第262回 【投手兼DH】大谷翔平投手が6回1失点12Kで9勝目(2022年7月13日投球分析)

大谷翔平投手の投球内容
(2022年7月13日)

2022年7月13日、大谷翔平投手(28)が本拠地エンゼルス・スタジアムでのマーリンズ戦に「1番・投手兼DH」で投打同時出場。

6回を投げて105球、被安打5、四死球2、奪三振12、1失点の投球内容で9勝目

4試合連続2桁奪三振は、ノーラン・ライアン投手以来の球団で史上2人目、日本人としても95年の野茂英雄投手以来の史上2人目の快挙です。

4回に5試合ぶりに自責点が付きましたが、ここまでで32イニング自責点0となり、球団記録と日本先発投手記録を更新しました。

打っては第2打席で右翼線へ2点三塁打を放ち、これがエンゼルスの先発投手では50年ぶりの三塁打となりました。

今回はそんな「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年7月13日投球分析」を紹介します。

大谷翔平投手の投球分析の過去記事

データはBaseball SavantFanGraphsのデータを使用します。

やきゅまる
やきゅまる
毎回記録を作るね

1. 球種・投球割合

スライダーを48%と多投

大谷翔平投手の日別投球割合
(2022年7月13日まで)
大谷翔平投手の回別投球数
(2022年7月13日)

今回はストレートフォークスラッタースライダーカーブ5球種を投球しました。

スライダーを48%と多投し、ストレートはわずか23%で、ツーシームスプリームは投げませんでした。

※当ブログでは「カットボールをスラッター」と「第二のスプリットをスプリーム」と呼称しています。詳細は過去記事を参照して下さい。

回別に見ると、4回にスラッターを多投して、5回はほぼスライダーで、ストレートを投げませんでした。

やきゅまる
やきゅまる
回ごとに投球スタイルを変えれるのがいいね

左にスラッターカーブを多投

大谷翔平投手の対左右投球割合
(2022年7月13日)

上は前回登板までの2022年平均、下は今回の左右投球割合です。

いつもより左右関係なくスライダーを多投し、左打者にはスラッターカーブを多投しました。

やきゅまる
やきゅまる
特に左打者へのストレートが少なかったね

2. コース

右打者はアウトコース中心

大谷翔平投手のベース上の位置
(2022年7月13日)

右打者はスライダーアウトコースで空振りを量産しました。一方、ストレートはインコース寄りが多いです。

左打者は膝元を攻め、空振りを奪っています。

フォークは左右ともにストライクからボールになる球がなく、全く効果的に使えませんでした。

やきゅまる
やきゅまる
ボール球も振らせてるのはスライダーのキレが良い証拠

3. 各成績

極端なシフトで4安打

大谷翔平投手の左右別成績
(2022年7月13日)

上図は今回、前回登板までの2022年平均MLB右投手平均の左右別被OPSです。

左打者は膝元を攻めることで抑えました。

スタメンの7人が右打者で、前述通りスライダー空振りを量産しましたが、4安打打たれました。ただ、4本とも極端なシフトだったためヒットになりましたが、通常シフトなら全て凡打性の当たりでした。

やきゅまる
やきゅまる
大谷投手の場合、打者が振り遅れやすいから極端なシフトは逆効果な気がする

スライダーで空振り、見逃しを量産

大谷翔平投手の球種別成績
(2022年7月13日)

今回は空振りが24個(前回21個)と、前回同様に空振りを多く取れました。

特にスライダーは前回同様に空振りが14個見逃しが13個と驚異的な数字です。

ただ、フォーク空振り0個と、全く効果的に使えませんでした。

全体としてもストライク率66%(前回63%)、ゾーン内率55%(前回47%)とゾーン内で勝負出来てました。

やきゅまる
やきゅまる
フォークの制球がイマイチだったね

4. リリースポイント

スラッタースライダーカーブのリリース位置が変化

大谷翔平投手のリリースポイント
(2022年7月13日)

左図は捕手目線、右図は三塁側から投手を見たリリースポイントです。◇は2022年平均△はMLB平均です。

ストレートはいつも通りのリリース位置でしたが、スラッタースライダーカーブは体から遠く、低いです。これがいつも以上の回転数と変化量を生んだ要因と考えられます。

一方、フォークはリリースが不安定です。

球持ちはいつもぐらいでした。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートのリリース位置が安定してきたね

5. 球速と回転数

平均球速158.3km/h、最高161.9km/h

大谷翔平投手の球速・回転数
(2022年7月13日)

上図は球種別の平均球速と回転数のグラフで、◇は2022年平均△はMLB平均を表しています。

ストレート平均球速158.3km/h最高球速161.9km/h回転数は2205回転でした。

いつもよりスライダーカーブの回転数が多いです。

カーブスローカーブを投げず、球速が速く回転数が多いパワーカーブのみでした。

今季の中では球速は速く、回転数は平均的

大谷翔平投手の球速・回転数の日別推移
(2022年7月13日まで)

ストレート平均球速158.3km/hで今季の中では2番目に速い方でした。回転数は2205回転と今季の中では平均的でした。

やきゅまる
やきゅまる
直近5試合は球速が右肩上がり

6回は平均160km/h超え

大谷翔平投手の回別平均球速
(2022年7月13日)

尻上がりに球速が上昇して、6回は平均160km/h超えと球速が出ていました。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートの投球割合が少ないから、終盤に力が残ってるね

6. 回転軸と変化量

回転軸

大谷翔平投手の回転軸
(2022年7月13日)

上図は捕手側から見た球種別の回転軸の向きで、◇は2022年点線はMLB平均を表しています。数値は回転数で、中心から離れるほど回転数が多くなります。

フォークは変化量が不安定

大谷翔平投手の変化量
(2022年7月13日)

上図は捕手側から見た球種別の変化量で、◇は2022年△はMLB平均を表しています。

ストレート真っスラが少なくホップ量が多かったです。

フォーク変化量が不安定。リリース位置が他球種の影響を受けて安定しなかったためと考えられます。

スラッターは縦変化量の成分が少なく、落差が大きいです。

スライダー横変化量が多い球が増加して、平均41cmと驚異的な数字です。

カーブ変化量が多い球が増加しています。

やきゅまる
やきゅまる
ストレートとフォークはまだ改善の余地があるね

まとめ

大谷翔平投手の投球内容とコース
(2022年7月13日)
まとめ

①スライダーを48%と多投
②左打者にはスラッター、カーブも多投
③右のアウトコースのスライダーで空振りを量産
④空振りが24個(前回21個)
⑤スライダーで空振り14個、見逃し13個
⑥平均球速158.3km/h、2205回転
⑦最速161.9km/h
⑧フォークのリリース位置と変化量が不安定で空振り0個
⑨ストレートのホップ量が大きい

今回は「【投手兼DH】大谷翔平投手の2022年7月13日投球分析」を紹介しました。

6回を投げて105球、被安打5、四死球2、奪三振12、1失点の投球内容で9勝目

ストレートはいつも通りのリリース位置でしたが、スラッタースライダーカーブは体から遠く、低いです。これがいつも以上の回転数と変化量を生んだ要因と考えられます。

そのためスライダーは右のアウトコースで空振りを量産し、左打者にはスラッターカーブも多投して膝元を攻めました。

ストレート平均球速158.3km/hと球威があり、尻上がりに球速が上昇して6回は平均160km/h超えと球速が出ていました。また真っスラが少なくホップ量も多かったです。

フォーク変化量が不安定で制球も悪かったです。これはリリース位置が他球種の影響を受けて安定しなかったためと考えられます。

次回登板では修正すると思うので、楽しみです。

やきゅまる
やきゅまる
オールスターも楽しみだね