球種

今回は3球種と5球種の軌道シミュレーションを作成しました。

ストレートとスプリームだけならば見分けられそうですが、球速差があまり無いので5球種だと見分けるのは困難です。

スプリームがあることで反対方向に曲がることも意識させられるので、打者にとっては厄介なボールと言えそうです。

まとめ

まとめ

①スプリームはシュート成分が多い
②ジャイロフォークはストレートの真下に変化
③スプリームはメジャー3位の平均144.6km/h
④ジャイロフォークの方が変化量は特殊
⑤他4球種に比べるとスプリームは軌道が離れている
⑥5球種を見分けるのは困難