第69回 【MLB】菊池雄星投手の投球分析(2019, 2020年)

2021年11月22日

6. 球速・回転数

メジャー平均との比較

菊池雄星投手の球速・回転数
菊池雄星投手の球速・回転数

菊池投手はカーブ以外はメジャー平均より球速が速いです。特にカットボールはメジャー平均のストレート並の球速が出ています。

回転数は全球種メジャー平均並です。

やきゅまる
やきゅまる
先発左腕ではメジャートップクラスの球速だね

2019年と2020年との比較

菊池雄星投手の平均球速・平均回転数
菊池雄星投手の平均球速・平均回転数
菊池雄星投手の平均球速・平均回転数の表
菊池雄星投手の平均球速・平均回転数の表

ストレートは平均球速が4km/hも速くなり、回転数も増えています。

スライダーは平均球速が4km/hも遅くなりましたが、回転数は増えています。

チェンジアップは平均球速が4km/h近く速くなり、回転数も300回転減っています

やきゅまる
やきゅまる
全球種改良しているね

7. リリースポイント

菊池雄星投手の平均リリースポイント
菊池雄星投手の平均リリースポイント
菊池雄星投手の平均リリースポイント_前後
菊池雄星投手の平均リリースポイント_前後

ストレート、スライダーのリリースポイントが頭寄りになっています。特にスライダーのリリースポイントの変化が大きく、ストレートと同じくらいの位置になっています。これが2020年にスライダーが打たれなくなった原因かもしれません。

エクステンションは全球種が長くなっています。また、球種同士の位置が近くなっています。

やきゅまる
やきゅまる
投球フォームが変わったと思ってたけど、やっぱりリリースポイントが変わっていたね

8. 変化量

メジャー平均との比較

菊池雄星投手の変化量
菊池雄星投手の変化量

2019年はストレート、チェンジアップ、スライダーはメジャー平均並の変化量です。カーブだけがメジャー平均よりもドロップ成分が大きくなっています

2020年もカットボールはメジャー平均並の変化量です。

2019年と2020年との比較

菊池雄星投手の平均球速・平均回転数

ストレートのホップ成分が大きく増え、チェンジアップはホップ成分が減っています。またスライダーは横の変化が小さくなり、沈むようになりました。

これはリリースポイントが変わったことが大きな原因だと考えられます。

やきゅまる
やきゅまる
全体的に良い改良だと思う