第17回 【メジャー(MLB)左投手】カウント別投球割合

2021年10月28日

前回からの続きで2020年のメジャー(MLB)左投手のトラックマンデータの解析結果を紹介したいと思います。
分量が多いので数回に分けて紹介します。今回は「カウント別投球割合」です。
元データはBaseball Savantで、右投手については過去記事を参考にして下さい。
第8回 メジャー(MLB)右投手のカウント別投球割合

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SSK(エスエスケイ) テクニカルピッチ 軟式M号 球速 回転数 TP002M
価格:30250円(税込、送料無料)(2021/2/2時点)



1. コースの説明

Baseball Savantのコース番号(捕手目線)
Baseball Savantのコース番号(捕手目線)

Baseball Savantではコース(ゾーン)を13個に分けて記録。1~9はストライクゾーンです。
例えば「1」は右打者のインハイのストライクゾーンです。
「10」は空番でどのコース(ゾーン)でもありません。

2. カウント別投球割合

右打者

メジャー(MLB)左投手のカウント別投球割合(右打者・2020年)
メジャー(MLB)左投手のカウント別投球割合(右打者・2020年)

ストレート、ツーシームは、ボール先行のカウントだと投げる割合が増加
逆にスプリット、スライダー、カーブ、ナックルカーブは、ストライク先行のカウントだと投げる割合が増え、決め球に使用されやすいです。
カットボール、チェンジアップはワンボールでの割合が高いが、3ボールのみ3-2の割合が高い

左打者

メジャー(MLB)左投手のカウント別投球割合(左打者・2020年)
メジャー(MLB)左投手のカウント別投球割合(左打者・2020年)

ストレート、ツーシームは、ボール先行のカウントだと投げる割合が増加
逆にスプリット、チェンジアップ、スライダー、カーブ、ナックルカーブは
ストライク先行のカウントだと投げる割合が増え、決め球に使用されやすいです。
カットボールはワンボールでの割合が高いが、3ボールのみ3-2の割合が高い

やきゅまる
やきゅまる
チェンジアップの使い方が左右で一番違うね

3. まとめ

今回は2020年のメジャー(MLB)投手のトラックマンデータの解析結果として、
メジャー(MLB)左投手のカウント別投球割合」を紹介しました。

メジャー(MLB)左投手のカウント別投球割合

・ストレート、ツーシームは、ボール先行のカウントだと投げる割合が増加

・カットボールはワンボールでの割合が高いが、3ボールのみ3-2の割合が高い

・チェンジアップは、右打者には1ストライクでの割合が高く、左打者には決め球に使用されやすい

・スプリット、スライダー、カーブ、ナックルカーブは決め球に使用されやすい

次回は「メジャー(MLB)左投手のコース別被打率・被本塁打」を紹介する予定です。