第29回 【中日】新外国人ランディ・ロサリオ投手の投球分析

2021年11月22日

今回は「【中日】新外国人ランディ・ロサリオ投手の投球分析」ということで、
メジャーに在籍していた2017年~2020年Baseball Savantのデータを紹介したいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[ミズノ]野球ボール回転解析システム MA-Q(センサー本体)
価格:32780円(税込、送料無料)(2021/2/16時点)

1. 基本成績

所属球団ミネソタ・ツインズ (2018 – 2019)
⇒シカゴ・カブス (2018 – 2019)
⇒カンザスシティ・ロイヤルズ (2019 – 2020)
⇒中日ドラゴンズ (2021 – )
ポジションリリーフ
投打左投左打
生年月日1994/5/18
身長185 cm
体重95 kg
基本情報
年度別成績

イニングに対して奪三振、与四死球は平均的
左打者の被打率がかなり低く、左のワンポイントとしてはかなり期待が持てる。

2. 投球割合

ロサリオ投手の投球割合(全打者)
ロサリオ投手の投球割合(全打者)
ロサリオ投手の投球割合(右打者)
ロサリオ投手の投球割合(右打者)
ロサリオ投手の投球割合(左打者)
ロサリオ投手の投球割合(左打者)

ロサリオ投手がメジャーで投げていたのは、ストレート、ツーシーム、チェンジアップ、スライダー、カーブの5球種である。
ただし、カーブは数球のみで、チェンジアップも割合が少ないので実質3球種である。
2017年は約7割がストレートとツーシームだったが、年々スライダーの投球割合が増えている
右打者にはツーシームとチェンジアップ、左打者にはスライダーの割合が高い

メジャー平均と比べると、スライダーの割合が高い
第15回 【メジャー(MLB)左投手】球種・投球割合

3. コース別投球割合

ロサリオ投手のコース別投球割合
ロサリオ投手のコース別投球割合

メジャー平均と比べると、低めの割合が多く、アウトローの割合が高い
第16回 【メジャー(MLB)左投手】コース別投球割合

ストレート

ロサリオ投手のコース別投球割合_ストレート
ロサリオ投手のコース別投球割合_ストレート

ツーシーム

ロサリオ投手のコース別投球割合_ツーシーム
ロサリオ投手のコース別投球割合_ツーシーム

チェンジアップ

ロサリオ投手のコース別投球割合_チェンジアップ
ロサリオ投手のコース別投球割合_チェンジアップ

スライダー

ロサリオ投手のコース別投球割合_チェンジアップ

カーブ

ロサリオ投手のコース別投球割合_カーブ
ロサリオ投手のコース別投球割合_カーブ
やきゅまる
やきゅまる
右打者にはインロー、左打者にはアウトローの割合が高いね

4. カウント別投球割合

ロサリオ投手のカウント別投球割合(右打者)
ロサリオ投手のカウント別投球割合(右打者)
ロサリオ投手のカウント別投球割合(左打者)
ロサリオ投手のカウント別投球割合(左打者)

カウント球にストレート、ツーシームを使用して、決め球にスライダーを使用している。

右打者にもスライダーを決め球にしているのはメジャー平均とは異なる。
第17回 【メジャー(MLB)左投手】カウント別投球割合

5. 被打率・被本塁打

球種別被打率

球種別被打率(2017年~2020年)
球種別被打率(2017年~2020年)

左打者のスライダー特に低い
ツーシームは左打者の被打率が低い
右打者には球数は少ないが、チェンジアップの被打率が低い。

やきゅまる
やきゅまる
スライダーは日本でも通用しそう

コース別被打率

ロサリオ投手のコース別被打率
ロサリオ投手のコース別被打率

右打者はインロー、アウトハイの被打率が低い
左打者は全体的に被打率が低い
第18回 【メジャー(MLB)左投手】コース別被打率・被本塁打

コース別被本塁打

ロサリオ投手のコース別被本塁打
ロサリオ投手のコース別被本塁打

左打者の被弾は全てストレートである。

6. 球速・回転数

ロサリオ投手の球速・回転数
ロサリオ投手の球速・回転数
ロサリオ投手の平均球速・平均回転数
ロサリオ投手の平均球速・平均回転数
ロサリオ投手の平均球速・平均回転数_表
ロサリオ投手の平均球速・平均回転数_表

全球種メジャー平均よりも球速が速く平均回転数が少ない
第19回 【メジャー(MLB)左投手】平均球速・平均回転数

7. 平均リリースポイント・変化量

平均リリースポイント

ロサリオ投手の平均リリースポイント
ロサリオ投手の平均リリースポイント_前後
ロサリオ投手の平均リリースポイント_前後
ロサリオ投手の平均リリースポイント_表
ロサリオ投手の平均リリースポイント_表

リリースポイントはメジャー平均よりも高く、頭より遠い
ただし、エクステンションはかなり球離れが速い
第20回 【メジャー(MLB)左投手】平均リリースポイント・平均変化量

変化量

ロサリオ投手の変化量
ロサリオ投手の変化量
ロサリオ投手の平均変化量
ロサリオ投手の平均変化量
ロサリオ投手の平均変化量_表
ロサリオ投手の平均変化量_表

メジャー平均よりもストレートとツーシームはホップ成分がかなり少ない
スライダー、カーブも曲がり幅が小さい
第21回 【メジャー(MLB)左投手】軌道シミュレーション

8. 軌道

三塁側から見た軌道
三塁側から見た軌道
上から見た軌道
上から見た軌道
捕手目線の軌道
捕手目線の軌道
捕手目線の軌道(トンネルポイントまで)
捕手目線の軌道(トンネルポイントまで)

トンネルポイントで球種ごとに少し差異がある

9. 打球の種類比率・リスク管理

ロサリオ投手の打球の種類比率
ロサリオ投手の打球の種類比率
ロサリオ投手のリスク管理
ロサリオ投手のリスク管理

スライダーとチェンジアップの空振り率が高い
第22回 【メジャー(MLB)左投手】打球種類比率・リスク管理

やきゅまる
やきゅまる
やっぱりスライダーが軸になりそう

10. まとめ

利き手
年齢26
球種の豊富さ2 out of 5 stars (2 / 5)
制球力2 out of 5 stars (2 / 5)
球速4 out of 5 stars (4 / 5)
奪三振能力2 out of 5 stars (2 / 5)
ピッチトンネル2 out of 5 stars (2 / 5)
ストレート3 out of 5 stars (3 / 5)
ツーシーム3 out of 5 stars (3 / 5)
チェンジアップ2 out of 5 stars (2 / 5)
スライダー4 out of 5 stars (4 / 5)
カーブ1 out of 5 stars (1 / 5)
対左打者5 out of 5 stars (5 / 5)
リリース近さ3 out of 5 stars (3 / 5)
リリース高さ4 out of 5 stars (4 / 5)
球持ち1 out of 5 stars (1 / 5)
各能力の評価

スリークォーターの投球フォームからの平均球速150キロ超の速球は魅力だが、一番の武器はスライダーである。特に左打者への決め球として有効であるので、左のワンポイントとしては活躍しそうです。

成績と投球割合

・イニングに対して奪三振、与四死球は平均的

・ストレート、ツーシーム、チェンジアップ、スライダー、カーブの5球種

・カーブは数球のみで、チェンジアップも割合が少ないので実質3球種

・右打者にはツーシームとチェンジアップ、左打者にはスライダーの割合が高い

・低めの割合が多く、アウトローの割合が高い

・カウント球にストレート、ツーシームを使用して、決め球にスライダーを使用

被打率

・左打者のスライダーの被打率が特に低い

・ツーシームは左打者の被打率が低い

・右打者には球数は少ないが、チェンジアップの被打率が低い

球速、回転数

・全球種メジャー平均よりも球速が速く、平均回転数が少ない

リリースポイント、変化量、軌道

・リリースポイントはメジャー平均よりも高く、頭より遠い

・エクステンションはかなり球離れが速い

・ストレートとツーシームはホップ成分がかなり少ない

・スライダー、カーブも曲がり幅が小さい

・トンネルポイントで球種ごとに少し差異がある